ここから本文です
猫ヶ洞池本舗
〜ねこがほらいけほんぽ〜 Yahoo!ブログ終了とは、14年間の付き合いのブロガーさんもいて悲しいニャ( ;∀;)

書庫全体表示

遅ればせながら3月に開催の展覧会「妖怪遊戯」の絵を公開しますニャ!メイキング付きニャ!

https://cat.blogmura.com/cat_picture/ranking.html にほんブログ村
猫絵・猫漫画 ↑クリックして下さると嬉しいニャンです!(*´艸`*)

https://blog.with2.net/link/?1794002:1348人気ブログランキング
こっちも、クリックして下さったら、とても、とても在り難いニャンです。


イメージ 1
グループ展※「妖怪遊戯」・・・飼い主も3月に参加したイラスト展にゃ・・・。

展覧会が終わったらすぐブログに「飼い主の絵」を公開するはずだったニャ・・・。
けど他の記事の公開を先にしているうちに・・・
「記事画像」を途中まで作っていたけど忘れ去られたニャ・・・。

もう終了して3ヶ月6月の今頃、絵のメイキングなどの「記事画像」も加えやっと記事にする事になったニャンよ・・・。


※「妖怪遊戯」

2017年3/1から3/16迄開催したいろんな作家さんによる「妖怪」イラストが大集結の楽しい展覧会だったにゃ♪ 
近藤宗臣(そうしん)画伯がプロデュースにゃん・・・。

「喫茶室ピッコロ」というカフェが会場なので気取らないこじんまりとしたイラスト展だったニャ(=^・^=)

3月のイラスト展の様子はこの過去記事に・・・。
↓↓↓↓↓

グループ展「妖怪遊戯」開催中ニャン!飼い主もこっそり参加中にゃん。
2017/3/4(土) 午後 10:30 更新


イメージ 2
「河童と半魚猫ニャン♪」ウラジーミル・アスポン作

イメージ 3
ソマリ猫のプリン先輩・・・西遊記の沙悟浄(河童)
キジトラ猫のマリモちゃん・・・河童
チンチラシルバーのユキポン・・・半魚人

3ニャンの可愛さを損なわない妖怪といったら可愛いお土産物等にも多い「河童」な気がしました。後は、水棲妖怪繋がりだと「半魚人」です。猫は魚食なので水棲妖怪の方がいい気がしました。

遅ればせながら展覧会、お越し下さり感謝ニャンです・・・m(__)m

イメージ 16
↑上のイラストは展覧会に来てくださったブロ友さんの
Bさん&Eさん(犬)です。
尚、Bさん&Eさんは、それぞれバラバラに来て下さったけど一緒に描きました。


Eさんはワンちゃんなわけではないのです・・・(^_^;)。
でも犬のミニチュアダックスを飼われており、動物保護活動をされて普段から※犬の肉球にまみれ生活されています。(※猫の肉球も)
尚、動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信するブログをされています。さらに危険動物など獰猛な野生動物がどうもお好きらしく、可愛いペット系にとどまらない動物全般のブログです。

Eさんのブログ→http://etervalu.com/ (トップアドレス)



Bさんは御夫妻で来て下さいました。御主人もブロガーだそうですが、謎で知る人ぞ知るような・・・??

Bさん御本人のプロフィールの画像を真似して描きました。
実はBさんは、似顔絵が得意ワザなようで、その似顔絵のスキルはなかなかのものなのです。 
BさんがEさんの似顔絵を描いたのが似ていて、その似顔絵のある記事を頼りにEさんを某イベントで私は見つける事ができたほどです。

イラストのブログってわけではないのですが密かに似顔絵という得意技を持つBさんのブログでは自作で家具を作ったり生活雑貨をオシャレにアレンジするなど随所に器用な側面が見られます。
Bさんのブログ→http://not-hikkoshi.xyz/ (トップアドレス)

(飼い主より似顔絵、上手ニャ!ボソッ・・・プリン先輩)

3月は「妖怪遊戯」の展示会に来て下さったブロ友さん「え◯ばりゅさん」「ビー◯さん御夫妻」には感謝してやみませんニャ。 
御礼の記事を書くのがだいぶ遅れましたm(__)m


絵のメイキング

イメージ 4
いつも「デジタル画」の飼い主のウラジーミル・アスポン・・・。

「アナログ」はかなり久々らしいニャ。貴重な久々の「アナログ」なので制作途中の写真をバッチリ残しておいたそうニャ。

飼い主は筆圧強いので下描きはじかに本番の紙に描かないニャンです。
このようにトレース台という下から光を当てて写し描き出来る道具を用いて線を描いているニャン。
イメージ 5
「アナログ」はあまり最近しない飼い主は安いLEDの薄型トレース台を大手ネット通販の「楽天市場」で入手したニャ・・・。1,780円

ON/OFFのスイッチがないの安物なので、コードをバチッ!といきなり抜いて灯りを消すだけの代物だそうニャンです。
明るさの度合いも調整できないので、アナログ・メインの人には推奨できないニャンよ。大きさもA4迄なので、とりあえず安くすませたい人向きですニャ。

まともなLEDトーレス台は持ってたけど、ぶち壊れたし、もう一つでかくて分厚いトレース台は健在だけど大きくて邪魔くさいのでサブとして飼い主は購入したそうニャン。

イメージ 6
色塗りで紙が波打たないようにする「水張り」ニャ。

「水張り」も超・久々な飼い主でしたニャ。実は、一度、失敗して、新しい紙に線画を描き直し、再度、「水張り」をする羽目になったニャ・・・(-_-;)。

下描きのトーレスからのやり直しになったので、非常に面倒でウンザリしたそうニャンです。「アナログ」って・・・一つ、失敗すると最初からやり直しになって、辛いものらしいニャ(´Д⊂ヽ
イメージ 7
ボックス容器に入った「サクラマット水彩」が全部、カチンコチンに固まっていたのには驚きニャンよ・・・(゚д゚)!

一体、どれだけの期間、「アナログ」やってなかったニャン??呆れたニャン・・・。

飼い主を弁護するわけじゃないけど「サクラマット水彩」が置いてある環境も良くないのもあるニャンよ。飼い主は引っ越す前にいた場所は全部の部屋で物が劣化しにくかったのに、今いる家は、場所によっては特に陽射しと熱が強いのか物の劣化が激しいニャ・・・。ビニール製のバッグとかも1~2年で溶けちゃうほどに・・・。(プリン先輩・談)

つまり、飼い主自身も今の家では早く劣化して老けるって事ですニャンね?プリン先輩・・・。(キジトラ猫のマリモちゃん・談)

それを飼い主に言ったら、マリモの好物の蟹をもらえなくなるニャンよ・・・。(プリン先輩・談)

蟹はマリモの好物ニャンですから本当の事でも飼い主が超・劣化しているとは言わないようにしますニャ!嘘も方便ですニャンね・・・。(マリモちゃん・談)

劣化が早いのは同じ家に暮らすマリモも・・・ニャ〜よ!(プリン先輩・談)

嫌ニャンです!マリモはいつまでも劣化しないニャンです!(マリモちゃん・談)

しかも、物が劣化しやすいゾーンにマリモが一番、よく行ってるニャ・・・!(プリン先輩・談)

そんにゃあぁ〜最悪ニャンです!ガ〜ン_| ̄|○ il||li!(マリモちゃん・談)

イメージ 12
ひからびた絵の具を溶いて描くのも厄介で結局、新しいのを購入した飼い主ウラジーミル・アスポンにゃんよ・・・(;^ω^)。

絵の具の世界も進化していて、同じ「サクラマット水彩」なのに、語尾に「マルチ」が付いた「サクラマット水彩 マルチ」は、本当にペットボトルにも描けるし、それでいて水で洗えばスグ落とせるニャンよ。従来の「サクラマット水彩」より服に絵の具が付いても落としやすいらしいニャ。 
尚、飼い主は服に絵の具をこぼしてないから、その点はよく分からないらしいニャン。でも確かにパレット等の後片付けは幾分か楽だったそうニャ。

昔ながらのかNEWタイプの「サクラマット水彩」か、どちらを購入するか迷ったけど、飼い主はNEWタイプの「マルチ」を試す事にしたそうニャン。 工作に使える面白そうな「マルチ」ですが、水で溶いた時、少しザラつきがあるようにも感じたそうニャンよ。でも仕上がりは従来のと大差ない感じだそうニャ。

イメージ 8
絵はともかく実際の物には「輪郭線」がないニャン。だから飼い主は明確な「輪郭線」をつけずに絵を仕上げたらしいニャ。

線画は、目立たないように絵の具の塗り重ねで隠せる「鉛筆」にしておいて「輪郭線」の目立たないナチュラルな絵にするつもりが、いまいちパッとしないニャン・・・。

イメージ 9
「輪郭線」の存在なしだと、主役の我々3ニャンが背景に埋もれハッキリしないのニャ。
他の人の絵で輪郭線のない絵はいっぱいあるけど、それは色の対比や明暗の付け方でうまく主役を浮き立たせているニャ。でも飼い主の絵のスペックは高くないのでいまいちパッとしないニャ。

それに絵柄との相性があるニャンよ。飼い主の絵柄には輪郭線無しはどうも合わないようニャン・・・。
イメージ 10
結局、「輪郭」を筆で全部付けたのが上↑の絵ニャ・・・

イメージ 11
「アナログ」ってつくづく面倒な気がしたニャン・・・。絵自体が描き終わった後も板から破けないように絵を剥がし額装して、その後の発送作業・・・この「発送作業」が面倒だったニャンです。
・・・送るのに丁度いい大きさの梱包資材がなかなか見つからない時点でもはやウンザリしてきたそうニャ・・・。

デジタルに毒されていると、「アナログの面倒さ」がたまらなく煩わしいものだったそうニャンよ。

デジタルだと「ファイル共有サイト」にデータ・ファイルをアップロードしてオンライン上で提出は完了して楽ちんなので、最近はもっぱら、この方法でイラストや漫画等を提出するそうニャン。

久々の「アナログ」で、梱包に手間取り発送だけで半日以上、潰したそうニャンよ・・・(-_-;)。
はっきり言って、直接、会場まで届けて往復しても同じ?なのではないかという手間取りようだったニャン(;・∀・)。
イメージ 13
なにせ、会場が休みで一度、荷物が宅配便の営業所に戻され再配達になった為、提出期限に間に合うか危うい状況になったぐらいなので、余裕が微妙な時は自力で届けた方が確実だったのニャ。

あぁ、「アナログ」って・・・「アナログ」って面倒ニャンですね!

展覧会でもなければ、とてもやる気がしないと飼い主が吠えていたニャン・・・。(特に提出方法が面倒・・・)

久々に「アナログ」の面倒を乗り越えてやった今回のグループ展「妖怪遊戯」への参加、飼い主にとって有意義だったそうニャンよ。

言い訳にゃんですが・・・

こんなに記事の遅いちょっとした言い訳としては、既に展覧会に来て下さったブロ友のEさんが記事に取り上げてくれたので、自分が記事にしなくてもまぁ、いいか・・・みたいな気分になったんですね・・・(;^ω^)そのEさんの元に私とも親しいブロ友さんも何人か訪れて既に観て下さっているみたいなので・・・。
それに青い小鳥のSNSでは既に「河童と半魚猫ニャ♪」の絵は流していた気もしますし・・・。

でも、この「YAHOO!ブログ」内のブロガーさんには披露してない感じになっていましたね・・・。

既に某Eさんのブログを観た方には「又か!」みたいな内容ですけど、未だ観てない方もいるでしょうから遅ればせながら記事に・・・。

そして私が「妖怪遊戯」に参加する事になったキッカケとなったブロガーの他ならぬ紅玉さんに未だ出品作を見せてないのです。

紅玉さんは「妖怪遊戯」に参加されるので観に行く事にした私が、未だ募集中である事を知り、観に行くついでに参加する事にしたというのが参加の経緯です・・・。

一番、肝心な方、紅玉さんに見せてないですね・・・。
超、遅ればせながら記事にしたニャンです。
イメージ 15

紅玉さんのブログ
「妖怪遊戯」の出品作&絵の説明も掲載!
18:51更新(ライブドア)

紅玉さんの作品が観られるイラスト・サイト


尚、飼い主と青い小鳥マークのSNSでも繋がりがある方・・・なかでも※Erinaさん(YAHOO!ブロガーさん以外)は、既に「河童と半魚猫ニャ♪」の絵は見ておられるかもしれないですニャンね・・・。
・・・でも、とりあえず、お付き合いのほどを宜しくニャンです。

ちなみに・・・※Erinaさんのブログは ↓
猫・ネコ・ねこが大好き!

イメージ 14
↑Erinaさんの所のモコちゃんのつもり・・・
観ないと損するニャンですよ↑正統派の毛並み美しく可愛い3ニャン勢揃いな豪華なペルシャン城!モフモフですニャ(=^・^=)


ブログサークル・猫友のブログのリンク紹介にゃん((≡゚♀゚≡))
https://blogcircle.jp/commu/202/topic/2
ブログ更新しました!♡今日の愛猫日記♡ | ブロトピ | ブログサークル

『猫・ネコ・ねこが大好き!』 
↑ペルシャの3ニャンがモフモフ可愛いニャンよ♪何とモデル猫にも・・・。
『ロシアンブルー 猫の物語』←グリーン・アイが特徴ニャ。
『野生児ばんざい!』←猫&猫絵も金魚も見られるニャン♪
『ラムネときなこのキャッツな日常』←オッドアイの2ニャン娘ニャ♪
『ペットの健康』←ウルトラみたいにセブンちゃんエイトちゃんの名の猫さん♪
『ニャ菓子製菓』←タイトルの通り節々で猫のお菓子作りに挑戦♪


  • 6/21と投稿日にありますが、実際に公開状態にしたのは6/30です・・・(-_-;)。

    都合により書きかけの記事で、本日、全部書いて、公開ニャンです。

    ウラジーミル・アスポン

    2017/6/30(金) 午後 8:13

  • こんばんは!

    一番海苔〜!?←字が違う…(;^_^A

    あのTシャツの絵はこれだったのですね!
    てっきりアクリルで描かれた物だと思っていましたが…
    水彩なんですね。

    一度に感想すべて書いたらもったいないので、今回ははじめの写真!

    どうやって作ったかがわからないですね。(;^_^A
    是非知りたいです。

    気持ち悪いのが苦手な私ですが…
    絶えられるぎりぎりの線です。(;・∀・)

    一番海苔がなくなってしまわぬよう…投稿ボタンを押させてもらいます。

    毎回面白い記事、ありがとうございます!

    いぬあたま

    2017/6/30(金) 午後 9:59

  • いぬあたま様:

    海苔はキジトラのマリモ様が好む物です。
    一番海苔のように新鮮ならムシャムシャお召し上がりになります・・・。

    Tシャツにもした絵です。水彩といっても透明感がない不透明水彩です。
    水彩っぽさはなくポスターカラーでやったぽい作品になっています。
    アクリルも透明感ないですからそうも見えますね・・・。ほんの一部アクリルも使用しています。

    最初の変な写真は、私が作った合成写真ではなく・・・「へんてこカメラ」というスマホのアプリで写すと複眼で写るのです。
    プリン先輩は液晶画面に写る普通の先輩の写真を「へんてこカメラ」で撮影して複眼にしたのです。

    実際、こういう猫がいても結構、可愛い気もしてきました。
    たいていは育たないで亡くなる気もしますが・・・。

    今回ボリュームのある記事なので分けての感想、嬉しいニャンです。

    ウラジーミル・アスポン

    2017/7/1(土) 午後 4:34

  • またまたこんにちは!

    今日は暑いですね。
    私は早速冷たい物で…(;・∀・)

    今日も絵の事で。
    輪郭線!
    アスポンさんの絵を見ると、はじめペン入れをしてからの色塗りかと思いました。
    後からだったのですね。
    それも筆で!?
    コピックか何か使って入れた様な綺麗な線ですね!
    結構後から入れると、線がずれたり…しませんでしたか?
    (;・∀・)

    今の額縁はアクリルか、塩ビ?の透明シートですが、昔の額はガラスでしたよね。
    運ぶ時心配になりますよね…
    重いし大きいし…
    運送屋さんではガラスの額って言った時点で保障しませんと言われる事も…

    100均の額もⅬ版当りはまだガラスが入っていた様無きがします。

    最後のリンゴとプリンちゃんの絵。
    ちょい悪プリンちゃんみたいでカッコイイ?可愛い?ですね!

    何か気づいたらまたコメントします!
    よろしくお願いしますね。
    (*'ω'*)ノシ

    いぬあたま

    2017/7/1(土) 午後 4:51

  • いぬあたま様:
    コメント嬉しいコンです。細やかに読んで下さり、感謝ですニャ・・・。

    【妖怪遊戯】は輪郭をそもそもシッカリ描こうか迷っていた事もありますが、不透明水彩なので先に輪郭描いても色塗りで潰れるから、後入れにしました。
    尚、透明水彩やコピックなら先に輪郭入れます。
    その次の「都市伝説」をテーマにしたのもメイン画材は顔彩で輪郭は後入れでした。

    表面が塗りでザラッとしているので筆の方が無難のように思い筆で輪郭いれています。
    均一で細い線ならコピックの方がいいかもしれないですけど・・・。私の絵は線が太いので筆でも大丈夫なようです。後入れだとずれる心配より、むしろ塗りのはみ出しを線で隠蔽できて便利なようです。

    ウラジーミル・アスポン

    2017/7/1(土) 午後 11:15

  • いぬあたま様:
    私の「妖怪遊戯」で使用の額縁は◯◯△均の安物ですから、たぶん塩ビのシートの方です。薄くてペラっとしています。爪で傷もつきやすいです。
    ガラスが入った額縁は高級そうな外見でも画材屋ではセールになっている事が多いですよね・・・。
    額絵のガラスはうちではペットもいるので厳禁なので、ガラスを抜き、飾る事もあります。
    100均でも小さい写真立てはガラスで危ないですね。

    リンゴは紅玉さんのペンネームにちなみ・・・。プリンちゃんは一応着物を着て、煙管(キセル)を吸っています。紅玉さんが着物好きでキセルに詳しい方なのです。

    ウラジーミル・アスポン

    2017/7/1(土) 午後 11:16

  • こんばんは。
    初めのユキポンさんの百目はナイスです、こわっ

    イラストの方、夏に涼しく笑える作品ですね。
    ユキポンさんの半漁人がハマってます。
    前回の紫陽花も良かったですけど、
    意外なコスプレーヤーかもしれませんね。

    プリン先輩はスターな感じです。
    脇役の沙悟浄が主役級になってますね。

    骨の数々はマリモちゃんが食った残骸でしょうか?
    まだ食い足らず鯉を狙ってますね。

    楽しかったです。

    干からびた絵の具に搬入作業おつかれさまでした。

    メーテルピンク

    2017/7/3(月) 午後 7:58

  • アバター

    こ、これがアスポンさんの妖怪遊戯なのですね!
    カワイイ〜〜〜〜
    (にやけている紅玉をご想像ください)
    3にゃん娘はどんな格好でも可愛いとばっちり再認識しました!三者三様、しっかり様になってるし
    あと真ん中あたりにいるカエルさんがいいお味。

    アナログで描かれたのですね。
    おお・・・・アナログとはかくも手間のかかるものなりけり・・・画材の経年劣化、トレース、水張り!
    大変だったんですね。わたしには絶対無理^^;

    プリン先輩の着物に煙管、嬉しいです!
    ちょっとお化粧してるプリン先輩はレアものじゃないですか!?
    その上わざわざリンクまで〜恐縮です〜
    楽しく読ませていただきました。
    ありがとうございました!

    紅玉

    2017/7/4(火) 午後 8:00

  • メーテルピンク様:

    はじめの百眼妖怪は、スマホのカメラ「へんてこカメラ」で撮影するとお化けみたいに撮れるのです。特にユキポンが迫力ありますよね。白いから他の子よりハッキリします。

    3月にやったイラスト展ですが絵は全体的に夏向きですよね・・・。
    ユキポンさんの半魚人の扮装お気に入りです。
    紫陽花のも紫陽花のコスプレでした。
    実際、この絵は猫が妖怪になった絵ではなく猫が妖怪のコスプレをしているという設定です。まさにコスプレイヤーです。

    西遊記の脇役沙悟浄もカリスマのプリン先輩がやると主役な雰囲気に見えたようで嬉しいです。

    妖怪が人間を喰うというので残骸の骸骨の描写は付き物ですが、猫の骸骨なのでよく考えたら共食いです( ゚д゚)ハッ!でも妖怪猫は共食いも辞さないですね。飽くなき食欲のマリモさんには錦鯉が高級品だという事は通用しないでスキあらば食べます。

    干からびた絵の具のせいで、溶きが十分でなく水面の塗りは色ムラになりました。搬入は、梱包が本当に時間かかりました。

    ウラジーミル・アスポン

    2017/7/5(水) 午前 0:16

  • 作品を拝見できて嬉しいです。
    猫で妖怪というと猫又などが思い浮かぶので、カッパと半魚人は意外でした。
    マリモちゃんのカッパは高級ズワイガニを捧げないとひどい目に合わされそうな感じですね。

    [ 藤川祥久 ]

    2017/7/5(水) 午前 0:19

  • 紅玉様:

    妖怪遊戯・・・。全体的にカラフルになってしまいました。
    3ニャンが妖怪のコスプレをしている設定ですが、実物でも似合いそうです(#^.^#)
    カエルさんも着目して頂けて嬉しいです。河童とカエル・・どちらも日本のお土産物の置物に多そうな感じです。

    アナログ。・・これは本当に久々で手こずりました。
    画材の絵の具、経年劣化が久々っぷりを物語っています。水張りも失敗して新しい紙に下絵のトレスからのやり直しになりました。
    描いた物も今後、経年劣化しますね。

    デジタルは劣化はないようでいて、非常に厄介な問題がありますね。
    作ったものがOS等の変化で正常に見られなくなる可能性が高いです。私が6年前に作った漫画、今開くと、文字のレイアウトが崩れます。

    プリン先輩の着物と煙管と林檎(紅玉林檎のつもり)は日頃の紅玉さんをイメージしたものです。
    煙管やっているならお化粧して色気を漂わせないといけないです。色気は3ニャンの中でプリン先輩が一番あります。

    ウラジーミル・アスポン

    2017/7/5(水) 午後 10:20

  • 藤川祥久様:
    公開が予定よりかなり遅くなってしまいました。なんか他の季節の行事等の記事を公開するうちに忘れていたんですね。
    ネコで妖怪というと化け猫や猫又ですが、3ニャンにした場合、キュートになり只の普通のネコさんに見えてしまいそうで、うまく化け猫にできそうにないのでネコ以外の妖怪に扮装させました。
    河童とか半魚人は共に水棲妖怪で、魚食動物の猫には合うし、猫さんの可愛さを損なわない妖怪はお土産物に多い可愛い河童でした。
    マリモちゃんは、かなりお高い高級なズワイガニ・・・(越前-福井県)がきっとご所望ですね。1匹一万2千~1万8千前後と恐ろしい値段です。

    ウラジーミル・アスポン

    2017/7/13(木) 午後 5:00

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事