イツツユビナマケモノのVIVIO,旧V40そして原付二種偏愛日記

スバル ヴィヴィオ リーボック仕様という希少?車と原付二種バイク(小型自動二輪車)の紹介です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全66ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

またまた放置状態ですみません。
クルマやバイクについては、実践ばかり忙しくて、逆にあまりにも書くことが多すぎて
そのわりに書く時間や心のゆとりもなくて…
でもほんとうに、いろいろ実践してみたし、そのおかげで経験値もぐっとUPしました。
ボロ車を持つことは、あながち悪いことばかりでもありません。
 
ほいでもって今日、いつものように出勤すると、職場で一番若いオフィスガール、通称"まいちゃん"が
私と目が合ったとたん「なまけものさんに言わなきゃいけないことがあった」と切り出しました。
 
「そこのコンビニのおばちゃんが、猫を保護してるって話なんだけど、ちょっと見に行ってもらえませんか?」
一瞬「いけません、まいちゃん、私には妻が…」なんて返事を用意していた私は半分がっかり。
(いや、逆に飛びついていたかも??)←殴
 
まあそんな事情で、昼休みにそのコンビニ行ってみると、
おばさんが店の奥から、ダンボールに入ったその2匹の仔猫を見せてくれました。
 
「ちっちゃ…」
私もここまで小さい仔猫は初めて見ました。
ふつうのハムスターぐらいの大きさといえばおおよその見当はつくでしょうか??
 
「最初は3匹いてねえ、ちゃんと母猫もいたんだけど、1匹をつれてどこかに行ったきり、戻ってこないのよ」
話によると昨日の雨のさなか、残されたこの2匹がミーミー鳴いてたので
とりあえず屋内に入れて牛乳を与えたものの、どうしていいのかわからずにいたらしいです。
 
猫に牛乳を与えている絵などはけっこう見かけますが、とくに仔猫には牛乳を与えるとおなかをこわす原因になります。
とりあえず家内にメールして「仕事終わってからちょっと見に行ってみて」と伝えて、私はいったん仕事に戻りました。
 
そして、家内が連れて帰ってきました。
イメージ 1イメージ 2
体重わずか100g。目もまだ開いていません。
 
イメージ 3
 
以前家内が職場からつれてきた3匹(今のぷりんの兄弟)の当時の大きさよりも、まだ小さいかもしれません。
いちおう動物病院でも診てもらいましたが、小さいというだけでとりあえず異常はなさそうです。
母猫が先天的な異常に気づいた場合は、あえて育てないケースもあるといいますが
異常がないということであれば、母猫が見捨てたた可能性は低いです。
おそらく1匹目を運んだときに、どこか戻れない場所に迷い込んでしまったのか
交通量もひじょうに多い場所なので、もしかしたら事故に遭ってしまったのかもしれません。
 
正直いって、ちゃんと育ってくれるかどうかはななだ心配でもありますが
とにかく、できる限りのことはしてあげて、いつものように里親さんが見つかるまで頑張ってみようと思います。
いやー、ずっと放置プレイで申し訳ないです。
話せば長いことながら、めまぐるしくいろいろなことがあって、手付かずでした。
大好きなクルマも単車も、いろいろとメンテした部分もあったりするんですが
まあそれは、追い追い書くことにしましょう。
 
今夜は、うちの猫ちゃんたちの物語…
 
 
それは、昨年10月末のことでした。
その日は昔から興味を持っていた県下の装飾古墳の公開日でしたが、
家内は仕事だったので、私は一人スクーターに乗って、県北へ見学に…
10月とはいえ、この日はお昼になっても気温が上がらず、
スクーターに乗る私の顔には、晩秋の冷たい風が吹きつけていました。
 
そんな中…
こーんな古墳(大坊古墳・玉名市)や
イメージ 1
 
こーんな古墳(永安寺東古墳・玉名市)
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こーんな古墳(塚坊主古墳・和水町)
イメージ 3
 
を見学して、ぼちぼち日も傾き始めた午後3時半頃、最後の見学を終えて、帰途につこうとしたそのとき
どこからか聞こえる仔猫の声…
 
「そんなばかな?空耳??」
といいうのもこの最後の見学地、周囲は田畑と古墳の周辺の雑木林だけで民家はありません。
しかしあたりを見回すと、別の見学者の車の陰から、
出てきたのは手のひらに乗るくらいの小さな黒猫…
 
どうしてこんなところに仔猫??と思いながらも抱えあげると、こんどは別の仔猫の声…
再び見回すと、こんどは足の1本がちょっと具合悪そうなキジ猫が、トコトコと歩いています。
大きさも、ほぼ同じです。
 
2匹を抱えながらしばし茫然…
前述のとおりこの日の気温は低く、夜は確実に10度を下回ります。
保護しなければ、まだ幼く自分で獲物を取る力もなさそうなこの子たちは、確実に死んでしまいます。
でも…
 
前回の記事で書いたとおり、うちには知人が保護して預かった、
まだ里親さんの決まらないこの子(通称ちび太)がいます。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(来たときは目も鼻も猫風邪でグシュグシュで、体もシラミの卵だらけでしたが
薬と、毛刈りしてシラミを退治して、こんなにきれいになりました。)
 
それに、今日乗ってきてるのはクルマならまだしも、スクーターです。
さらに、ここから自宅まで約30km、抱っこしたまま片手運転というわけにはいきません。
またヘルメットトランクに入らないでもないでしょうが、驚いてお漏らししたら最悪です。
 
「どうしたもんかな??」
 
もういちどあたりを見ると、駐車してる車の向こうにはなぜか真新しい白いダンボールが…
??????
開けてみると、中には少量のお菓子が。
 
この子たちは間違いなく、このダンボールに入れて捨てられたのですね。
 
運よく、2匹をこのダンボールに入れて、スクーターの足元に置いたら、
なんとか普通に運転可能な状態になりました。
そして、コケないように用心しながら、なんとか自宅に帰着。
 
イメージ 5
 
キジトラの"きぃちゃん"
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
黒猫の"くぅちゃん"
2匹とも300グラム少々なので、1ヶ月かそこらでしたが、離乳食を与えながら様子をみると
すぐに元気になりました。
 
イメージ 7
 
兄弟仲良くプラスチックのトレーに入ってるきぃちゃんとくぅちゃん。
 
イメージ 9
 
丸めて立てかけたカーペットによじ登り、天井まで登頂に成功したくぅちゃん。
 
イメージ 10
 
負けじとその後すぐに登ったきぃちゃん。
 
その後、ネットで募集するも、さきの白黒猫も含めてなかなか里親さんが決まらず、
もうこのままなら庭に猫専用ルームを増築するしかない、とか真剣に考えていた年末ごろ
まず、白黒猫"ちび太"に宮崎県から声がかかり…
 
イメージ 8
 
1月のはじめに、美人のお母さんと、そのハタチのかわいい娘さんが里親さんに決まりました。
そして今日、きぃちゃん、くぅちゃん兄弟も…
イメージ 11
 
鹿児島の若いカップルさんのところで、新生活が決まりました。
イメージ 13
ここは、先住猫のスコティッシュフォールドの"スコちゃん"が,
新人さんが来て少し不機嫌そうに見張り台(キャットタワー)から監視してました。
 
イメージ 12
 
これはお渡しする直前、山江SAでのお別れショット。
(2匹が1枚にばっちり映った写真はこれだけ…)
 
みんな、お幸せに!!
 
 
 

久しぶりに仔猫保護

イメージ 1
 
長いことブログほったらかしですみません。
先月から新しい勤務先に入ったのですが、けっこう忙しいところで
家に帰ってきたらぐったり、の状態で、また土日も時に仕事がらみの用事が入って
なかなか書く気になりませんでした…
三角で撮った旧車の写真も未整理です。
 
そんな土曜日の朝、ガールフレンドから「助けてください」というメールが。
もともとワーキングプアの彼女、お金にでも困ったのかな?と思いきや
なんでも朝から猫の声がするので玄関を開けてみたら、とっても小さな子猫が玄関前に居たそうです。
どうやって彼女の住む5階まで上がってきたのか謎だけど、人にはなついていてすぐに近寄ってきて
拾い上げてとりあえず体を軽く洗って餌を与えたけど、体に白い粉のようなものがついているし、
目も目やにだらけでぜんぜんきれいにならないし、そもそもアパートはペット禁止だから、
なんとかならないか?という相談でした。
...とりあえず引き取って、すぐに動物病院に連れていったところ、
粉のようなものはシラミの卵だそうで、駆虫剤をたっぷり塗ってもらい、
目薬をもらって家で様子見ということになりました。
まだ生後2ヶ月ぐらいでとっても小さいけど、元気は良く、ケージによじ登ったり隙間から手を出して「早く外に出せ」ってしぐさを見せたり。今はご覧のとおりまだ目やにが取れないけど、目の調子とか体調がよくなったら里親さん探そうと思います。
GW中は何かとすることがあって、なかなか記事書けませんでした。
家のこととか、甥っ子の子守とか、愛車のメンテとか(これが一番多かったような)
愛車のメンテは、手順の記録のために写真を撮ったものもあれば、
手が汚れていた、時間が足りなかったなどの理由で写真がないものもありましたが
それらは追って記事にしていきます。
 
で、今日は国産に入り、まずはトヨタ車から
さすがに昭和も30年代のものはありませんでしたが、40年代からは幅広く展示されていました。
 
41年式ヨタハチ
イメージ 1
国産ライトウェイトスポーツの原点とも呼べる2シーター。
私は「トヨタ2000GTの弟分」と思ってましたが、ヨタハチのほうがデビューが早かったんですね。
 
42年式コロナクーペGT
イメージ 2
クーペの名を冠していますが、ボディタイプからすれば2ドアハードトップというべきか。
この型のコロナは、小学生の頃近所にこの個人タクシーがあったため、私はセダンのイメージが強いです。
 
44年式パブリカバン
イメージ 6
この頃のセダンモデルにはほとんど同型のバンが存在していましたが、それもこの一例。
パブリック・カーが語源となっただけに、廉価で幅広い層に受け入れられるべく
セダン・バンをはじめコンバーチブルやピックアップトラックもありました。
初代となっていますが、ごく初期にこれの原型となった超質素なパブリカ700が存在していました。
 
イメージ 7
テールランプはセダンと共通?上下に開くリアゲートがいかにも当時らしくていいですね。
イメージ 8
リアシートをたたんだ状態。当時はこんな感じでシートバックの裏がいかにも鉄板然としてました。
 
47年式コロナ1700SL
イメージ 9
ここらあたりになると、子供の頃見かけた車としての印象がはっきり残っています。
今ではこういった塗色のクルマをあまり見かけないように思います。
丸目4灯、メッキバンパー、砲弾型フェンダーミラー、黒のレザーシート、いかにも当時らしさを感じる1台です。
 
47年式レビン(TE27)
イメージ 10
それまでの「日常の移動手段」としてのクルマから一歩出た、クラスはポピュラーカーながら
趣味のクルマとしてエンジンをはじめとするメカニズムにこだわりを持った人のための車の登場ですね。
 
同、スプリンタートレノ
イメージ 11
レビンの兄弟車ということで、外観に若干の相違点があるものの、グレード構成やエンジンはほぼ同一です。
 
48年式カリーナ
イメージ 12
「足のいいやつ」というキャッチコピーで登場したトヨタのベストサイズ・セダン。
丸目4灯ヘッドライトのロービームとハイビームの間に配置されたポジションランプが印象的でした。
カローラよりちょっと上級という位置づけながら、下回りはセリカと共用とし、
「足のいいやつ」の名に恥じない運動性能を持っていました。
 
48年式セリカLB
イメージ 13
70年代を代表するスポーツカーのひとつ。
3ボックススタイルのクーペ(HT)も、大きなテールゲートを持ったこのリフトバックもともに人気でした。
エントリーカー募集時には「できるだけノーマルの状態を」という主催者側の意向もあったようですが
このセリカにはこういうスタイルが似合うってことでOKか。
ドデカオーバーフェンダーに深リムのホイールがいかしてます。
大学の先輩がこれの18R-Gを搭載したモデルを15万円で買ってきましたが、さすがに今は乗ってないだろうな。
 
50年式セリカHT
イメージ 3
こちらがその3BOX版HTモデル。年式の関係でLBのあとに掲載しましたが、HTモデルのほうが市販は先だったようです。初期型はウィンカーがオレンジではなく赤だった記憶があります。
 
50年式コロナGT
イメージ 4
私にはタクシー用セダンのイメージが強いんですが、日産ブルーバードとちょうどバッティングするクラスで
ファミリーセダンとしても多く使われました。
セダンのお手本のようなおとなしいボクシーなスタイルですが
イメージ 5
エンジンは18R-GU、しっかりGTしてます。
 
トヨタと日産はエントリー車が多く、1回じゃ収まらなかった。
次回へ続く。
輸入車シリーズ2回目です。
できるだけ年代順に並べるようにしましたが、表示されていなかったか、記録し損ねたかで
多少前後することがあるかもしれません。
 
シボレー インパラワゴン
イメージ 5
年式をメモり忘れましたが、これも著名なビッグアメリカンのひとつ。
ただインパラにワゴンがあったのを知ったのはつい最近のことでした。
前回のキャディラックのように押しが強いマスクではなく、大きいけどいたって自然なフェイスがいいです。
ワゴンとしての実用性も兼ね備えていますので家族受けもいいです。ファミリーカーに是非どうぞ。
(やっぱり家庭争議の元になりそうな気配も若干ありますが)
 
フェラーリ・ディーノ
イメージ 1
いわゆるスーパーカーブームよりほんの少し前に生産されたスーパースポーツですね。
頭上部のルーフがないオープンモデル(後部が残るのでセミオープンとでもいうべきか)なので
表示はありませんでしたが、246GTSというモデルのようです。
あとで知ったのですが、フェラーリ・ディーノというのは通称で、厳密にはフェラーリブランドではないようです。
 
ポルシェ911カレラ
イメージ 2
これもスポーツカーの代名詞のようなクルマながら、ビンボー人のナマケモノには縁のない世界なので
911という車名以外はあまり詳しくはありません。
他メーカーでは絶対に造れない「これぞポルシェ」というデザインですね。
大学に通ってた頃、にこれで通学している学生がいるという噂があったのですが
真偽のほどは明らかにならないまま卒業してしまいました。
一説によると教授の趣味車だという話も…
 
フェラーリ308GTS
イメージ 3
ここに来るとだいぶ「スーパーカーらしい」デザインになってきました。
バッサリ切ったようなフロントバンパーが印象的ですが、ロータス・エスプリも初期モデルはこうでしたよね。
 
フェラーリ328GTS
イメージ 4
308の後継モデルということですが、デザイン的には大きく変わらず基本路線を踏襲してますね。
20年以上前のクルマなんて信じられない。さすがピニンファリーナデザイン。
ところで、ピニンファリーナって車は当然のこと、歯ブラシまでデザインしてたって今日知りました。98へえ〜
 
メルセデスベンツ E320
イメージ 6
この型ってまだまだ新しいと思っていたのですが、1987年なのですでに四半世紀は経つんですね。
私の中ではベンツはこの時期のデザインがいちばん好きで、
丸ライトになってからはあまり惹かれませんでした。
クーペならC140、CクラスならW202といったところでしょうか。そこらへんが好きです。
でも最近のCクラスクーペはわりにいいな、とも思います。絶対買えないけど。
 
BMW M3
イメージ 7
かつて「六本木カローラ」などと揶揄されてたE30型ですが、
M3だけは別格です。大きく張り出したブリスターフェンダーはM3の象徴で
もはや他の3シリーズとは完全に別物です。カローラなんて言わせません。
でも当時六本木あたりを歩いてたワンレン・ボディコンのねーちゃん達には
318だろうがM3だろうが同じに見えたのかもしれませんね。
(助手席に乗せてウンチクを語ってもたぶん無意味だったような)
 
アストンマーチンイメージ 8
 
今回この区画だけちょっと周囲と雰囲気が違うように感じたら
それもそのはず、今回エントリーしていた輸入車で唯一の平成生まれ。
1990年と書いてあったので車名を割り出そうとしたのですが、どうも年表と一致しません。
型から見るとDB7というモデルのようなのですが、DB7だと1993年発表ですから。
年式の記載ミスなのか、私の転記ミスなのか?
この写真だけでわかる方いらっしゃいませんか?
 
さて、次回からは国産車に入っていきます。

全66ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事