遠藤@犬猫馬好き普通の獣医師の診療日記&訓練手帳

グリーンピース動物病院院長です。過去の診療記録はリストをご参照下さい。最近の記事の内容は私生活です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全91ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

05/08〜05/09 猫の膵炎

明日は1週間に一度の休日という火曜日の午後診。
 
鳥取県の山に山菜と自然観察等々で行く予定になっていましたので、心浮き浮きです。
 
しかし、午後診が始まってすぐに、そんな浮ついた気持ちは吹き飛んでしまいました。
 
まず、4日前にチョコドーナツを少しだけ食べた直後から、元気食欲が低下したという避妊済み女の子の若い猫ちゃんです。
 
2日前の初診の時には、軽い肝障害かも知れないと思い。 皮下輸液を行なうと共にその旨の処方をしたのですが。 皮下輸液した直後は少し元気だったけれども、すぐにまたより一層辛そうになってしまったということで。
 
再度血液検査を実施したところ、肝障害はかなり進行しています。
 
嘔吐は最初から全然無かったのですが。 これはどうも怪しいと感じまして。
 
血清を東京のアイデックスラボラトリーズに送って、膵炎の診断に必須の「猫膵特異的リパーゼ」という項目の検査を依頼すると共に、前腕の静脈にカテーテルを留置して静脈輸液を始めました。
 
日が変わって、9日の入院2日目には黄疸も進行して、全然元気が戻りません。
 
私の鳥取の山歩きは、昨晩は犬の子宮蓄膿症の手術が緊急で2件も入ったこともあって、当然のこと中止になってしまいました。鳥取の犬友さんにはご免下さいです。
 
アイデックスラボラトリーズから、夕方にファックスが返って来ました。
 
イメージ 1
 
膵炎確定です。 肝障害は膵炎に継発したものだったのです。
 
最近の膵炎の治療のやり方は、10年くらい前とは随分違って来て、絶食をさせるよりもなるべく早期に食事を与えることが奨励されるようになったのと、人間の薬で膵炎に使われていた膵酵素阻害剤は治療効果のエビデンスが無いという判定が下されて、使用されることが無くなったということです。
 
ヤンガスちゃんも、流動食を少しずつ与えております。
 
米国の教科書では膵炎に奨励されているブプレノルフィンという鎮痛剤も使用開始しました。静脈輸液、鎮痛剤、抗生物質、肝臓庇護剤などいろいろ駆使して頑張るのですが。今後どうなって行くのか?予断を許さない状態であります。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(0)

9才2ヶ月令になるトイプードルのココちゃん。 シャネルの創業者と同じ名前なんですね。
 
で、このココちゃんが、昨日昼食を普通に食べた後から、元気が異常に低下して、震えが来ているのと、やや軟便を輩出し、食欲もそれ以降はほとんど無いということで、本日来院して来ました。
 
本当ならば、ココちゃんは、重度の歯周病の処置を15日に予定してまして。 今日はその術前検査をするはずだったのですが。
 
急遽疾病の診察ということになりました。
 
体温も39.3℃と、平熱に近い、あるいはごく軽度の発熱という感じですし。胸部聴診も全然普通です。

軟便と元気食欲消失以外に取り立てて特異的な症状はありません。
 
一応血液検査はしてみようということで、採血をしました。
 
全血球計数で細菌と闘う白血球の一種である好中球と、血小板数が正常範囲よりもわずかに高値なのは、歯周病の診断の時からそうです。
 
血液生化学検査での数値に、総コレステロール値が450mg/dlオーバーというかなり極端な結果が得られました。 ココちゃんの総コレステロール値は今まで比較的高い数値ではありましたが。 昨年6月に計測した時でも320mg/dlでしたから、これは相当の上昇です。
 
総コレステロール値が上昇する疾病と言えば、まず甲状腺機能低下症、胆管閉塞、副腎皮質機能亢進症なんかが疑われます。
 
胆管閉塞であれば、アルカリフォスファターゼの上昇とビリルビンの上昇が同時に見られますし。 副腎皮質機能亢進症での総コレステロール値の上昇は普通ここまで極端にはならないのと、アルカリフォスファターゼの上昇が見られないことから副腎疾患も除外です。
 
結局、症状と検査データから甲状腺疾患を疑うことにして。 再度採血をして、血清を分離し、検査センターで甲状腺刺激ホルモン(TSH)とフリーT4(FT4)を測定してもらうことにしました。
 
一応、甲状腺ホルモン製剤は、下痢止め、整腸剤、悪玉菌対象の抗菌剤の「下痢セット」と併せて、暫定的に処方しました。
 
検査センターからの報告は、3日後くらいには返って来ると思います。
 
診断が的中してココちゃんが元気になりますように。
 
イメージ 1
 
 

開く コメント(0)

05/07 鶏飼料用牡蠣殻

 
私は、自宅でも犬を多く飼っているのですが。
 
犬たちが何かの間違いで他所様の庭に放し飼いしてある鶏を殺したりしないようにとの意味も込めて、自分ちでも鶏を2羽飼育しております。
 
それと、鶏を飼育していると、キジバトとかドバトとかキジ科の鳥とかが傷病野生鳥獣救急指定動物病院をやっているグリーンピース動物病院に持ち込まれた際に、鶏の飼料を患者に与えることが出来るので、対応がしやすくなります。
 
飼育している鶏は、ボリスブラウンという卵用種、すなわち卵を利用するための品種です。 生後150日くらいから卵を産み始めて、若くて元気な間は、ほとんど毎日、年に300個以上、もしかすると365個産むかも知れません。
 
2羽のボリスブラウンがいると、家族3人で暮らしていて、卵を買う必要が無いくらいです。
 
鶏の食べ物は、近所のJAで販売している「トラスト」という産卵鶏用飼料です。 20キロ入りで大体1,890円です。
時々は、屑野菜を刻んで、自家精米で出る米糠をまぶして与えてもいます。
 
飼料20キロを2羽の成鶏で2ヶ月くらい養えます。 となると、自家生産の鶏卵の原価は、1,890円÷120個で、1個当たり15円75銭になりますね。
 
特売の卵には負けるかも知れません。
 
それでも、飼料の与え方が大雑把な飼い主ですから、食べ残しが毎日沢山出ます。その食べ残しは、庭に訪れて来るスズメやキジバトたちのご馳走になっているわけでして。 食べ物の少ない冬なんかは、夜明けと共にスズメたちに給餌を催促されているような状態です。
 
ところが、JAさんの配合飼料と屑野菜だけでは、そのうちに鶏が自分の産んだ卵を突くようになるのです。
 
毎日の産卵で、血中カルシウムイオンが不足するのかも知れません。
 
そんな理由で、飼料用の牡蠣殻を探していたのですが。 ネットで検索していたら、広島の丸栄さんという会社http://www.hiroshima-maruei.com/2_siryou/0_siroyu_menu.htmlで取り扱っていることが判明。
 
こんな会社の場合、20キロ入り袋1個だけとかの小口の取り扱いはしていないことが多いので、気が引けたのではありますが。
 
意を決して、メールで問い合わせしてみました。
 
すると、案に相違して、丁寧な対応を取って下さり。先日目出度く飼料用牡蠣殻「梅」という小粒の製品が一袋送られて来たのです。
 
イメージ 2
 
価格も送料込みで1,575円でしたから、送料を引けば、丸栄さんには500円とか600円くらいしか入らないと思いますのに。
顧客を大切にする素晴らしい企業風土がある会社なのですね。
 
丸栄さん、本当に感謝しております。そして、御社の発展を強く祈念いたすものであります。
 
ということで、私の鶏たちは今日も幸せに卵を産み続けているのでありました。
 
イメージ 1
 
 
 
 

開く コメント(0)

05/02 和気の藤棚

ゴールデンウィークは、水曜日と祝祭日をカレンダー通りに休ませていただきます。
 
2日には、私の飼い主太得子さんと一緒に、広島県尾道市の前岡治療院に、脊椎の矯正に行きました。 概ね月に1回背骨や骨盤の配列を正していただくと、衰え気味の身体も、何とか動いてくれています。
 
途中、岡山県和気町の和気神社にある大きな藤棚を見に寄り道をしました。
 
日本全国から収集した藤を、100種?植えてあって、全長500メートルという棚には、白藤とか八重藤とか、様々な由来の、物語り一杯の藤の木が花を咲かせていました。
 
全長500メートルは、計測するとそうかも知れませんが。 出来れば棚の配列に工夫をして、広がりとか開放感をを感じられるように見せていただきたかったです。
 
でも、藤の花は、雨が降っている中で、五分咲きではありましたが、十分に綺麗で楽しめました。
 
物語りを紹介し始めると切りが無いですから、とりあえず藤の画像を。
 
イメージ 1
 
こんな感じです。それなりの人出でした。 連休後半に、好天になれば大変な賑わいになりそうです。
 
イメージ 2
 
白藤も綺麗でした。 何故か?白藤に集中していたのがクマンバチです。 蜜が美味しいのか?沢山分泌されるのか?そのどちらもなのか?
 
イメージ 3
 
八重の藤は初めて見ました。
 
イメージ 4
 
八重藤を拡大してみました。
 
イメージ 5
 
神社の正面です。鳥居の両側に、狛犬ならぬ、狛猪。 向かって左に狛猪の隣りに、我が国の国家に歌われているさざれ石が鎮座ましましております。
 
イメージ 6
狛猪が珍しかったのでアップ。 こんなん見たら、次に山で出合った時に撃つのをためらってしまいそうです。
 
藤の花を堪能した後は、もう一度高速に乗って、骨屋クマ吉先生の治療院に行って。 夫婦共々元気回復してもらいました。
 
雨もまた楽しい休日でした。
 
 

開く コメント(0)

3月のグリーンピースわんにゃん訪問隊活動は、私は急な手術が入ったりして、欠席してしまいました。
 
今月は無事に参加出来たのですが、現在自分の手許にいる犬たちで、このような訪問活動に適する子は居りませんので、私だけの参加と言うか、正直行って見ているだけで、あまり役には立っておりません。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
今日も、私以外6名の訪問ボランティアの皆様が参加されました。それに加えて、お二人の中学生の女の子も参加です。この子らは園の近所に住んでいる子なのですが、小さい頃から園の近くで遊んでいるうちに、いつの間にか犬たちに惹かれて、自然と参加するようになったのです。
 
午後2時から3時までの1時間の訪問時間中、楽しい笑い声や笑顔が一杯の活動でした。
 
今日は、ワイヤーヘアードフォックステリアのラック君のボールお片付けの芸も披露されて、面白かったです。教えるのに根気が要りそうな芸ですね。
 

put balls in the bascket

開く コメント(0)

全91ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事