よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

地域になくてはならい病院になるために.。そして病院職員が安心して患者さんのために働ける病院となるために

全体表示

[ リスト ]

医療従事者は、日々慌ただしく働いています。
毎日、単純に繁忙であることは疲弊を生み、組織への執着をなくしてしまいます。医療
に対する使命感だけに依存するのではなく、夢をもって働いてもらうことで、彼らが本来持っている力を発揮してもらうことができます。院長をはじめとした幹部リーダーが、成果をあげるため、常に成功の物語(ストーリー)を語らなければならない理由です。
 
 「いま、この診療所(又は病院)は何を目指すのか。そのためには何をしなければなら
ならないのか。誰がいつまでにそれをするのか。といったことを決め、それらを実施する
ため職員一人ひとりが、どう行動すればよいのか」を検討します。
そのうえで「誰々はいつまでに、何を、どのような方法で、どのように実行してほしい」
ということを説明します。「成果があがったら、こんな機器を購入しよう、こんな視察をしにいこう、こう処遇しよう、こんな働きやすい職場になる」といったこと(未来の階段)を伝えます。
 
そのことにより、これをしたら、こうなる、ということが明確になるとともに、自分にとってはこういうメリットがある、ということが理解できるようになります。
職員一人ひとりに与える役割は、達成可能なものでなければならず、また支援できる範囲のものでなければなりません。
 
支援せず勝手にやらせ、できてもできなくても本人の責任といったようなことを行うと、いくら夢のある物語であっても、彼らの目には実現不能のものとして映り、そのことに誰も取り組もうとしなくなります。それでは意味がありません。
「頑張ってやればこんな良いことがあるよ。それはこうしてやっていこう。診療所(又は病院)は、皆さんが役割を果たし、目標を達成できるように支援します」という流れをつくることが求められているのです。
 益々厳しくなる医療環境において、リーダーが率先して行動し、未来の階段を示し続ければ、やる気になった職員により組織は大きく発展します。早速、行動されることを期待しています。
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事