フォト短歌Yahooブログ

写真と短歌をコラボレートしたオリジナル作品を紹介しています。たまに写真と詩と短歌のコラボあり。

全体表示

[ リスト ]

あじさいの郷

6月1日号の広報いちのせき「I-Style」の表紙を、我が伊藤家(この界隈では「伊藤まき」と呼ばれている)の総本家である伊藤達郎(70歳)さんが堂々と表紙を飾った。

15ヘクタールの杉林の中に、300種・3万株をゆうに超えるアジサイ(みちのくあじさい園)を植え、それが元で一関市舞川(相川)地区はアジサイを活用した農村振興や景観保全の展開により、平成23年度美の里づくりコンクールに於いて審査会特別賞の栄誉に輝いた。

また6次産業として、平成21年には「みちのくあじさい加工組合」を発足させ、2年後の平成23年からはブリザーブドフラワーの製造販売も手掛けるようになった。

前述のみちのくあじさい園は、今年の開園期間は7月6日(金)〜7月23日(月)の18日間のみ。
足の悪い方でも十分堪能できる乗用カートや、歩道にはウッドチップも敷き詰められ、行き届いた設備やサービスを充実させ一般解放される。

また園内には、5種類のつきたて甘辛餅を贅沢にあしらえた「餅ご膳」などが堪能できる紫陽花山荘や、ラーメン屋台、土蔵を移築した山小屋喫茶 「蔵」では、香り高いコーヒーを味わえる休憩所も用意されている。

園主の伊藤達郎さんは、現在、みちのくあじさい組合長や一関地方森林組合長などを兼任している。
また、伊藤家の事が、今年(2012年)の3月号の文藝春秋348ページ下段から、結構詳しく紹介されている。

みちのくあじさい園YouTube版>>


イメージ 1


この記事に

閉じる コメント(2)

紫陽花と言えば、関東では鎌倉、関西では矢田寺等、土地土地で名所があります。「みちのくあじさい園」もその類いなのですね。
話は変わりますが、一関〜釜石に先週末から、休日限定でD51が走り出して、テレビで放映していました。勇壮でした。

2012/6/4(月) 午後 3:28 [ 虎のしっぽ ] 返信する

顔アイコン

なりひらさん
有難うございます。
大型観光企画「いわてデスティネーションキャンペーン」に合わせて運行するもので、県内運行は5年ぶりとなります。
今後の運行予定は6月17日迄の週末。
一ノ関駅〜釜石駅を2日間かけて往復するようです。
実は昨日撮影して参りましたが、あまり良い写真はございませんでした。

2012/6/4(月) 午後 5:17 ワイルドパワー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事