全体表示

[ リスト ]

 人気ブログ ランキングを やっています!!

               ブログを続ける はげみにもなりますので、ぜひクリックを よろしくお願いします!!

    
       クリック クリック!!(笑顔)。
             ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
      (    https://blog.with2.net/in.php?1387625 )



『 これからのバス釣り 』 と 銘打って 4回ほどの記事を続けて来ましたが、 第5回の今回が最終回です。


何かに呪われたようにバスが釣れなくなってしまった私は、 いったんバス釣りをやめる事にしましたと言うのが

前回の記事の終わりでしたね。

今回は これからの私とバス釣りの関係性について 書いてみようと思います。


約2年間くらいバス釣りから離れていましたが、 もう釣れなくてもいいやと言う 開き直りの感覚で、

先月の2月半ばくらいに 本当に久しぶりに ホームグラウンドの 山口県宇部市にある 『 丸山ダム 』 に

行って来ました。

イメージ 1

イカン、 いきなりの逆光ですね(苦笑)。

こっちか!!(笑)。

イメージ 2

2月の半ばの割には 天気も良く気温も高かった、 午後2時の丸山ダムです。

イメージ 3

水質は ほどよく濁った感じで、 超クリアーでなくて良かったと言うところですね(笑顔)。

イメージ 4

本日のタックルは、 オカッパリと言う事で ハードなスピニングタックルで 飛距離をかせぎます。

イメージ 5

ロッドは、レイドジャパンの 『 グラディエーター 』 シリーズの ... 

イメージ 6

『 G−71MLS  ナビゲーター 』 に リールは なぜか、 私の好みで メガバスのエギングリール

『 海煙 256 』 をセットして 使います。

ちなみに ラインは、 オカッパリなので 太目の6ポンドのナイロンラインを巻いています。

イメージ 7

まずは 冬の定番、 メタルバイブレーションと バイブレーションで 素早く広範囲に チェックを入れます。

イメージ 8

バイブレーション系に反応が無かったので、 縦系のリアクションバイト狙いで 9g前後の小さな メタルジグ。

イメージ 9

それでもダメだったので、 フラッシューJの3インチでの ダウンショット・リグを こころみます。

イメージ 10

日頃は イライラするほどあるブルーギルのアタリと言う邪魔さえ入らない 生命感まったくゼロのガマンの釣りが

続きます(苦笑)。


次は 何にしよう ...  レイドジャパンの 『 ウィップクローラー 4 .9 インチ 』 の ネコリグで 行こう。

イメージ 11

それでもダメなら 原点に帰って 本当に久しぶりに 昔は これさえあればどうにかなったと言う、

『 スライダーワーム 4インチ 』 の シルバーグリッター ・ カラー を コテコテのテキサスリグで 投入!!

イメージ 12

あれこれと ルアーを投げ続けましたが、 ルアーに何の反応も無いまま 夕マズメが近づき 焦る気持ちを

胸に感じたまま 私にとって夕マズメの奥の手、 1/4オンスクラスの 小さめのスピナーベイトを結び、

力いっぱい投げては ゆっくりと巻きまくりました。

イメージ 13

時刻は、 夕方の6時を過ぎ、 すでにかなり暗くなってしまいました。

イメージ 14

ひとつのアタリも無いまま、 残念ながらこのまま ゲームセットです。

万が一の為に持って来ていたランディングネットを 濡らす事もなく、 乾いたまま持って帰る事となりました
(苦笑)。

イメージ 15

しかし 私は これが、 これからのバス釣りでは ないかと思うのです。


もう以前のように簡単にバスは釣れない。

バスを駆除したり リリース禁止にしたり、 確かに人為的にバスを減らす事もあったと思うのですが、

もうひとつ近年 急激な自然環境の変化で、地球の生態系に大きな狂いが生じ、 その中のひとつとして

バスの個体数の激減があると 私は 考えています。


確かに全国では いまだに 以前と変わらず、 バスが釣れ続けている所も まだまだあるとか思いますが、

どうやらこれからのバス釣りとは 琵琶湖などを中心に ビッグベイトを使っても釣れる環境だけが

生き残れるのでは ないでしょうか??


現に今年の各メーカーの新商品は、 ブルーギルを模したビッグベイトが 多くあるように感じます。

デプスからは、 38cmもある ビッグベイトが 発売されるとか されないとか。

すなわちもうバス釣りは 身近な釣りから離れて 極端に特化した専門的な釣りへと変わってしまったと

私は 感じています。


そん中、 ヒマな時や 気分転換したい時に 「 釣れても釣れなくてもいいや 」 と言うくらいの

割り切った感覚で これからのバス釣りに 私個人としては 挑みます。


楽しかった過去にしがみつかず、今をなげかず、 目の前にある 今できる事を 肩の力を抜いて

気楽にやればいいと思うのです。


バザーの数だけ 『 これからのバス釣り 』 と言うテーマに対して たくさんの答えがあると思いますが、

私の意見は 上記のとおりです。



さて 春になって 天気も良く 気温水温ともに 上がって来ましたね。

今度は いつ、 バス釣りに行こうかな (笑顔)。



                        『 これからのバス釣り 』 全5話  完




 人気ブログ ランキングを やっています!!

               ブログを続ける はげみにもなりますので、ぜひクリックを よろしくお願いします!!

    
       クリック クリック!!(笑顔)。
             ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
      (    https://blog.with2.net/in.php?1387625 )



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事