猿払イトウの会

猿払イトウの会のブログです。本HP:http://www.itounosato.jp/

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全173ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

低気温の週明けから晴れ間も覗いたのもつかの間…
また蒸し暑く大気の状態が不安定に
明日昼からは大雨に警戒が必要です
この天候いつまで続くのか…

増水強風雨天でモニタリング調査は少し難航?

高気温・多雨で水芭蕉は大きく育ち、すでに8月の風景
イメージ 3
イメージ 1
産卵床調査の裏付けとなる稚魚調査、
カルバート改修の効果の実証(一安心)
他個所でも効果は上がっています
イメージ 2
イメージ 4

カルバート撤去・改修の効果はイトウだけではなくアメマスにも…
稚魚・幼魚の生息が増加傾向にあります

イメージ 5

源流部で捕獲したイトウ幼魚 2歳魚でしょうか? カルバート閉塞を解消した河川
魚の移動が自由になった証でもありますがこの年齢が産卵化区間の上限付近にいるのは余り見た事が有りません…
この河川は水温が低くサクラマスの稚魚はまだ4cm〜5cm、しかも大量に居るためそれらを捕食しに移動したのでしょうか?? このサイズになると流石にパーマークも消えています。

現在小雨の降る猿払、22℃
明日は最高気温27度で雨と強風
土曜までこの天候が続きそうです
イメージ 6

早くスッキリした北海道の夏らしくなって欲しい…と子狐も思っているはず(笑


BBK


この記事に

開く コメント(0)

昨日今日、猿払観光祭りが開催されましたが…

生憎の天候…
イメージ 1

それでも多くの人でにぎわいました

連日蒸し暑く、雨天の日が多い猿払
今日は一気に気温が下がり最高気温15℃、現在全国で2番目に低い13度
蒸し暑いより少し寒い方がいいかな(笑
イメージ 2

今日も雨、墨絵の様な風景
先日40mm、昨日の20mmの降雨で稚魚の流下分散が進んでいました
今週も連日雨の予報

今年はイトウの稚魚にとって受難の年になりそうです

BBK

この記事に

開く コメント(0)

猿払も最高気温25度を記録、やっと短い盛夏に突入!
快晴の天気は長続きせず…

村内イトウ生息各河川で稚魚の浮上を確認しました
村内殆どの河川でイトウ稚魚の浮上が順調にピークを迎えつつあります


知来別川では稚魚・幼魚・成魚40〜80cmを確認
知来別川は産卵区間の距離の割に産卵床数が少なく、
ある支流は造林施業の影響で河川形態そのものが劣化
近年は回復傾向にありますが、河川のキャパ的に今の産卵床数が妥当なのか
少ないのか今一分からない河川です
イメージ 5
到底竿を出す事の出来ないような場所にひっそりとたたずむ70〜80cmのイトウ
そのような場所は撮影もしやすいです、イトウ君避暑の最中お邪魔しました

知来別・鬼志別・猿骨水系に共通して言える事は河川サイズに対し産卵床数が少ない…
(一部例外の支流が数河川有りますが)
これは猿払水系の産卵床数の多い河川と比較してですが…そしてもう一つの共通項が源流部の山頂に森が存在しない事…
イメージ 6

これは森林施業の影響では無く、50年以上前の山火事が原因の様です、多くは国有林ですが、現在は試行錯誤しこの木の無くなった笹地の山頂に木を植え育てようと挑戦しているようです
(宗谷丘陵が笹地なのと同じ理由です)


鬼志別川A支流では稚魚の浮上はほぼピーク状態、この支流は水系内でも一番の産卵床密度
沢山の0歳魚に加え数十メートルの調査区間で6匹の幼魚も確認、
昨年の豪雨を乗り越え多くの稚魚が冬を越したようです。
イメージ 1


同水系B支流、
昨年までは産卵床も少なく、河川環境に対し産卵数が少ないのか疑問の残る河川
今年はカルバート閉塞解消に伴い??(カルバートの影響ではないです笑)産卵数は激増!水温が低いためか稚魚の浮上は極端に少なく
経過観察中
イメージ 2
いままでここを遡上できたのは少数のアメマスとサクラマスのみ…
閉塞解消後はカラフトマス、今年の春はイトウの遡上も確認しました
イメージ 3
背後は閉塞解消済みのカルバート
上流でイトウ稚魚を無事確認、水温8度と村内河川中でも水温の低い支流
(本流や他の支流・別水系では12〜13℃)
その影響か稚魚の浮上はまだ散発的…

猿骨川A支流、ここは稚魚の孵化率が悪い年がありその原因を調査中
ここ数年は孵化率も上がり沢山の稚魚を確認し一安心
イメージ 4
どぅやら渇水の影響をもろに受けやすい様で…人間の水道水供給の犠牲になっているのかも??
人為的影響を受けている河川は人為的な環境保全・改良が必要かもしれませんね…

猿払水系は前の投稿で紹介したので割愛しますが(笑、順調に各支流浮上していました

25℃を記録した日曜日からまた連日の雨…今日は日中15℃と気温が下がり…のち、夕方に豪雨
河川の水位は数時間で30cm以上も上昇し、気温も20℃と上昇中
蒸し暑い夜になりそうです
現在雨は小降りに、
これから秋まで幾度も河川の増水を稚魚たちは乗り越えていかなければなりません
今年も多くの稚魚が残りますように

BBK






この記事に

開く コメント(0)

日曜まで続いた長雨…
イメージ 1

草丈まだまだ伸びそう…
イメージ 2
夏らしく昆虫たちも沢山見かけるようになりましたが
雨宿りの日が続きました…

イメージ 3
礫の下から出てきたイトウの稚魚たち
既に多くの稚魚が浮上していました、約3cm、その殆どが翌年の春を迎える事が出来ません…
過酷ですね…

今週は比較的天気の良い日が続きました、気温もここ数日20℃越え夏らしくなった猿払
長雨が終わった…?と思ったらまた来週から傘マークが並んでいます…

現在19度ほど水温上がりそうですね、今週末は蒸し暑くなりそうです

BBK

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

7月に入りました、週末は悪天候、強風低気温〜また雨…
週末はちょっとした?作業で2日間胸まで水に浸かってました
今日も曇天蒸し暑いい週末から低気温の週明け…今日の最高気温は12度でした…

毎年この時期恒例の
ゴミ…
イメージ 1

毎年釣り人の数が少し減る7月、人の目が少なくから?マナーの悪い人は7月から来るのか??
分かりませんがこの時期恒例の風景です
また今年も落ちているかな?と思い河川敷へ行くと約束通りのあり様でした
(毎週河川敷見ているんですけどね)

ごく一部の人・釣り人では無い等々思いたいのですが…村民からみると状況証拠的にどぅ見ても釣り人の仕業にしか見えませんね…

ですが年間この様なごみ投棄は猿払河口域だけで4〜5件ですので多くの方がゴミを捨てないと言う事の裏付けでもあります、これからも釣り場環境維持にご協力ください


明日から気温が上がり19℃とかこのフレーズもぅ何回も書きましたね(笑
予感的中で稚魚はすでに浮上していました2011年以来の速い浮上ピークを迎えそうです


BBK

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全173ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事