よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

地域になくてはならい病院になるために.。そして病院職員が安心して患者さんのために働ける病院となるために

全体表示

[ リスト ]

改めて思うこと

イメージ 1
 全ての組織が発展するかどうかは全て人に依存します。リーダーは言うに及ばす、各部署に人材がいるかどうかで目的が果たせるかどうかが決まるのです。

 ヴィジョン達成のための戦略を立て、各人が、役割を規律と責任をもって果たし、協調しながら積極的に行動できるかどうか、そのための仕組みをつくれるかが肝になります。しかし、現実には組織をどこに誘導すべきなのかをリーダーがわからない、職員の間でも議論できていない病院が数多くあります。

 結果、組織的活動よりも個々の懸命な努力により日々が廻っています。人の診療報酬を目安に、とれる点数を探しながら行動すれば利益を得られたことがその理由です。計画的行動や評価、教育に割く時間がないということが免罪符になります。時代が代わり、組織的運営の巧拙が成果に結び付くことに気がついた病院と、そうではない病院の差がつくことになります。

 高齢化が進み、人口が減る日本では患者だけではなく、就業人口の高齢化や減少も進みます。医療は組織を集約し高生産性を目指す必要があります。IT化や計画的行動が求められています。今こそ病院マネジメントを見直し、行うべきことを行える人づくりや組織改革が行われる必要があります。

 いまいくつかの病院でさまざまな活動をしていますが、結局何かが進まないのは、人の不作為です。自ら進んで積極的な行為をしないことをいいます。何度も何度も話をしても、何かを自分で成し遂げていこうという人が少ない。私も含めて何かをしなければならないときに、そのことから逃げては何も変わらないことに気付かなければなりません。短い人生、悔いのない自分をつくりあげるためにも、誠意をもち後ろめたいことのない時間を過ごしていきたいと思っています。







この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事