フォト短歌Yahooブログ

写真と短歌をコラボレートしたオリジナル作品を紹介しています。たまに写真と詩と短歌のコラボあり。

フォト短歌

[ リスト | 詳細 ]

写真に短歌を詠み融合したもの。
記事検索
検索

全210ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

火難を防ぐ


昨日は地元消防団による火災防御訓練があった。
私の所属は一関第7分団第一部。なかなか若い人材が集まらず、私らのような中年層が駆り出されるといった憫然たる現状だが、かといって訓練を怠る訳にはいかない。何故ならばもしもの時に役に立たないからだ。
火災予防の広報活動のみならず、出来るだけ参加するよう心掛けている。

今回の訓練も、昨年同様ホース先端部の筒先係として放水の先陣を切った。実践さながらの訓練とあって真剣そのもの。
今年の訓練場所は舞草神社である。
過去に1度だけ訪れたことがあるが、「こんなに遠かったか?」と消防車に同乗の団員らと述懐しながら、その順路を確かめ、細い砂利敷きの林道を慎重に進んだ。

訓練開始は午前9時。
社務所に火の手が上がったという設定で始まった。
舞草神社と云えば、知る人ぞ知る神社で、日本刀の研究者や刀剣を趣味にする人らにとっては熟知の場所だろう。
神社の境内から西の方角を見渡せば、弓弭(ゆはず)の泉を源に、流路延長約249km、流域面積10,150km²の東北最大、全国では4番目の一級河川、北上川の悠々とした流れが確認できる。その北上川の対岸には2011年6月に世界文化遺産に登録された古都・平泉町が一望できる。

今から一千年程前、この地を一世紀余も平安と栄華を築きもたらした奥州藤原氏(藤原清衡・基衡・秀衡)の時代、当神社界隈には刀鍛冶の集団が居を構えていた。
北方の王者として全国に名を轟かせ、慈愛に満ち、武勇に優れ豪傑の誉れ高き藤原秀衡公の棺には、この刀鍛冶らが作った舞草刀(もくさとう)が収められていることから、舞草刀に対する寵愛の様が伺えよう。

舞草刀は、それまでの主流であった直刀に対し、湾曲を基調とする湾刀を世に初めて出したことから、湾刀が主流の日本刀の源流として知られている。
その舞草刀に縁のある舞草神社は、西暦807年(大同2年)に創建され、過去に3度の火災に遭っている。
刀剣研究者や地元民にとっても貴重な財産であり、子々孫々に伝え、守らねばならないという使命感を大義に、地域貢献の一助となることを願うばかりだが、本音を云えば、兎にも角にも若い連中の消防団入りを願って止まない。
日本全国殆どの消防団は人手不足、後継者不足に悩んでいる。中でも我が一関第7分団第一部の団員は非常に少ない。
是非とも、気骨ある(なくともOK)諸君らの参加を待っている。

追記
火災防御訓練から戻り、屯所内に消防車を入れようとしたが進入路が塞がれていた。同じ敷地内の一関文化伝承館で伝承芸能交流会があったとかで、駐車場には溢れんばかりの車が止まっていた。
緊急時の出動に妨げとなる行為や、防火水槽や消火栓の近辺には車を停めないようご注意願いたい。



イメージ 1









その他の写真>>




【平泉FAN-TV】平泉のススメ# 53 奥州藤原氏を支えた刀 〜舞草刀〜






開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

固い絆

先の閣僚人事で、与党議員の中では貴重な脱原発論者で期待の人物が、国家公安委員長・行政改革担当相に就任し、事業仕分けで一瞬だが注目を集めた。
その後フランスのテロなどによって注目が薄れたが、その後事業仕分けはどうなっているのだろうか?
嘗て民主党政権下で、2009年の事業仕分けでは「2位じゃダメなの」との直言が話題となったスーパーコンピューター(以後はスパコンと記載)だが、現在 の自公民政権下でも、河野太郎大臣が「1位が1台」と「2位が10台」ではどちらが有効なのかと文科省を批判していた。

そのスパコン「京」も現在世界第4位と苦杯をなめているが、1100億円余をかけて開発され、その費用に見合っているや否やが問われている。ただ、現に、医療の分野を初め、身体の臓器の動きを再現し、ウイルスの詳しい構造を明らかにできる複雑な計算が可能になるなど、少しづつではあるがその成果が現れているようだ。
確かに、今現在は未だ税金投入に見合った成果はないのかも知れないが、将来的には未知なる可能性を十二分に秘めていることぐらいは馬や鹿でも理解できる筈だ。
今後その「京」を凌ぐプロセッサーが開発され、超スーパーコンピューターが開発されるのは明らかだが、そうなるためには環境の整備や投資が必要となる。

続きを読む・見る>>


イメージ 1










開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

長閑けしの里

昨日分家さんの葬式を済ませたばかりだが、その当日、別の親類で不幸があった。
連日の不祝儀により、予定が大幅に変更となった。
現役を引退し、長閑に暮らす毎日ならまだしも、次から次と用事が舞い込む貧乏暇なし状態の身上には、急なる予定変更はかなりしんどいものがあるが、それもまた致し方なし。明日は我が身、お互い様である。

この界隈に暮らす親類は23世帯。ともなれば毎年必ずといっていいほど訃報の知らせが届く。今年は既に5件目、ご近所の弔いを含めれば更に増えるが、震災以前と比べ何故か多いように思うのは気のせいだろうか。
我が家でも半寿過ぎの両親が控えており、覚悟だけはと思っている。

角界では元横綱の北の湖理事長。アフタヌーンショーで司会を務めた川崎敬三さん。
「家栽の人」の原作者、毛利甚八さんも先週の21日、食道がんのため自宅で亡くなったとのこと。
享年57、私と同い年である。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。


イメージ 1

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

渋が爆発

イメージ 1今日のニュースで、とても許し難い、残念な窃盗事件があった。岩手県南部、奥州市江刺区のりんご農家から、12000個ものりんご(サンふじ)が盗まれたとのことだ。
金額にして約80万円相当とのこと。
江刺りんごと云えば、ご祝儀相場もあって1箱100万円(2013年)の高値がついた程、美味しい立派なりんごで知られている。
苦労しながら手間暇かけて大事に大事に育てた物を、とても許し難い行為だ。警察の威信をかけて、一刻も早い犯人検挙に努めて頂きたい。


サンふじと云えば、江刺区北側に隣接する北上市立花地区にこけめ農園がある。そこのサンふじも実に美味しい立派なりんごである。
収穫はこれからで、北上方面に向かった際は度々訪れているが、それが私にとっては楽しみの一つでもある。広い敷地内には、国道(107号線)沿いのガーデンセンター「サンQ」や、奥には農家レストラン「さん食亭」がある。サンふじはそのどちらでも購入できる。

また、農家レストラン「さん食亭」では、千円札でお釣りが来る999円にて、産地食栽にこだわった20数種類もの手料理が、バイキングスタイルで十二分に堪能できる。
北上市街地を一望できる眺望抜群の店内で、是非また、去る秋を惜しみつつも、美味しい手料理に舌鼓を打ちたいものである。


イメージ 2













開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

山伏茸

10月も終わりを迎え、明日で霜月となる。その1ヶ月後は師匠の僧侶(因みに私は僧侶ではない)がお経をあげる為、あちらこちらに走り回る程多忙な月だとされる師走へと突入する。
烏兎怱怱、光陰矢のごとし、一年はあっという間である。365日、時間にすると8760時間、分に直せば52万5千600分、秒では3千百53万6千秒ということで長そうにも思えるが、真実は心の中にあって、白い缶の中にある……。

続きを読む・見る>>
その他の写真は見事でがっぞ!!


イメージ 1










開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全210ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事