よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

地域になくてはならい病院になるために.。そして病院職員が安心して患者さんのために働ける病院となるために

全体表示

[ リスト ]

明日退院します

 明日やっと退院することができます。この大学病院には3度目の入院でした。1度目は3年前の胆のう摘出で60日間入院、2度目は数日ですが尿管結石、そして今度は一部腹膜炎、虫垂炎切除で11日という感じです。いつもぎりぎりまで入院せず、予定入院は尿管結石だけという離れ業で、通常よりもながめの入院になっています。胆石から胆のう炎になったときには数カ月放置していたので、検査も含めて2回の入退院を繰り返し、とても大変な思いをしましたが、今回も意を決して仕事を休み病院の外来に行き即入、緊急手術となったのでした。
破裂寸前の化膿した虫垂炎を小腸がぐるぐる巻きにして、腹膜炎が広がらないように抑えてくれていました。
CRPは20近い状況でしたが、不思議と緊急手術といわれたときに、痛みがないように感じたのはそのせいかもといわれました。医師によれば、もう少し遅ければ閉塞が起こり、腹膜炎が広がり、腸を切って縫合せざるをえない可能性があったということでした。

 ただ、誤解の内容にいえば、診療所はいつも受診していて、投薬をしてもらっているのですが、振り返ると結局は腹痛の原因が分からず、今回も通院を続け悪化しています。

 大学で医師に、診療所に通院していたときのデータを見せると、主訴とこの所見は明らかにそうでしょう、と言われました。複数の診療所、それも懇意にしているかかりつけ医での診断が違っていたというのはとても切ない思いがあります。患者の立場に立つとやはり設備がそろっていて迅速診断ができる病院に行きたくなる気持ちが分かります。
 現状をどうしなければならないのかということについてはここでは触れませんが、私たちには何ができるのかを考えなければならないと思っています。

 いずれにしても、この病院は看護師さんが訓練されていて、気遣いも心地よくベッドで体を動かせないときにも、本当によくしてもらいました。確かに看護師さんとお話しをしていて、患者用パスもないし、バリアンスマネジメントも行っていない、目標管理は賞与に影響させない、といったテーマはあるものの、一人ひとりの思いが患者に対する行動としてできあがっていて、どの看護師さんも皆気持ちのよい看護をしてくれました。
 ここで学んだ看護師さんが数年たつと地元や他の病院に移っていくのですが、同じ環境はないとしても、行った先々の病院で活躍するのだろうと思うと、とても安心した気持ちになることができます。

 なお、教授を始め、何人もの医師にも細やかに対応していただき、大変感謝しています。皆が誇りをもち、チームで対応してくれていて、それももちろん一番の安心材料であったことは明らかです。

 またまた患者さんの気持ちにほんの少しだけなることができる機会をもらい、ありがたいという思いで明日退院を迎えます。来週から元の生活に戻りますが、こんどこそ毎週休日をつくり、その時間を他の曜日での仕事を集中することで取り戻す作戦で活動していきたいと思います。弊社社員やクライントの方々にも迷惑をかけ、また多くの方々に助けられて生きられていることに感謝し、だからこそ健康を維持するために、学習を積み重ねながら、できることをしっかりと行えるよう頑張りたいと思っています。
 ありがとうございました。

イメージ 1



 








この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事