よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

地域になくてはならい病院になるために.。そして病院職員が安心して患者さんのために働ける病院となるために

全体表示

[ リスト ]

 病院がこれからを生き抜くためには2つのことを実践しなければなりません。
 一つは組織の軸を確立するということです。病院理念を明らかにして、ヴィジョンを設定し、マーケティングやSWOT分析を行い、戦略を立案したうえで事業計画を立てることが必要です。どこに進んでいくのかを常に考え、その方向に向けて組織の舵をとることがリーダーには求められています。組織の方向が明確であり、日々の業務を行う意味を皆が理解していることが必要です。皆が理解するというためには、方向が具体的な仕事のなかに降りていることが必要です。
 例えば、方向は知っているけれども自分の仕事はいつもと変わらない、では仕事のなかに、方向性が降りているとはいえません。実践のなかで具体的に落とし込まれていて、初めて意味があります。
 以前と行うことが変わった、という変化が目に見えなければなりません。新たに初めたこの業務は、〇〇を達成するためのものだとか、これをするために新しいプロジェクトが始まり、それに参加している、とかの変化がなければ具体的な意識変革を行うことができません。
 何よりも、新たな方向が打ち出され、自分の仕事が変化した。そのなかで新しい方向について考え、仕事のやりかを見直してみるといったながれができることが求められているのです。ヴィジョンや戦略は実践につながり、初めて具体性を帯びます。各職員に役割を与えられるかどうかが、マネジメントの基本であるとすれば、まさに
方向の実践はそのことを意味しています。
 
 また、もう一つは現場の仕事の仕組みをしっかりとつくり、その運用を適切に実施することです。
 仕事のやり方やルールを明確にするとともに、それをしっかりと守る。そのための評価教育を行い、適切な人材配置を行うことが重要です。すべてが順風満帆に進むわけではないので決めたことを守るためには、職員の理解や受容が必要ですし、その都度障害が発生するので、それをクリヤーするための調整が必要です。
 なぜ、これができないのか、ということを何度も言うことが実勢にはあるとしても、それを言い続けることが必要です。言い続けることにより、必ずどこかで言い続けたことが定着し、成果を挙げることができるようになると考えます。
 なお、記録を付ける、分析する、結果データを理解する、問題点を発見する、行動計画を立てる、実行する、そして成果を挙げることに執着する必要があります。常に現状をモニタリングし、次にどのように行動するのかを決めたうえで、計画的に行動するという癖をつけることが求められています。

 ここにすなわち、いまやるべきことの徹底と、モニタリングを行った結果を業務に反映するということを説明しています。
 方向を明確にする⇒実践に織り込む⇒従来の業務の徹底をも行う⇒モニタリングを行い先に結果を業務に反映させること、を怠ることなく実行することで、病院は厳しい時代を生き抜くことができると考えています。




 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事