よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

地域になくてはならい病院になるために.。そして病院職員が安心して患者さんのために働ける病院となるために

今日の出来事

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

変化と不変

イメージ 1
 
 
 いま、仕事で大阪梅田に来ています。時間までの間、近くの店でコーヒーをいただきながら思うこと。しばらく来ていなかった梅田ですが、明らかに大阪駅も変わり、周辺も以前から開発されていたところのかたちができたという印象です。

そもそも大阪駅に移動する前、新大阪の新幹線の乗り換え口のところの「みどりの窓口」は、すばらしいデザインで改修されていて、しごく感動しました。
 
 しかし、大阪駅に降り立ち、阪急をみながら、歩いていくと、相変わらず曾根崎のあたりは変わっていないし、私が生まれた歌舞伎町の雑踏と同じ匂いがする街が残されています。ほんの数百メートルのところにあるその場所は、私にとっての大阪であり、私の印象通りの大阪の街だということができます。ある意味落ち着く場所であるかもしれません。
 
 当たり前ではありますが、今の日本は10年、20年前とは明らかに変化しています。それは技術であったり、環境であったり、文化であったり、教育であったり、時代の移り変わりのなかで、目に見えるものと目にみえない変化が数多くあります。

あとから生まれた人はその時代が所与として、過去を知る由もなく、変化にも気が付いていないかもしれませんが、長く生きれば生きるほど、その変化に気が付くのでしょう。
 
ただ、すべてが変わったわけではなく、何も変わっていないところもあり、だからこそ、時代の移り変わりを目でみる、体で感じることができるのだと判ります。

すべてが見たこともないものに一気に代わるのであれば、まるで浦島太郎のもった気持ちのようになるかもしれません(実際は浦島太郎にも記憶がある場所や、ものは残っていたのだとは思いますが)。
 
変わるものがあり、変わらないものがあり、変わろうとしているものもあり、変えてはいけないものもある。そんな関係のなかで変化と不変のものが混在し、そこで人が活かされているのだと思います。

何を変えていくのか、何を変えないのか、変えてはいけないのか。少なくとも自分の関与できるものについて認識をし、意識的に行動していく必要があります。
 
自分にとり変えなければならないものは何か、変えてはいけないものは何か、こうしていると、自分のなかで整理をつけることができてきます。変えるものは何か、今何をもっとも変えていかなければならないのか。変えてはいけないもの、より深めていくものは何か。朝の10分、ここで考えることができました。
 
 
 
 
 
 
自分がどこを目指しているのかを、明確にできないリーダーは、組織を牽引できません。

明確にしても、伝えられなければ結果は同じです。それを面倒くさいと思えば先に進みません。面倒くさいと思わなくても行動できなければ同じです。

ただ、受け入れるスタッフ側に、いろいろな事情や経緯があるとしても、リーダーの考えや方向性に納得がいかなかったり、受容できない何かがあれば元も子もありません。

リーダーは、日頃の行いを反芻する必要があります。

しかし、どうしても受側に問題なしと言えない時には、解り合えるスタッフを探さなければならないことになります。

組織はリーダーが、リーダーの思いで運営し、それを受容し、共に活動できるスタッフによりつくられ進化するものだからです。職場を異動させることや、退職を止めないことが現場で行われています。

仕方のないことではありますが、本来双方が納得できる環境があれば、無駄のない組織運営ができることもあり、慎重な対応が必要です。

いろいろな組織に訪問すると、良い方向に進んでいることろも、逆のこともあり複雑な気持ちになります。

ただ、リーダーが、信念を以て、「善」を基礎とした組織運営を行おうとするかぎり、良い方向進んでいくという確信が私にはあります。

マネジメント能力があり、思いやりのある、しかし、信念を曲げない強いリーダーの出現が望まれます。
 以前、ある看護部長が、リスクマネジメントの勉強会で、看護師に、あなたちゃんとやらないと訴えられるのよ、といいながら指導していたのをみたことがあります。リスクマネジメントはどうしてもネガティブなイメージをもって迎えられるものであり、心のなかで背中を丸めて行う印象があります。
 
 しかし、よい医療を志向する、すなわち仕組みを変える、個人の技術技能を向上させるといったことがあれば、自然とインシデントもアクシデントもなくなります。そう考えると、実は前向きに活動すること、すなわち医療の質向上のための取組みを行うことが、リスクマネジメントに有益であることが判ります。
 
 事故種別やレベル別、場所別、時間帯別、経験年数別の統計をとり、重要なものをテーマにつぶしていくという帰納法的なアプローチと、仕事の仕組みをすべて見直し、常によい仕組みをつくりあげるとともに、職務基準をつくり、すべての職種のすべての等級のスタッフが行うべきことを行うよう教育し、個人のスキルを高めていくという演繹的アプローチとの相違であるかもしれません。
 
 例えば、クレームには潜在クレームと顕在クレームがあり、後者がみなの目に触れることになりますが、実際には潜在クレームのほうがこわい。クレームとして露見しないけれども、クレームがあり、それが潜在化して次の行動を控えさせることになります。
 
 
 業種は異なりますが、私が指導していたアパレルで、ボタンのほつれとか、ステッチの入りかたが不揃いとか、小さなしわがあるなど商品を購入してから顧客が気が付き、しかし、それが顕在化せず、そのショップでの買い物を二度としないということにならないよう、潜在クレームを事前にどのように探すのかを販売員さんの重要なお仕事にしてもらっていた会社がありました。
 
 それがきっかけとなり、生地の織元、縫製工場のラインの改善、デリバリーや検品のシステムまでが改善活動のかで変化していったことを記憶しています。 
 
 医療と同様にみるのは申し訳ありませんが、どうすれば事前にインシデントやアクシデントを予測し、先回りして対処しておくのかということが実はリスクマネジメントであり、誇りをもって行うべき業務であると理解しています。前向きにもっともっと、うまく、はやく、合理的に医療を提供することができないのかという意識が、工夫や創造を生み、日々のよりよい医療を行うことへの原動力となります。
 
 
 このやり方はいいのか、どこが問題なのかということを無意識に意識し、自然によいやり方が頭に思い浮かぶスタッフを数多く知っています。彼らは、なにかをつくりだすこと、新しいことを考え出すことに長けているし、それを肉化している人たちです。
 
 定量化された目標をもち、期日を決め、行動し何かを成し遂げています。改善マインドを持っている人は柔軟で、思考能力に優れ、そして前向きです。ネガティブな発想はもっていません。何かが起こってもそれを乗り越える力強さをもっています。私は、彼らを尊敬していますし、また彼らと会ってとても啓発されます。
 
 当然のことではありますが、リスクマネジメントだけではなく、マニュアルの改訂やバリアンスマネジメントをはじめ、日々の仕事すべてに改善マインドをもって行動することで、大きく医療の質は向上します。
 
 日々進歩、そして成長をしていけるよう改善マインドをもつことを合言葉に、毎日の仕事に取り組んでいきたいものですね。
 
 
  
 
 

医療人の自律性

イメージ 1
 
医療においてもっとも必要なリソースは、なんといっても人です。

時間も、情報も、金もモノも、人がコントロールするからです。当たり前ですが、病院は組織で動くことが基本であるがために、どうしても一人の人に対して焦点を当てるということができていないように思います。

組織として客観的な評価制度がないことや、教育の機会が少ないことが、その理由のひとつです。

しかし、それらにすべての責任を押し付けようとしてはなりません。医療は、様々な職種が協力して為し遂げられる職業です。

知的労働集約的産業と私はよんでいますが、医師を中心としたチームが、一糸乱れぬ活動をして初めて完成する仕事であると思います。

であれば、一人一人の医療従事者は、自らがまずチームのなかで役割をはたすために、何をすれば良いのか、主体的に考え組織に頼らず、自らを完成させる活動を開始しなければなりません。

組織の一員でありながら、自律し独立し、自らが誇りをもって立ち上がる必要があります。他の誰でもない自分自身の成長を企図し、計画的に成果をあげていかなければならないのです。

組織にいながらも自律するプロフェッションであることを忘れず、地域のために、国民の効用を高めるために自分が存在しているという気概をもち、活動する必要があります。

組織のせいにして、動かず時間を無駄にするのか、自らが誇りをもって率先して行動し、成果をあげて自信をつけるのか。よく考えてみる必要がありそうです。

幸せは自分でつくる

人が意思を持ち、信念を以て何かをしようとすれば、自らは学び、謙虚になって人とコミュニケーションをとろうとします。

思いが厚ければ=心からそうなることを望めば、信念も強く、努力もするので学ぶ力も増すし、驚くほど謙虚になることもできるでしょう。

人に会い教えを乞う、話をする事で更に思いが強くなったり、信念に力を得ることができます。行動は自分のすべてにフィードバックし、しっかりした自分をつくれるようになります。そうなると成長のプロセスも楽しむことができるようになります。それは、さらに意欲を喚起し、次に進むエネルギーになります。

結局は、うまくいき幸せに感じることができるかどうかは、すべて自分が満足できる行動がとれるかどうかにかかっています。

満足できないのは、思いや信念が不足しているから。行動がうまれない、行動ににつながらないことが原因です。強い意思、強固な信念が心から欲しいと思うことがあります。

好きな何かをもっと好きになるか、切迫した環境に身を置くことが必要です。前者は自律的、後者は他律的なことが多いのだと思います。期日を決めると後者も、自律的につくりだすことができますね。

さあ、やらなければならないことのために、期日を決めて行動していきましょう。

イメージ 1


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事