フォト短歌Yahooブログ

写真と短歌をコラボレートしたオリジナル作品を紹介しています。たまに写真と詩と短歌のコラボあり。

全体表示

[ リスト ]

ゆきざくら

今日は寒の戻りで、午前中は積雪もある寒い一日だった。
そんななか、中尊寺主催の第34回西行祭短歌大会が中尊寺本坊で行われた。
午前9時より西行法師追善法要が営まれた後、本堂裏手にある大広間を会場に短歌大会が行われた。

34回目となる今年は、講師に小高賢さんが招かれ、「人生の歌・歌の人生」と題したユーモアたっぷりの講演では、参加者全員の笑い声が会場に響き渡り、時間超過が気付かぬほどの盛り上がりようだった。
その後、応募された短歌152首の講評を一首一首、懇切丁寧な激辛の選評などにより会場が絶え間なく盛り上がるなど、あっという間に時間が過ぎていった。
ひと通りの詠草選評が終わり、入選作品の発表があった。

<中尊寺貫首賞>盛岡市の菊池陽さんが受賞
作品:スカートの長い短い注意するその日アフガン少女撃たれぬ

<平泉町長賞>盛岡市の遠藤吉光さん
作品:ふり向かぬ約束をして街角に末期うち明けし友と別るる

<平泉観光協会長賞>盛岡市の藤井永子さん
作品:振り返るたび立ち止まる猫のゐて吾は呟く「だるまさんころんだ」

<岩手日報賞>奥州市の遠藤カオルさん
作品:買い物は耳遠き父賄いは足弱き母と二人で一人

<IBC岩手放送賞>一関市の岩渕初代さん
作品:母植ゑし「鳩泣かせ」とふ枝豆の旨きを偲ぶ通夜に集ひて

<岩手日日新聞社賞>奥州市の菊池秀子さん
作品:額紙つけて位牌を抱くぢぢはお化けのやうと曾孫らはしゃぐ

佳作受賞者は
千葉秋夫さん(宮城県)
後藤善之さん(宮城県)
遠藤タカ子さん(北上市)
小岩三男さん(一関市)
須藤秀子さん(盛岡市)
伊藤淑子さん(北上市)
及川あや子さん(奥州市)
宮下幹雄さん(東京都)
がそれぞれ入選された。

因みに私の詠草は
右寄りのさざ波吹ける日本丸津波の記憶が色褪せぬ間に

押して知るべしの酷評で、本日の「ゆきざくら」と同様、ひらと散ったのだった。


イメージ 1


その他の写真は>>





この記事に

閉じる コメント(4)

選ばれぬ
歌でも愛し
止まぬ人
詠み手以外も
きっといるから




自信持ってくださいねえ

私は評価されたくないからきっとずーっとださない
歌は我が子同然だから(笑)

2013/4/21(日) 午後 9:05 [ 苑居祐 ] 返信する

顔アイコン

苑居祐さん
有難うございます。
それもそうですね。わが子同然、可愛いものです。
考え方も様々です。それもいいかもしれませんね。
ただどうせ作るのであれば、少しでも良い短歌を作りたいと思っています。その良し悪しを自分で決めると自己満足に留まりますので、一般的な評価は必要だと考えています。

2013/4/22(月) 午後 7:21 ワイルドパワー 返信する

顔アイコン

ワイルドパワーさん特有の詠みで三句間での比喩に結句にご自分の気持ちを確りと伝えると 解り易く読む人に訴えられる歌に成ると私は
思いました。最近の歌は良く「生活詠」の特色濃い歌が採れる様ですね。でも怖じずに頑張ってアタックして下さい。 削除

2013/4/22(月) 午後 9:58 [ バード ] 返信する

顔アイコン

バードさま
有難うございます。
本当に難しいものです。難しいからこそ、面白いのでしょうね。
私は写真に歌を詠むのが中心ですので、自然詠や季節詠が中心となりますが、社会詠や時事詠なども好んで詠みます。
今回応募した歌がこの社会詠になりますが、バードさまの仰る通り、結句に、自分の気持ちを伝えるべく、もっと強い表現で詠むべきだったと後悔しております。
今後応募する際は、へんに纏めようとした短歌ではなく、自分らしい大胆なワイルド短歌を応募したいと思っております。
勿論入選云々は問題外ということになるでしょうが。

2013/4/23(火) 午後 3:03 ワイルドパワー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事