ここから本文です
ブログ始めました!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

白鳥の湖 with X-Japan

イメージ 1











いろいろ、気合を入れて新年の抱負を遂行するぞ!と思いながら、
すっかり風邪をひいてしまい・・
・・ながらの新年初観劇、バレエ”白鳥の湖”に関して。

バレエファンではないけれど、一応、三大バレエの一つ”白鳥の湖”は何回か鑑賞したことがあり、せっかくロンドンにいるのだから、天下のロイヤルバレエのものを見なくては!と思いつつ、今回はナショナル・バレエの新春公演(日本風に言うと)を見てきた。


イメージ 2


私もまったくの素人ながら、イギリスにはいくつかバレエ団があり、かの熊川哲也が在籍していたロイヤルバレエ団が、やはりトップを走りつつも、年々このナショナル・バレエ団が追い上げを見せているらしい・・とのバレエ好きの友人の情報と、そのロイヤルバレエ団から移籍したプリンシパル&芸術監督が今回ナショナル・バレエで踊るということで、新年から、がっつりパワフルでかわいそうな白鳥をじっくり鑑賞してきた。

・・で、全体として、オーケストラのコンマスと管楽器の音程のミスマッチやら、テンポの悪さやら(やはり、職業柄どうしても、オーケストラが気になっていまうのです!)に不満はありつつも、天下の三大バレエ、素人見からすると、大変楽しく、白鳥がくるくる回るところやら他、大満足だったのですが、ただそれ以上に
印象に残ってしまったのが、オデット(主人公、白鳥にされてしまう女の子)を白鳥に変え、オデットに恋した王子をたぶらかすために自分の娘を王宮に送り込み、見事成功、二人を悲劇に追い込む悪魔ロットバルドのハイテンションぶりにくぎ付けでになってしまったのだ。

イメージ 3


何回か見た白鳥の湖の中でも、この悪魔のハイテンションっぷりは、他に類をみない感じで、両手を広げて羽を振り回し、オデットや王子を威嚇するのだが、
それが、昔、ウィーンに留学したての頃、隣の部屋のドイツ人が大のX-Japanファンで、夜な夜な彼らのライブのmovieを見させられ、なんだかわからないけれど、
X-japanもよく知らないけれど、わお!わお!と協調して見ていたのだけれど、その彼らのやみくもにハイテンションで、威嚇して、傷ついて・・という様子を思い出させ、そういえばビジュアルバンドのハイテンションのボーカルはなぜ、羽をまといたがるのだろう・・とか考えながら、その異様なハイパーぶりに、悪魔ロットバルド出てくるたびに、なぜかいろいろと可笑しく、きっと本人は一生懸命羽を振り上げているのだろうなと思いつつ、またそれを考えると、笑いがとまらなくなってしまった。

イメージ 4












イメージ 5












全体としてとても満足ながら、でも思い出すとつい笑ってしまい、そしてまた、いつもバレエを見るたびに、そんなにつま先で立って歩くことはないのに・・といらない同情をしてしまう私に,バレエを見る素質があるのかないのか悩むところである。







全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事