へろへろの山登り

ご来訪ありがとうございます。

全体表示

[ リスト ]

思親山の次は蛾ヶ岳へ行きました。
この山からの富士山展望もなかなかだと聞いていましたので行くことに。
コースは、メインコースの四尾連湖からではなく峰山集落からのピストンにしました。


AM10:25峰山集落出発
イメージ 1


集落には蛾ヶ岳登山口の大きな看板があります。
この裏の道を登っていきました。

集落の舗装された急な道を登っていくと集落が終わったあたりから山道に
イメージ 2


落ち葉がたくさん積もっていますが 踏み跡は明瞭。
イメージ 3


大きく九十九を折りながら登っていきます。
イメージ 4


今年たくさん来た台風の影響でしょうか、倒木がたくさんありました。
イメージ 5


広い台地に出ると道に落ち葉が積もっていて不明瞭に。
ここは注意ポイントですね。指導標はありましたがテープなどの目印い少なくわかりにくいところでした。
イメージ 6


今日の天気予報は晴れなんですが、太陽は出ず。
富士山はまだご機嫌斜めです。
イメージ 7


痩せ尾根の道。スリリングではないですね。
イメージ 8


トラバース地点の崩壊地
ここも台風の影響なのでしょうか。大きな木が倒れて岩盤むき出し、その岩盤上をトラバースでした。落ち葉が地面見えず落ち葉が邪魔です。
イメージ 9


倒木で登山道がとうせんぼされ、進行方向がわかりにくいところも。
イメージ 10

ここは鋭角左に折れます。

尾根との分岐です。
この尾根(右)を直登すれば山頂ですが、道は左についています。
左へ曲がります。
イメージ 11


道はトラバースしながら緩やかに下ります。
イメージ 12


そして谷を1か所超えるのですが、道が崩壊しており谷に一度下っていきます。
踏み跡多数ありましたが、どの跡も崩れやすくちょっと危なっかしいところでした。
イメージ 13


谷の登りは問題なし
イメージ 14


その後は登り基調のトラバース
イメージ 15


道は荒れてました。
イメージ 16


AM11:57〜12:00西肩峠
イメージ 17


別名六地蔵と呼ばれているようです。
お地蔵さんの横に置いてある古い看板に書いてありました。
イメージ 18


一息ついたら山頂へ向かいます。
イメージ 19


今まで歩いていた道と比べると 整備されていて歩きやすいですね。
ただ、ちょっと急でした。
イメージ 20


西肩峠より10分ほど登ると山頂でした。
PM12:11蛾ヶ岳山頂着
イメージ 21


お昼になりましたが、雲は取れず富士山は見えませんでした。
イメージ 22

富士山方面

展望は。
イメージ 23

八ヶ岳

イメージ 24

奥秩父

イメージ 25

四尾連湖

イメージ 26

鳳凰三山

イメージ 27

南アルプス北部の山々

展望を楽しみ山頂で少しゆったり。
お茶&お昼を食べて過ごしました。
ただ、そよそよと吹く風冷たかったです。

PM12:46山頂発
イメージ 28


帰路は登ってきた道を戻ります。
この頃やっと青空がのぞきました。
イメージ 29


PM12:52西肩峠
イメージ 30


ここで四尾連湖へ向かう道と別れます。
登ってきた道はあまり人が歩いていないのでしょうね。
倒木多くジャングルの道です(笑
イメージ 31


行きに足場の悪かった谷への下りです。
イメージ 32


そして崩れやすい上り。
イメージ 33


路肩の細いトラバース
イメージ 34


落ち葉サクサクの道ですが 踏み跡不明瞭なところも数々。
イメージ 35


そして峰山集落
イメージ 36

この柿の木の向こうに富士山の裾野がうっすらと。

PM2:02峰山集落着
イメージ 37


これで蛾ヶ岳登山終了。
静かなコースでしたが、あまり人が歩いていないようで荒れてましたね。
今年の台風の影響もあったと思います。
今日は富士山展望に縁が無い一日でした。




MEMO

【今回のコース】 
峰山登山口⇔西肩峠⇔蛾ヶ岳

【コースタイム】 
                       3時間30分くらい?
実際に歩いた時間       3時間00分(休憩除く)

【コース状況】  
普通の登山道ですが、台風の影響か荒れています。
踏み跡不明瞭なところも。
道が崩れているとこともあります。
自己責任で歩いてください。
指導標はところどころありますが、赤テープは少ないです。

【駐車場】    
峰山集落手前の道が広いところに止めました。
そんなにたくさんは止められません。(2〜3台?)

【トイレ】    
ありません

【水】      
ありません

【交通機関】
ありません(麓の集落にバス停ありました)

閉じる コメント(6)

2座目はここだったのですね
山梨百名山着々と踏破していますね
蛭ケ岳は私もここから登りました
多くの人は四尾連湖から登るようですね
歩く人が少なくて静かな山を楽しめるコースですね

2018/12/13(木) 午前 8:28 NOBU 返信する

富士山だけ見えないって感じでしょうか。。それでも、南アの白い姿が望まれてよかったですね♪

2018/12/13(木) 午後 0:14 しょーすけ 返信する

顔アイコン

> NOBUさん
2座目は蛾ヶ岳でした。
四尾連湖からだと距離が短いし人がたくさん居そうだったのでこちらからのコースを選びました。
静かで良かったのですが ちょっとコースが荒れてましたね。
一般ハイカーにはお勧めできない感じでした。
山梨百名山の低い山はこの時期に登ると丁度良い感じです。
ゆっくりカウントしていきます。

2018/12/14(金) 午前 7:52 へろ 返信する

顔アイコン

> しょ〜すけさん
そうですね
富士山側だけ展望ありませんでした。
それ以外はくっきり見えて展望良い山でした。
鳳凰三山を横斜めから眺められるのが新鮮でした。

2018/12/14(金) 午前 7:52 へろ 返信する

今回の登山道は手入れの少ない所ですね
そして歩道は落ち葉が積もっても解るように掘り込んでほしい様な
途中の六地蔵様も珍しい石仏です(^_^

2018/12/17(月) 午後 10:52 リカ 返信する

顔アイコン

> リカさん
メインコースは人が多いし行動時間が短いのでこちらのコースを選びました。
思った以上に人が歩いて無く静かでよかったのですが、歩く人が少ないので整備が全くされてませんでしたね。
まあ、これも山歩きの一つです。
落ち葉の下は石・木の根など少なく歩きやすかったです。
六地蔵、1つの石に掘られているのは初めて見ました。

2018/12/18(火) 午前 7:53 へろ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事