よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

地域になくてはならい病院になるために.。そして病院職員が安心して患者さんのために働ける病院となるために

全体表示

[ リスト ]

 いろいろな病院で看護部とのミーティングを行う機会が多くあります。生産性向上といった観点からの視点でいえば、リスクマネジメントや感染症対策、マニュアル、クリティカルパス、教育、看護過程といったことがテーマになります。

 生産性を向上させるためには、職員の技術技能を向上させることや、仕事の仕組みの見直しがテーマになりますから、上記に業務改善提案制度を加えることもあります。
 何れにしても、看護部の活動は、業態や看護部の人員により大きく異なることが判ります。ある病院は、看護師が不足しているために、どうしても新しいことに手をつけることができないという状況に置かれています。

 また、看護部長が頑張ろうとしても、一人では何もできないという環境に置かれている病院もあります。看護部の体制として、少なくとも副部長を置き、リスクマネジメントや業務改革、教育、リスクマネジメントを分担できる体制があれば、大きく成果をあげることが可能ですが、看護師が不足しているこういった病院では、なかなか副部長に内部から人材を登用することが難しい状況に置かれることになります。

 このような病院は、どこにも抜け道がありません。人が足りないということから先に進まないという現状があります。
 しかし、このような状況に病院で、業務改善提案制度を導入し、申し送り時間を短縮することができたことをきっかけにあらゆる業務の見直しが行われ、生まれた余裕時間を活用して、さまざまな活動を開始しているところもあります。
 
 過去、業務改善提案制度がないときには、判っているけれども手が付かなかった状況にあったものが、一定のきっかけをもって行動を開始した結果として、新しい動きをとり、成果をあげた事例です。

 申し送りが10分から15分、病棟によっては20分短縮できたことから、1日平均15分×2回=30分×365日と考えるととても大きな時間を捻出できたことになります。
 さらに、看護業務以外の業務を他部署に移管することや、病棟クラークを活用すること、さらには、看護助手への委譲といったことを継続すると、生産性をあげ、また余裕時間を生むことが可能です。

 そこで空いた時間をスタッフの教育に活用。従来、プリセプティングや集合教育が随時行われる程度であったものが、マニュアルによる業務の標準化、職務基準による業務の体系化を通じて、仕事が整理され、職場内教育が円滑に進むという状況になりました。

 これから個人別の教育カルテによる、一人ひとりに光を当てた教育が開始されますが、そのような状況をつくりあげることができたのも、時間が足りない、人がいないというところから、いや自分の仕事を少し見直すと、余裕の時間をつくることができるのではないかという思い、それをバックアップする病院の姿勢、後押しがあったからだと理解しています。

 ここから先、なぜこのようなことをしなければならないのかといった、病院の明確な戦略の提示や目標管理の導入整備が行われ、本来看護部が保有している使命感を高めてもらえるトップの取組があれば、さらに現場活動は成果を得られるようになると考えています。

 もちろん、永年それをやり続けてきた病院があり、そこでは余裕をもった看護部の人員確保ができているために、あらゆる活動に対して手をつけ、そして成果をあげながらさらによい人材を集めるといった連鎖を生み出しています。
 規模が大きいとか、小さいとかではなく、そうした体制をつくることができる病院は、どこかで病院改革をスタートし、その成果を一つ一つ積み重ねながら体制整備を行ってきている過去があります。
 到達点の設定とトップマネジメントの強い思いがあり、さらにそれに呼応する中間管理職がいれば、どのような状況でも変えることができると、私は思います。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事