ここから本文です

書庫全体表示

シルクロード検定・・・
受験したものの・・・(~_~;)

https://cat.blogmura.com/cat_picture/ranking.html にほんブログ村
猫絵・猫漫画 ↑クリックして下さると嬉しいニャンです!(*´艸`*)

https://blog.with2.net/link/?1794002:1348人気ブログランキング
こっちも、クリックして下さったら、とても、とても在り難いニャンです。

 

イメージ 1
【第1回シルクロード検定・・・】
2018年3/11(SUN)に我々の飼い主のウラジーミル・アスポンが受験したニャンよ・・・。


「シルクロード」とは、中国の長安(ちょうあん)からイタリアのローマまでの絹織物を代表とした陸路による交易の道の事なのニャ・・・。
イメージ 2
大航海時代など航海技術が発達して海路が主流の時代になると、陸路の「シルクロード」は壊滅的に寂れていったのニャ。
かつては、隊商宿(たいしょうやど)など旅人が泊まる宿がたくさんあって賑わっていたみたいだけどニャ・・・。


シルクロード検定」には3級と2級の試験があり・・・
飼い主が受験したのは2級の方にゃ・・・。

受験会場は東京と大阪の2会場のみ・・・。

飼い主が出かけたのは大阪会場ニャン・・・。

しかし、受験して驚愕したそうニャン・・・。
「シルクロード検定」が人気の無い検定だという事は、ネット等による情報で、飼い主も薄々知ってはいたものの・・・

わずか受験者が12名程度(注:大阪会場だけの数)ニャン・・・。

飼い主のウラジーミルが受験したのは、2級で・・・
3級に比べたら受験者は少ないと思うものの・・・

わずか※12名程度は少な過ぎだニャンよ・・・。

※正確に言えば、大阪会場の2級の申し込み人数は、机に貼ってある受験番号票の数から考えて、18名程度だったけど、欠席者がいたため、実際の受験者数は12名ほどだったそうニャン・・・。

東京会場の受験者数は知らないけど、この分じゃ大阪と合わせても2級は50名を超えてない気もすると飼い主のウラジーミルが言ってたニャ・・・。
3級はもっと、受験者がいるだろうけど、とにかく「シルクロード検定」の人気の無さは予想よりヒドイ状況だニャンね・・・。

難有り続きの「シルクロード検定」

実は、この「シルクロード検定」は、開催されるまで色々、難ありな事だらけだったそうニャ・・・。それも人気の無さに拍車をかけていそうニャ・・・。

まず、本当は2017年9月24日(SUN)が受験日だったのに、検定の運営が試験問題を準備できず翌2018年の3月11日(SUN)にまで試験が延びたそうニャ。

公式テキストも予告した時期に一向に発売されず、飼い主もどうやって勉強すればいいのか不明慮な状態が続いたニャ。去年の12月にはA5小冊子の「例題集」をタダ配り・・・。
たぶん、受験者へのお詫びとしてだろうニャ・・・。
イメージ 3
試験日が迫っても「公式テキスト」が発売されないと思ったら・・・
最終的には試験1ヶ月前に受験者全員にA4「公式テキスト」2冊&検定ガイドを無料で郵送してきたニャ・・・。

しかし、詫びにしても全てをタダ配りは驚きニャ・・・(;'∀')
イメージ 4
ちなみに公式テキストさえも試験が迫っても一向に販売されてないのでは、多少、シルクロードに興味があっても受験をする気になれなかった人間もいただろうニャ・・・。

飼い主は、公式のテキスト等のない間、80年代のNHK特集「シルクロード」のDVDを観て勉強代わりとしていたし、他の受験者も似たようなものかもしれないニャ・・・。公式テキストが出るのが遅くて勉強し辛い検定だニャンね・・・。
イメージ 7

1ヶ月前にタダ配りされた公式テキストによると、飼い主の持ってる80年代版でなく2000年代放送のNHKの特集の「新・シルクロード」の方に試験は合わせてるとの事で、飼い主ウラジーミルの顔つきが強張っていたニャンよ・・・(; ・`д・´)。

猫とシルクロード

ところで・・・・・・
もしかして我々、猫もシルクロードの交易品と共に旅したかもニャン・・・。
交易品をネズミの害から守っていたかもしれないし、我々「猫」そのものに価値があったかもしれないニャン・・・。
イメージ 6
多種多様な猫種のニャンコも「シルクロード」を通って各地に伝わったかもしれないニャンよね・・・。

キュートな我々、「猫」とも「シルクロード」が関係しているかもしれないと考えると、少しは「シルクロード」に興味が沸く人間も増えそうニャんね・・・。

なにしろ、猫は最強の人気っぷりで、この世で猫ほど人を夢中にさせる存在もないのニャ!

【余談】別な検定との比較

余談だが、飼い主が去年、受けた別な検定・・・「ねこ検定」は、すごく人気だったそうニャ・・・。ちなみに「ねこ検定」とは、猫に関する知識を問う猫愛を証明する検定にゃ。
たった12人程度しか受験者のいない「シルクロード検定」と違って、「ねこ検定」は凄い盛況ぶりだそうニャ!

当然と言えば、当然だニャ!我々「猫」に関する検定にゃのだから・・・。
世の人間共は我々、猫の魅力には抗えないという事が証明されたも同然ニャ!

「ねこ検定」は、会場も大きな大学のキャンパスで、試験会場の教室も広々としていたニャ・・・。受験人数が多いので、1つの教室では足りず2〜3個の教室に分かれての受験だったニャ・・・。
イメージ 5

ちなみに人気の「ねこ検定」は、今年も開催されるそうニャ!
第2回「ねこ検定」は2018年3月25日(SUN)公式サイトはこちら

飼い主ウラジーミルの猫友のErinaさんは今年も受けるそうニャ・・・。
去年、飼い主は、この猫友さんのブログから「ねこ検定」の情報を知り、「ねこ検定」を受験したのニャン。受験会場は違うけど、同時刻に同じ検定を受けたのはいい思い出だそうニャ。この検定で猫愛が深まっただけでなく猫友との絆も深まったらしいニャ・・・。


飼い主のウラジーミルは、今年の「第2回 ねこ検定」は受けないが・・・
人気のある検定はおそらく「第3回」も行われる可能性が高いニャ。


それに引き換え・・・「シルクロード検定」は、今回が最初で最後になりそうな感じだニャンよ・・・。願わくば第2回が行われる事を祈りたいと我々の飼い主のウラジーミルは言っているものの・・・。この調子では厳しいニャンね・・・。


それにしても「猫・最強」だニャンね。

(ソマリのプリン先輩・談)



ブログサークル・猫友のブログのリンク紹介にゃん((≡゚♀゚≡))
https://blogcircle.jp/commu/202/topic/2
ブログ更新しました!♡今日の愛猫日記♡ | ブロトピ | ブログサークル

『猫・ネコ・ねこが大好き!』 
↑ペルシャの3ニャンがモフモフ可愛いニャンよ♪何とモデル猫にも・・・。
『ロシアンブルー 猫の物語』←グリーン・アイが特徴ニャ。
『野生児ばんざい!』←猫&猫絵も金魚も見られるニャン♪
『ラムネときなこのキャッツな日常』←オッドアイの2ニャン娘ニャ♪
『ペットの健康』←ウルトラみたいにセブンちゃんエイトちゃんの名の猫さん♪
『ニャ菓子製菓』←タイトルの通り節々で猫のお菓子作りに挑戦

この記事に

  • アバター

    シルクロード検定とは、その存在も知りませんでした。
    絹織物が国から国へ運ばれた陸路・・・
    おそらくついでに運ばれたものもあったりしてw
    それにしてもひどく寂しい状況でしたね

    ねこ検定は大盛況!はい、マリモ様の可愛らしいおでこにひれ伏します(笑)
    ねこ飼いさんなら余裕でしょうか?ねこさんの安全な生活をお守りするためにも一役買いそうですね!

    紅玉

    2018/3/13(火) 午後 2:31

    返信する
  • こんばんは!

    シルクロード検定…(;^_^A
    民間の検定でしょうけれど…どこでもこういう事をやっていいのでしょうか?
    NHKのシルクロードを元に…って時点でちょっと怪しい検定ですね。
    人気があった80年代のシルクロードからの出題ならよかったですが…
    新の方はあまり人気なかったですからね。(;・∀・)

    おきつね検定とか…
    ないでしょうね。
    最近知識がないのに動物を飼う人が多いみたいです。
    飼い主検定(資格)がないと飼えない様にしてほしいですね。

    問題
    猫にカニを与えてはいけない。〇・×?

    (;^ω^)

    いぬあたま

    2018/3/13(火) 午後 5:10

    返信する
  • こんばんは。
    何か儚く切なくなって来ますね。

    シルクロードを旅する番組など結構人気があると思いますが・・・
    中央アジアの市場の雰囲気や建物のデザインが良いですね。

    皆さんどんな目的を持って受験されるのでしょうか?

    メーテルピンク

    2018/3/13(火) 午後 7:08

    返信する
  • シルクロード検定って初めて知りました!!
    歴史好きのマミ〜は、めっちゃ興味あります!!
    ただ、試験までの運営側のずさんさが出てますね・・・。いくら人気が無いとはいえ、一度検定の日程を発表したのであれば、きちんとしてくれないと受験者側は不安になりますね!!

    ネコ検定もあるんだぁ〜!!
    シルクロード検定もネコ検定も、県内に受験会場があれば絶対に受けたいと思います
    !!

    綾波マミ〜

    2018/3/15(木) 午前 4:18

    返信する
  • 紅玉様:
    知る人ぞ知る・・・人数少ないので幻の検定になりそうです。
    去年の「ねこ検定」を申し込みの時、検定サイトのサイド・バーなどに宣伝が出るので、「シルクロード検定」の存在を知り、思わず申し込んだ次第です。

    試験が行われただけでも「良し」です。見たところ中止になっても不思議ではないほど完全に赤字検定でした。

    たった12人・・・(;´∀`)。東京の方はもう少しいると思うけど閑散として驚きました。

    昨年の三月に受けたねこ検定との差があり過ぎて・・・。「干からびた砂漠」と「ツンデレの可愛い猫様」では・・・。
    くらべものにならないでしょう。猫の方が圧倒的に魅力ですよね・・・。
    猫の代表、マリモちゃんのオデコ・・・なでなで・・・。猫っていいものです♪

    「ねこ検定」は猫飼いなら、あんまり勉強しなくても初級は受かると思います。実際、私も一夜漬けで受かりました。
    猫を飼う上で必要な知識をおさらい出来て良かったです。

    ウラジーミル・アスポン

    2018/3/15(木) 午後 5:38

    返信する
  • いぬあたま様:
    無料で貰った公式テキストが何とNHK出版で過去に発売した番組の本を抜粋して再構成した物です。
    NHKから許可を貰ったそうですけど・・・。
    手抜きな事には、旅情報のバスの運賃や行き方などは発売当時(10年以上前)の情報のままな事です。


    検定、人気の80年代版に準拠してくれなきゃDVD代が・・・!
    新の方は確かに人気ないですね。主要な見所は旧でやりましたニャ・・・。

    おキツネ検定も、そのうちやる可能性もあるかもしれないです♪色んな検定があり、流行りの漫画の「進撃の巨人」検定もありますね。

    飼い主検定というのは、あると確かにいいですよね・・・。
    飼い主によって飼い方の考えは違うけど、検定は一つの指標になるコン。

    猫に蟹は加熱されてれば可。キャットフードにも蟹を含んだ物もあり・・・。しかし頻繁にあげるのは推奨出来ませんよね。でも、値が高い傾向にあるので頻繁にあげる事は、ほぼ無いコン。

    しかし火曜は比較的安い紅ズワイガニのほぐし身を献上。その前日のマリモ様は検診で注射され可哀想だったので、慰めの為です。

    ウラジーミル・アスポン

    2018/3/15(木) 午後 5:41

    返信する
  • メーテルピンク様:
    会場は東京の方にもあるので、そちらはもう少し人数いるにしても寂しい検定でした。
    仮に合格しても今後、行われない検定では、むなしい感じもします・・・(-ω-;)ウーン。

    干からびた砂漠で過疎地っぽい所が多いとはいえ、中央アジアの雰囲気、市場や建物等の分かは魅力ですよねぇ。

    このシルクロード検定の他の受験者がどういう目的で受験する気になったのかは興味があったので、受験前にSNSで他の受験者の情報を検索しました。

    ありとあらゆる「検定」を沢山受けるのが趣味みたいな人が何人かいました。
    その方達が他に受けたのが世界遺産検定だとか何かと歴史がらみでした。
    歴史好きがきっと受けた気がします。
    尚、シルクロード検定は、単なる趣味・教養的な物のようです。
    お仕事等の資格取得系の役立つ検定ではないですね・・・(;^ω^)。

    私が受けたのは80年代に放映のNHKシルクロードの番組が好きで、レーザーディスク(DVDの前身の光磁気ディスクで現在、製造無し)まであり、よく観てたからです。今は、DVDに買い換えて観てます。

    ウラジーミル・アスポン

    2018/3/15(木) 午後 5:57

    返信する
  • 綾波マミ〜様:

    人数が集まらなくて試験日を延ばしたのかも・・とも思えるけど、そんな事したら信用なくすので、単にずさんだったんでしょうね・・・(~_~;)。
    シルクロードの範囲が広大なので、どこから出題するか迷う出題者の気持ちも分からなくもないのです。しかし、勉強しにくいので本当に参りました。
    試験1ヶ月前にやっとテキストが揃ったのです・・・。私が持っていた方の80年代版のシルクロードのDVDの方ではない方が出題範囲なのもショックです。

    「ねこ検定」は、もう締め切ってますが、今年は今月25日(SUN)に行われます!
    ちなみに昨年、受けた「ねこ検定」の申し込みサイトのサイド広告等で、「シルクロード検定」を知りましたよ。
    「ねこ検定」は、結構人気なので、そこそこ開催都市も多いです。
    仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡です。

    「シルクロード検定」は東京、大阪だけでした。検定によっては、47都道府県全部でやりますから、差がずいぶんあるものです。

    ウラジーミル・アスポン

    2018/3/15(木) 午後 6:15

    返信する
  • 顔アイコン

    昨年第1回目が行われた「ねこ検定」は全国でなんと受験者数は約4,000名で、テレビ番組まで放映された人気でしたね🎶😺
    しかし!!シルクロード検定は、世界遺産にも認定されているとかで、16世紀までは新幹線替わりのルート、ラクダに乗ったイメージですね。それにしてもわずか12名とは!絶対に合格間違いなしでは(笑)大赤字だから次回やるかどうかわからないけど、良い経験でしたね!興味のある試験受けるのっていい事だと思います。でも猫とシルクロードとの関係性もあるともっと人気でたかもですよね😺猫友としてご紹介いただきありがとうございます💖😺 削除

    [ Erina ]

    2018/3/17(土) 午後 2:50

    返信する
  • 夜分遅くに失礼します。

    珍しい検定があるものですね。
    どのような経緯でアスポンさんが件の検定を知ったのかも興味深いところです。
    探してみれば、同等かそれ以上にマイナーな検定が見つかるやもしれませんね。

    運送経路が限られていた当時は、貿易の盛んな街の賑わいが格別だったのではと思います。
    未知の品や異邦の人々が溢れて、さぞかし絢爛な時代だったことでしょう。
    オリエント世界の風情もあって、心惹かれます。

    ねこ検定の人気は、それは猫様だから当然といえば当然ですよね。
    そのうちフクロウ検定とか、ハリネズミ検定、カワウソ検定なども出現するのではないかと思ってみたり。

    [ 藤川祥久 ]

    2018/3/18(日) 午前 1:12

    返信する
  • シルクロード検定初めて知りましたが、
    でも、今、色々な検定が流行っているみたいですね。
    興味のある事柄の知識をただ漠然と頭に入れるだけでなく
    こうして検定があると励みにもなり気合いが入りますね^^♪

    うん、うん、猫ブームの昨今猫検定は大人気でしょうね^^♪

    みんが初めての猫だった事もあり、
    みんとの暮らし初めは猫育書など何冊も買っては読んだり、
    ねこのきもちも定期購読していたり、
    その他の猫雑誌も書店で毎月買って読んでいましたけど、
    気が付けば今ではまったく読まなくなりましたぁ〜σ(≧ω≦*)

    anne

    2018/3/18(日) 午前 10:35

    返信する
  • Erina様:
    4000名・・・。その中に私もErinaさんもいたのですね。
    今年、受けたシルクロード検定との差が凄いです。大赤字の不発な検定です。
    シルクロードと聞くとやや乾いた砂漠が重い浮かび渋すぎるので、魅力に乏しいのかもしれないです。
    16世紀迄なのですよね・・・・。もう大航海時代に突入してから寂れてしまい栄華は失せしまってるので、廃墟のようなすすけた所が多いです。

    どうせなら全員合格にして頂きたいです。Erinaさんと同じく、うちの家族も「たったそんだけしかいないなら全員サービス合格にしてくれたりして!」と言ってました・・・。どうせ第2回はなく今回きりになりそうですし・・・。

    行く前からネット等で人気なさそうだと聞いていたので、次回はない、これで最後だと思うと、貴重、かつ希少な経験になりました。

    ちなみにシルクロードの事も猫との絡みでやっていくなど紹介の仕方によっては人気も出る気もします。尚、シルクロード検定を画像検索するとErinaさんのブログが出ますよ。
    「ねこ検定」と同じ運営ですからね。
    次の受験、もうすぐですね!頑張って下さい!

    ウラジーミル・アスポン

    2018/3/18(日) 午後 4:16

    返信する
  • 藤川祥久様:
    このシルクロード検定は、昨年受けた「ねこ検定」を受ける時の申し込みサイトで知りました。サイドバー等に別な検定の宣伝が色々と出ます。
    「ねこ検定」と「シルクロード検定」は、同じ検定運営会社がやってます。
    この検定サイトには、変わった検定が沢山です。
    資格取得ではなく趣味的な検定が多いです。奇妙な検定もあります。

    「真田三代戦国歴史検定」・・・・真田家だけの検定・・・。
    4回も既に開催しているので人気らしいですが、1家系だけの検定なんて奇妙です。 日本史とか戦国全体なら分かるのですが・・・。

    シルクロードは航海技術の発達で寂れてしまいましたね。昔は賑やかで活気あったけど、シルクロードのNHK取材班が行った時は、宿も食事処もロクにないので、昔の旅人より大変な気がします。オリエントの空気中央アジアのかつての雰囲気に思いを馳せる検定でした。

    フクロウ検定は現在は見つかりませんが、そのうち開催も不思議ではないです。
    フクロウ喫茶とかフクロウ人気も凄く、私は3回ほど行ってます。
    ハリネズミ検定とかカワウソ検定はさすがに無さそうですが楽しいですね!

    ウラジーミル・アスポン

    2018/3/18(日) 午後 4:29

    返信する
  • anne様 
    今、色んな検定がブームで、こんなヘンチクリンな検定あるのかという驚きの検定試験も多いです。もはや、学問でも何でもないような・・・。
    アニメやマンガの検定とかもあってビックリですΣ(゚Д゚)
    進撃の巨人とかNARUTOという漫画の検定まで・・・。

    シルクロード検定は人気ないだけで、「えっ!」と驚くような要素はないですね。
    やや渋い印象なだけで・・・(;^ω^)。

    仕事に繋がる役に立つモノではない、ただの趣味的な検定にしても、検定がある方が趣味にも貼り合いが出るし、自分の知識のレベルも気になりますよね・・・。

    資格取得など仕事に繋がる検定以外、受ける意味ないってうちの家族から言われはしますが自己満足の世界もいいはずです。

    ちなみに私も最初の猫のプリンちゃんの時が一番、熱心に猫本とか買ったり読んだりしていました。

    ウラジーミル・アスポン

    2018/3/18(日) 午後 5:41

    返信する
  • anne様◆
    今の2ニャンの時代になると、あまり猫本買わなくなり、猫漫画もそう熱心に読んでいなかったです。
    でも、去年は長年の飼育経験とテキストだけの勉強で簡単に「ねこ検定」に受かりましたよ。

    ここ数年、猫本を熱心に読んでいませんでしたが時代は進んだので、又、読んでみると違った発見も得れそうですね。

    ルンちゃんが大変な事になっていますね!エリザベスカーラーつけて対処されてますね。しかし、今はカラーは外されたようですね・・・。
    しかし、ベランダから下の階に落下したとかではないようですが、それでもかなりの大怪我となりましたね。ベランダはコンクリで硬いのと爪がたまたまグサッと刺さったのが原因のようですね。
    春になると虫さんも出没するし温かいとベランダに出て活動的になるので起きた悲劇ですね。早く爪が元に戻るといいですね。

    ウラジーミル・アスポン

    2018/3/18(日) 午後 5:42

    返信する
  • anne様:
    しかし、虫絡みでこうなったのは、みんちゃんのセミと同じような理由ですね・・・。
    獲物を見つけてはしゃぎ過ぎてしまうんですね・・・。
    生え始めの爪の姿を過去記事で見て、丸いので驚きです。イメージと違いました。

    温かくなると、活動的なので事故等起きやすくなったようですが、ルンちゃんは、家猫さんだから怪我までですんでいるのですね。anneさんの家の中で飼われていて良かったです。

    記事読んで驚いたのは、近所で猫さんが交通事故にあってanneさんが警察に連絡したり市役所に連絡など・・・わりと同じような悲劇が立て続けにありましたね・・・。
    外にいる猫は危険がいっぱいですね。

    ウラジーミル・アスポン

    2018/3/18(日) 午後 5:42

    返信する
  • 2018/3/28(水) 午後 6:30更新の記事・・・

    3月28日は「シルクロードの日」ニャ♪ ( 世界史 ) - 猫ヶ洞池本舗 - Yahoo!ブログの以下の記事も関連記事ですニャ!

    https://blogs.yahoo.co.jp/ivanraitei/15303167.html#15317266

    ここでは、古いNHK特集 シルクロードの当時モノ(80年代発売品)のアイテム・・・を披露していますニャンよ。➙レトロな品・・・

    ウラジーミル・アスポン

    2018/4/9(月) 午後 1:53

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事