ここから本文です
猫ヶ洞池本舗
〜ねこがほらいけほんぽ〜 Yahoo!ブログ終了とは、14年間の付き合いのブロガーさんもいて悲しいニャ( ;∀;)

書庫全体表示

記事検索
検索

全57ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

移行ツールを提供開始いたしました

Yahoo!ブログ - ブログ移行の内容について
 
2019年6/4(火)と発表していた移行ツールは、
一日早く6/3(月)になったのは、Yahoo!ブログ運営の
これまでの状況から考えると驚きですニャ!
イメージ 1
しかし、Yahoo!ベータの移行の時、
エラーや文字化けなど
問題があったそうですニャ・・・

果たして今回は、大丈夫でニャンでしょうか・・・。

移行ツールにいろんな点で、不安を覚えたので、
飼い主のウラジーミル・アスポンは
移行ツールを使わない選択肢をしたニャンよ。

しかも移行定型先でないブログを選んだニャンです↓
猫ヶ洞池本舗【移転先】
でも、いざ移行ツールが
開始されると、やはり移行ツールで
Yahoo!の提携先にすべきだったのか迷う
優柔不断な飼い主ですニャ・・・。
イメージ 4
なにしろ、提携先なら転送設定ができるニャンね。
旧Yahoo!のアドレスでも→新ブログに自動的に飛ぶニャン!
イメージ 5
でも提携先以外のブログだと転送ダメにゃ!

「Yahoo!」にブログを残して
「移転告知」出来る方がいいと思ったのと・・・

記事内のリンク先はYahoo!のままなので「Yahoo!ブログ」が
残した方が修正しやすいと飼い主は、思ったそうニャ。

未だ迷いが拭えない点がある飼い主・・・。

皆が居なくなったら、移転告知が出来ないと
思い、6月が迫り、焦って決めたらしいニャ・・・。

我々3ニャンは可愛いけど、飼い主の判断如何では
暗雲が立ち込めている気もするニャ・・・(~_~;)


移転ツール使ってもブログは残る可能性も??
移転ツールの実態を把握してから
決めても良かったのかもしれないニャンね。

フォローは移行先ではないけど・・・

アメブロ等・他でお願いですニャ。

移行先のブログは、フォローや読者登録がないので、
何と仲間の人にブログの更新を
知らせる手段がないですニャΣ(゚д゚lll)ガーン

・・・というわけで、

アメブロか、その他のSNS等で
フォローして下さると嬉しいですニャ。

そっちに「更新通知」を流す事にしましたニャ。

『yahoo!ブログの難民(涙)』ブログ名
アメブロにしか流してない物も存在ニャ↑


交流用アカウント-「はてな」イメージ 7
『はてなID』コメント用 たまに限定公開もするかもニャ?
ツイッターイメージ 8
https://twitter.com/urazimir_asupon 
表示名『プリン先輩』


移行先URL決まったニャ!

イメージ 1
前のYahoo!ブログ『猫のプリンちゃん日記』を
今のブログ『猫ヶ洞池本舗』に統合して1つのブログにします。

【本拠地】『猫ヶ洞池本舗』

移行提携先ではないけど「ワードプレス.org」で、
ブログをする事にしましたニャ。
イメージ 2

読者登録フォロー制度という
便利なシステム無いので・・・

ブログの更新をブロ友さんに
知らせる術無いですニャ・・・(~_~;)

交流用アカウント-「アメブロ」他・・・

コメ用アカウントに本拠地のブログ『猫ヶ洞池本舗』の
更新通知を流すしかなくなりましたニャ・・・。
イメージ 3

イメージ 4

交流用アカウント-「アメブロ」の方で
フォローして下さると嬉しいですニャ♪

『yahoo!ブログの難民(涙)』ブログ名
アメブロにしか流してない物も存在ニャ↑


交流用アカウント-「はてな」イメージ 5
『はてなID』コメント用 たまに限定公開もするかもニャ?
ツイッターイメージ 6
https://twitter.com/urazimir_asupon 
表示名『プリン先輩』

お礼・・・


移行ツールの提供も2019年6月4日にいよいよ開始です。
皆がYahoo!ブログから消えると思うと喪失感でいっぱいです。
イメージ 7
前のブログと今のブログも併せ・・・
14年の間には、いろんなブロ友さんと関わり、もうすっかり生活の一部です。

だいぶ前にYahoo!ブログから離れた方や、中には亡くなった方もいます。
移行できず消えてしまうブログが多そうです。

Yahoo!ブログがある限り、いつも懐かしむ事が
出来ただけに残念です。

Yahoo!ブログ閉鎖は惜しまれてならないです。

今まで有難うございます。
そして、移行後も宜しくお願いします。


ウラジーミル・アスポン

追 伸

移転先は準備段階です。しばらくYahoo!ブログにいます。
イメージ 8

青い小鳥のマークのSNS「Twitter」の機能・・・
良く分からないまま、かれこれ4年も・・・
我々の飼い主のウラジーミル・アスポンは、
もやもやした気分で利用しているそうニャ!
イメージ 1

【注】この記事は、Twitter(ツイッター)を利用した事のある人しかピンときません!
又、利用した人から見ても意味不明な文になりそうですm(__)m
私自身がTwitterを理解して書いていないからです!


ここ数日、Twitterでの会話で・・・。
私は、いまだに機能や仕様がよく分からないまま、
使っている事に改めて気付きました。

Twitterの字数制限は140字!

長く書きたい時は、ツィートを分けなきゃいけないです。

長く書くときは、1度したツイートに「ツイートを追加」でやるのです。
"ツリー式"の構造のツイートになります。

ここで、いろいろ疑問に思う事が生じます。


【ツリー式にコメント入れたい場合】
どこにコメント入れるのが適切なのか疑問ニャ?

①から③とツイートが繋がっているケース

【疑問その1】
1コメントのみしたい場合
①番目のツイートにコメいれた方がいいのか最後の③番目のツイートか?

【疑問その2】
3つもある長いツィートに1コメ140字でおさまりそうにないですね。
2つ程度にコメを分ける場合でも・・

A①番目②番目にそれぞれコメを入れる方がいいのか? 
 OR
B●①番目にツイートを追加で、繋がりで入れるのがいいのか?

ABのどっちがスッキリするか分からないです。

140字制限のせいで、非常ににやりにくいし、
ややこしい気がします。


①〜③全部にコメいれた場合、往復で応答の場合6つ(?)になりますよね・・・。
元のツィート①②③にコメは入れ子状に
格納されているのだったか記憶曖昧です。


通知もTwitterの仕様で意味が分かり難いです。

1コメで収まらず「ツィートを追加」で、
連投のコメント OR 返信リプを頂いた場合。

①枚目のお手紙、②枚目のお手紙のはずが・・。

「通知」では関連や繋がりのないバラバラに来るハガキみたいな感じに
ぱっと見、見えます。
イメージ 2

①番目②番目の繋がりが通知で、即座に分かりにくい事が多いです。

しっかり中身を見ればもちろん分かるけど、
すんなり分からないのがじれったいです。

さらに返信も・・・

140字内の短い返信の場合・・・
①枚目にコメするべきか?
  OR
②枚目にコメ返信するべきか?

140超える長い返信で分ける事になった場合は・・・
①か②の片方に2コメント連投するか?
     OR
①と②のそれぞれに分けてコメント返信するか?


140字の字数制限のせいで、構造が複雑で、
細かいツィートが増えて
ややこしいと思えてならないです。


・・・というわけでツィッターは、
いまだに分かり難さに満ちています。

何故、Twitterの仕様は直感的に分かり難いのかと言うと・・・

フキダシ型マークの「コメント」と「連続投稿」が
表示の上で分かれてないのがTwitterが・・・
ゴチャつく理由な気がしました。

さらに複数人がコメ入れた場合、同じ投稿がもっと複雑になりそうです。

うまく表現できませんが・・・
同じ投稿が増えている感じに見える時もある気がして???

ブログのコメント欄は1ヶ箇所にスッキリ納まるので・・・
Twitterが掴みにくいです。

4年やっていてもTwitterの分かり難さに
もやもや感はいっぱいです。

飼い主のウラジーミル・アスポン

イメージ 1
Yahoo!ブログは「非公開記事」でも・・・
自分がログインしている時はしっかり見えます。
「鍵マーク」で非公開だと即、分かります。
イメージ 2
記事を「非公開」(他のブログ・サービスでは「下書き」との表現が多い)にした場合は・・・
「編集」をクリックしないと中身が閲覧できないと判明しました!

実は「非公開記事」が膨大なのです。
書きかけが多いという事もあります。最後まで記事を書けず、時期を逸し・・・。
イメージ 3
でも、「非公開記事」は自分の忘備録としても使っていました。
メモ感覚です。
まとめて閲覧できないのが不便に感じます。

移行先5つの非公開(下書き)は・・・

Yahoo!の移行提携先4つと&移行が可能なFC2
全部で5社のブログは、非公開下書きは即、見られない仕様。
イメージ 4
( アメーバ ライブドア Seesaa はてな FC2)
1記事ごとに・・・いちいち、クリック(タップ)しないと閲覧できないです。

非公開の下書きは中身が即見えない他社ブログ
青い文字だけが「公開記事」のよう・・・あと、「下書き」↓
イメージ 5
管理画面で、1記事づつしか中身を覗けないです・・・。
これはア●ーバですが他も同じ。 まとめて次へ次へ!と閲覧できません。


アメーバはその日ごとに「今日は何の日」の魅力的な「ブログスタンプ」が出ます。
それをゲットしたくなります。それで、非公開記事がどんどん増えました。
でもそのスタンプまとめて、ざざっと見られませんね・・・。
イメージ 6

管理画面、1記事づつ「編集」クリックで中身が見られます。↓
イメージ 7
実際のブログの画面でも非公開の「下書き」扱いの記事は載ってないです。
↓≪ログイン状態≫
イメージ 8

結局、Yahoo!以外の5社全部、こんな調子↑
アメーバ ライブドア Seesaa はてな FC2

「Seesaaブログ」だけがYahoo!と同じ言い方の「非公開」を用いていました。
一抹の希望が湧いたのに、他4社と同じ「下書き」と同様でした。結局、1記事づつ管理画面でクリックしないと中身を見られませんでした。


アメーバでのブログ『yahoo!ブログの難民(涙)』

非公開専用書庫 忘備録に大活躍

「書庫(他社ではカテゴリ)」に
「非公開専用」書庫を作成していました。
まとめて非公開の覚え書きを見れて個人的に便利でした。
イメージ 9
特にブログのメモはリンクも発動するのです。
何のPCソフトのやり方やレシピなどノウハウをメモし、
くわしく説明のあるサイトのリンクも同時に記録できて非常に便利でした。

この使い方は、たぶん・・・
Evernoteに近い使い方だと思います。
(使った事ないですが・・・)

情報をポイポイまとめ、忘備録・・・。
イメージ 10
5社のブログの説明や特徴をざっと示したものでは分からない事でした。
実際、操作画面を自分で確認して分かりました。

本来のブログの使い道とは外れた事です。
だから、特徴説明や他の人の感想で、
その件は触れてないのでしょう・・・。


Yahoo!のやり方にどっぷり浸かりきって14年・・・

Yahoo!ブログ開設当初からのユーザーで、14年もいます。
yahoo!のやり方にどっぷり浸かった為、
全てが不満に思えて困った事です・・・。

ブログにアイディアや情報、ちょっとしたその日食べ物の記録
これらを適当に「非公開書庫」に突っ込んでました。
イメージ 11
書きかけのしょうもないものや何もかもごちゃまぜでした。
ただの記事の下書きで、数文字だけのとかは、今回の移行問題を機に消しましたが・・・。

普段から見るブログに一か所にメモが置けるのは便利です。

Yahoo!ブログと同じ非公開記事の形式は何処に・・・???

どなたか、Yahoo!と同じタイプの非公開の形式のブログを
御存じありませんでしょうか?

「非公開」なら著作権を気にしないで、
消されるかもしれない気になるニュースもコピペしまくれました。

記事の書きかけもいちいちクリック(タップ)を必要なく・・・
5件はスクロールでざざっと、何処まで記事が出来ているのか?と、
即座に見られる方が自分は、便利に思っていました。

又、これが1つのブログで叶えてくれるから「Yahoo!ブログ」はいいです。
「移行ツール」は開発しなくていいので、終了、撤回してほしいです。
イメージ 12
「移行ツール」作るより存続した方が簡単だったりしませんかね・・・。

昨日、某氏のブログで、フォントの話が出て、
利用範囲の細かさに驚きました。

商用一見、OKでも落とし穴在りです。

  • HG正楷書体-PRO
  • HG丸ゴシックM-PRO
  • HG明朝B
  • HG明朝EHG行書体
  • HG教科書体
  • HGゴシックM
  • HGゴシックE
  • HG創英角ポップ体
  • HG創英角ゴシックUB
  • HG創英プレゼンスEB


リコーフォント商用使用許諾
リコーフォントは、Microsoft Officeにバンドルされているものは、 使用許諾範囲が「基本使用」となり、非個人または営利目的での使用はほとんどが非許諾となるようです。

例えば、ロゴ、広告、ポスター、カタログ、POP、グッズなどでの使用も非個人または営利目的では非許諾となります。

追記 たとえ話 

【例A】パン屋のおじさんがMS付属のフォントで、
自分でチラシを作り印刷会社に入稿
これは、OK

【例B】
パン屋のおじさんがデザイン会社でなくても
絵やデザインをやっている客のおなじみに
頼む場合・・・

●いくばくかの報酬を個人でその客が得るケース (※パンをもらうぐらいは可)
↑↑↑
これは報酬でデザイン請け負うので×アウト!
バンドルされているフォントを使用しての仕事の場合、
フォント自体は商用可でもPCバンドル品の場合、仕事では使えません。
別途ライセンス契約が必要。

デザイン会社の事業の屋号ではなくてもフリーランスとはいえ、
対価を得て、やってますよね。

又、入稿を請け負った印刷会社はOK。
又、その印刷済みのちらしが出回る事、これ自体はOKでしょう。
商用可のフォントですから・・・。


印刷済みのちらしから、同じ書体がライセンスのか
PCバンドル品かどうか判断は無理ですね。

お金を得た客が誰かに話してアウトを喰らう可能性はあるけど、
簡単な調べでは商用可になってますから、
そこを指摘される可能性は低そうです。

印刷した物からは、どのゴシック体か
判断できないくらいHG平成角ゴシックとかは
かなり平凡なのです。

しかし、1個1万9千もするフォントを個人のフリーの人が
もっている事は少ない事実に気付き、
報酬をもらったフリーの人の問題点を指摘できるほど、
フォントに詳しい人はどれだけいるのでしょう?

知らないうちに法をおかしてそうです。

さらなる罠! マイクロソフトのソフト特有の規約も・・・関係する可能性もあります!

又、よりややこしい話だとマイクロソフトのソフトで作成した物で、
マイクロソフトの「オフィス365」に加入している最中の場合・・・。

商用でデザイン仕事を引き受けて使用OKな可能性のあるフォントもあるかもしれないらしいです・・・ネットの情報ではっきり裏がとれてません。

又、365加入者でもイラレで作成した場合は厳密に言えば、不可という事でしょう。
そのソフト内での使用許可らしく・・・。

頭、痛い話です。一個、一個確認が面倒です。

ダイナフォント(有料3万位)でも、
1個1万9千とかでなくセット品なので、
こちらなら何とか可能でも、それでもお高いです。

普段、MSで、使っていたフォントが
そんなにお高いとは・・・。
1個:1万9千Σ(゚д゚lll)ガーン!

全57ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事