フォト短歌Yahooブログ

写真と短歌をコラボレートしたオリジナル作品を紹介しています。たまに写真と詩と短歌のコラボあり。

全体表示

[ リスト ]

啄木を偲ぶ

武田ユキ子(一関市議会議員)さんが中心となり、結っこメモリプロジェクトが立ち上がったのは昨年(2011年)の10月のこと。
3・11東日本大震災の折り、1本のみを残して全て薙倒され倒木となった高田の松に、命を吹き込み、USBメモリやペンダントに加工し、その売り上げ金の一部を、甚大な被害を受けた陸前高田市に寄付しようとする目的から、立ち上げられたもの。

この度、代表の武田夫妻と、何といってもこの企画では一番苦労され、獅子奮迅の働きをしたと誰もが認める早坂浩氏が、「509.640円の義援金を鳥羽太陸前高田市長に手渡してきた」と早坂氏より報告を受けた。
今回の義援金の引き渡しは、この企画に携わった関係者全員、寄付をしようと快く購入して下さった心ある皆さんの願いでもある。
待ちに待ったその報告を受け、「やっと安堵の胸をなでおろした」「ようやく肩の荷が下りた」といった心境である。

私も今回のプロジェクトでは、USBメモリ内に保存してある映像の作成を手掛けるなど、多少なりともお役に立てた事に喜びを感じるとともに、誇りを感じた次第だ。

高田市長に義援金を手渡す様子などは、結っこメモリブログに詳しく掲載されている。
また、第2段として、今年で没後100年を迎えた石川啄木を偲び、同じく高田の松を使った記念ペンダントの販売も近々行うとのこと。
勿論売上の一部は義援金に回すとのこと、是非ぜひ検討してみては如何だろうか。



イメージ 1


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事