遠藤@犬猫馬好き普通の獣医師の診療日記&訓練手帳

グリーンピース動物病院院長です。過去の診療記録はリストをご参照下さい。最近の記事の内容は私生活です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全91ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今日は月に1度の、犬猫子供連れ老人ホーム訪問活動の日です。

私は、新着子犬のカズ君を連れて参加しました。

カズ君はこの日のために、昨日はスタッフさんによってシャンプーをしてもらって、清潔で良い匂いになっています。 ただし、この人にとっての良い匂いが犬たちにとってどうなのか?は正直判りません。

午後2時から3時まで特別養護老人ホーム鶴林園でお年寄りの皆様に抱っこされたり撫でられたりしてましたが。 終始すごく良い子してくれてました。

楽しいひと時でした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3



この記事に

開く コメント(1)

犬友さんから連絡があり。エアデールテリアの子犬が生まれたそうです。

母親はドイツ輸入犬。父犬の父親はドイツ輸入犬で私が飼っていた日本チャンピオンにして日本警戒訓練チャンピオングループのタイトル保持犬。父犬の母親は私の繁殖犬で全日本で臭気選別チャンピオンタイトル保持犬です。

従って、この子らにはドイツ輸入犬以外の血液は入っておりません。


母親 : タイパンズ アランゴ (父)オラーフV ヴァレンシュタイン (母)ヤロモニス イーラ

父親 : アルデバラン オブ ザナドゥ (父)ズーコV ハウスシルマ (母)ザナドゥ オブ パドルビー


9月23日出産 オス4 メス2

 
イメージ 3

子犬を望まれる方は、私のメールアドレス wkhtdg@hera.eonet.ne.jp にご連絡を下されば、繁殖者の電話番号をお教えします。具体的な諸条件は繁殖者に直接訊いて下さい。


この記事に

開く コメント(3)

先月に電話で連絡があって、私が関係したエアデールテリアの子が生まれたということです。

写真とか送るようにとお願いしておりましたが、本日届きましたのでブログに掲載しておきます。

牡が1頭、牝が4頭だったそうです。




この子犬たちの父親は、私が作出した犬で。両親共ドイツ輸入犬でした。訓練性能体形共に優秀で。日本警察犬教会の日本チャンピオンであります。

母犬の父親はドイツ輸入犬及びドイツ輸入犬同士の繁殖犬になる犬で。特に母犬の父方祖母は、私が輸入して最も素晴らしいという印象を持ったニックとペニイの交配によるハーヴィーという素晴らしい性能の犬です。

母犬の母親は、アメリカ合衆国からの輸入犬同士の繁殖による犬です。合衆国のエアデールテリアでも、特に古い血統の狩猟系の犬でして。

この母親は、単独猪猟に使役されている実働犬で、猟野ではスピーディで感覚鋭敏。獲物の探知、周囲の状況判断の際には繊細な神経を使うが、全くシャイな犬ではなく。
獲物に対しても警戒心は強いが判断速く行く時は行くという素晴らしい犬で。
身体能力は優れ、身のこなしは極めて敏捷だというのが、飼い主の評価であります。


即ち、この子犬たちの血統は、4分の1が合衆国猟野系で。4分の3がドイツ万能犬系というものであります。

犬のことですから当たり外れはあるかも知れませんが。普通に育てば飼い心地良く、訓練性能、猟性能に優れた素晴らしい犬に成長する可能性が高いと思います。

これらの子犬を育ててみたいと思われる方は、私にメール( wkhtdg@hera.eonet.ne.jp )で問い合わせて下されば、繁殖者の連絡先をお教えします。

連絡をお待ちしています。

この記事に

開く コメント(0)

2014.04.04 早朝独り花見

今年の桜は、昨年よりも少し遅いのか?別のブログに書いていた昨年の日記を見てみると、4月1日に早朝独り花見のお題で書いてました。
 
今年も早朝の犬の排泄と運動の後、近くの日岡山公園に花見に出かけました。
 
イメージ 1
 
駐車場のすぐ近くの桜は、木の勢いが良さそうで、見事な花が満開です。
 
イメージ 2
 
途中に、枝垂れ桜が咲いてたりしています。  これも変わってて良いですね。
 
イメージ 3
 
でも、公園内の遊歩道を歩いて行くと。 昨年もそうだったのでしょうか?  古い木が多くて、桜の勢いというかが弱い感じです。  一生懸命咲いているのは健気に思えるのですが。  何か、ショボイ感じです。
 
イメージ 4
 
古い木には、随分傷んだ子もいます。 それなりに手入れはしているようですが。  こういうのって、樹医さんが診たら治るのでしょうか?
 
桜の花は年に数日のものですが。 毎年精一杯頑張って咲いてくれて。 市民の方々も毎年楽しみにして集まって来てくれているのですから。 もうちょっと元気が出るように治療なり管理なりされた方が良いのではないか?と勝手に思ってしまいました。
 
イメージ 5
 
花に少し近寄ってみると。 本当に綺麗ですね。 
 
今年も何とか桜を見ることが出来ました。 来年もまた見れますように。 
 
ではまた。
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

寒い寒い

過去の診療記録を保存してある当ブログですが。
何ヶ月もほっちっちしてるとそのうちに整理されてしまいそうなので。極くたまには何か書くことにします。
 
最近は、季節柄仕事も閑で、遊びに行くことばかり考えているようなことです。
仕事が閑な時こそ、獣医療の勉強をして自分の技術知識のバージョンアップに努めなければならないとは、判っているのですが。なかなか出来ませんね。
 
世間ではインフルエンザが流行していますし。ノロウィルスも猛威をふるっています。
 
お隣りの中国韓国では強病原性鳥インフルエンザが流行の兆しを見せていますし。
 
本当に気を付けないといけませんね。
 
これらのウィルス疾患に共通の有効な対策は、何よりも手洗いです。外から帰宅した時など大量の水とせっけんで手に付着したかも知れないウィルスを洗い流してやるのです。
ノロウィルスにはアルコール消毒は無効ですから、とにもかくにも手洗いが最重要となります。
 
縁あってこのしようもない日記を見に来られた方々におかれましては、無病息災で幸せな日々を送ることが出来ますように祈念いたします。
 
ではまた。

この記事に

開く コメント(1)

全91ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事