ここから本文です
猫ヶ洞池本舗
〜ねこがほらいけほんぽ〜 Yahoo!ブログ終了とは、14年間の付き合いのブロガーさんもいて悲しいニャ( ;∀;)

書庫猫漫画

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 前のページ | 次のページ ]

猫劇場 第8幕 自活は大変ニャの巻

https://cat.blogmura.com/cat_picture/ranking.html にほんブログ村
猫絵・猫漫画 ↑クリックして下さると嬉しいニャンです!(*´艸`*)

https://blog.with2.net/link.php?1794002:1348  人気ブログランキング
こっちも、クリックして下さったら、とても、とても在り難いニャンです。

初出 DAWN118号(2013年4月)


今回の作品「猫劇場 自活は大変ニャの巻」は
「隔月刊小説誌DAWN」に掲載の漫画です。
台詞も小さい字で、一部は詰め込み過ぎで細かいコマ割りです。

特にスマホの方は、読み辛い小さな字などを拡大しながらでも
読んで下さるなら、ぜひド根性で読んで頂きたいです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

2013年の春・・・3年前・・・
結構前に描いた漫画なのでスマホで閲覧する事など、私の頭には
全くない時期の作品でした。
(3年前にもスマホはありますが、今ほど浸透していないです)
・・・なので、端末によっては、この漫画は見辛いです(涙)

最近はブログを見て下さる方もPCユーザーだけではないという
事を考慮にいれる必要があります。

最近、PCを持ってない友人・知人が結構います。過去には
持っていてもスマホとかがあるので、処分された方もいて・・・。

ヘタすれば大学ノートや週間少年ジャンプのサイズで見ても
コマ割りセリフなど全てにおいて詰め込み過ぎで・・・。
コチャコチャしているのが今回の漫画です・・・。

本当はスマホで閲覧する方にも見やすいように手直ししてから
ブログに・・・と思っていたわけですが、
しかし、なかなか手直しする余裕がないまま時間が経ちました。
これではいつまで経っても載せられないので、
手直し無しですが、載せました。
(実は、ツから始まる小鳥マークのSNSで素敵な絵を
発表されているM・Kさんに是非、見て頂きたいのです・・・)

本当は、ストーリーとなど気に入っている作品です。
しかし、ブログの場合、字が細か過ぎで見にくいのが残念な作品。
せっかく描き込んだ絵も、目立たないです。



今回の漫画に限らず「隔月刊小説誌DAWN」に掲載の漫画
紙媒体で見る事ぐらいしか考えていなかった時期の
作品に関しては細々した漫画になります。

このブログ開設当初に4作品1度に載せて、それ以来は、
ずっと掲載しなかったのです。スマホ等で見にくいからです。
PCにしても、裏からバックライトがあるので、紙媒体だと
細かく感じない字でも細かく感じるものです。

最初からブログ用に描いたものは、デカデカと描いています。
写真漫画も含め、字を大きくするように・・・。

------------------------------------------------------------------
ブログ開設当初に4作品
スマホ、そしてPCでも画面で見るには辛いですが、これらは、
どうしてもブログに載せねばならない理由がありました。
印刷会社の割引特典を受ける為に、ちゃんとした創作サイトが
ないとダメだったのです。それで、マンガを何作かを一度に
たくさん載せなければいけませんでした。

猫劇場 第1幕 おそうじニャの巻 2015/10/22(木) 更新

猫劇場 第2幕 お花見びよりニャの巻 2015/10/22(木) 更新

猫劇場 第3幕 エスカルゴにゃの巻 2015/10/22(木) 更新

猫劇場-第4幕 エジプト展にゃの巻 2015/10/22(木) 更新

----------------------------------------------------------------

最後に・・・
この作品は、実在の人物や団体とは
関係あるかもしれません。

2012年秋から2013年2月までの一連のPC遠隔操作事件を元に
我が家の3にゃんの主にキジトラのマリモちゃんを
主人公に描いたものです。ここではソマリのプリン先輩は事件の
キーワードを握る首輪を持っていました。チンチラシルバーのユキポンは、
機械を好むのは、漫画だけでなく実際にも、そういう傾向にあります。

続き物の記事「竹島への旅行ニャ」「その①」
停滞した状態のまま6月も末になり、出演猫の
3ニャンから不満が持ち上がり・・・。

https://cat.blogmura.com/cat_picture/ranking.html にほんブログ村 
猫絵・猫漫画 ↑クリックして下さると嬉しいニャンです!

https://blog.with2.net/link.php?1794002:1348  人気ブログランキング
こっちも、クリックして下さったら、とても、とても在り難いニャンです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 7

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
読みにくい字&雑な手描き猫漫画でした・・・。
太いペン1mmか細い0.1mmのペンなどの両極端なものしか
見つからない為、文字や絵のほとんどは滲んでしまいました。
後からPCでホワイト修正しているけど読みにくいです。
0.5mmとか0.3mmとか持っていた筈なのに行方不明です。
いろんな太さがないとメリハリがないです。
                (ウラジーミル・アスポン)

-------------------------------- 出 演 猫 --------------------------------
●アビシニアンの長毛種ソマリの「プリン先輩」
  体毛は黄土色 狐にも似ているソマリ猫は別名:フォックスキャット
  3ニャンの年長さんで後輩からプリン先輩と呼ばれるお姉さん猫・・・
  有名猫になりたいようです。好物は鰻の蒲焼

●キジトラ猫の「マリモちゃん」
  やや黒目のキジトラで縞が細いのが特徴 かなり短毛・・・
  月齢は白猫のユキポンより下だがユキポンより先に飼われてるので2番手
  食い意地が凄く、食べ過ぎでゲロ吐きが日常茶飯事 蟹が好物

●チンチラシルバーのユキポンちゃん」
  白毛でフサフサ 他のネコ種より体長が短め
  飼われたのが3番目 マリモちゃんより月齢は上。
  食べ物に執着が薄いです。 おりこうさん🎵 
 -------------------------------- 出 演 猫 --------------------------------  

こうして飼い主の怠慢により出演する機会を
奪われた3ニャンの不満は、はかり知れません。

愛知県蒲郡(がまごおり)にある竹島旅行の記事の「その②」が
出来ないせいで出演の機会を奪われ・・・
忘れ去られようとしているので、飼い主として申し訳ないです。
もっと、他の人に飼われた方が埋もれずにすむかもしれないです。
猫の命運は飼い主次第です・・・。

記事作成には集中力とエネルギーが不可欠なのに
自分は竹島旅行に行ってからは気が散漫で集中力ゼロで
未だ頭は竹島にいるのかボケボケです。
そのせいか・・・思い切っり更新を滞らせていました・・・。
それに旅行記は、どう魅力を伝えるのか悩む点もあります。
うまい事、魅力を伝え、一人でも多くの人に安全な愛知県の
竹島&周辺観光の良さを知ってもらいたいです。




前回の旅行記を知らない方は見て下さると嬉しいですニャ
※参考リンク↓ 
--------------------------------------------------------
愛知県-蒲郡市-竹島への旅行ニャ-その①ラグーナテンボス
--------------------------------------------------------

上の漫画内で言及の「お雛祭り」未見の方は見ないと損ですニャ🎵
※3月のお雛祭りの記事のリンク🎵↓
--------------------------------------------------------
猫ちゃん達のお雛祭ニャ♪-平成28年 その①「お菓子編」
http://blogs.yahoo.co.jp/ivanraitei/14135462.html

猫ちゃん達のお雛祭ニャ♪-平成28年 その②「お料理編-パート1」
http://blogs.yahoo.co.jp/ivanraitei/14149812.html

猫ちゃん達のお雛祭ニャ♪-平成28年 その③「お料理編-パート2」
http://blogs.yahoo.co.jp/ivanraitei/14168830.html
--------------------------------------------------------




猫絵・猫漫画 ↑クリックして下さると嬉しいニャンです!

https://blog.with2.net/link.php?1794002:1348  人気ブログランキング
こっちも、クリックして下さったら、とても、とても在り難いニャンです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9




動物漫画-動物と人間の対話の設定
動物漫画 ↑クリックして下さると嬉しいです!
https://blog.with2.net/link.php?1794002:1348  人気ブログランキング
 こっちも、クリックして下さったら、とても在り難いです。



当ブログの管理人のウラジーミル・アスポンです。
隔月刊小説誌DAWNに「猫劇場」という猫漫画を連載中です。
しかし、とてつもないスランプに見舞われています。猫漫画特有の問題ではなく、動物を扱った漫画、全ての悩み事ですが・・・。

「動物と人間の対話」の問題です。
設定順におおまかに分けて3タイプあります。

その1のタイプ
動物と人間は、一切会話できない設定。しかも、動物側も人間の言葉の意味を理解しない現実的な設定・・・リアルな絵柄のものや、動物の日常的な生態の有様を描くものに多い設定です。

その2のタイプ

人間の言葉は理解するけど、動物自体は、人間語は、喋れず、お互いの意思疎通は、出来ない設定・・・。

その3のタイプ
動物と人間が会話できる、ほとんど動物が擬人化されていて、人間のような行動をするもの。
・・・主に低年齢層向け漫画に多いタイプ


私の書く「猫劇場」は、「その2」「その3」のタイプの両方です。「2」「3」の両方と、書きましたが、「ワン・エピソード」単位の中では、「2」「3」かいずれかに統一させます。)

実は、「猫劇場」では、連載ですが、エピソードが切り替わると、設定そのものごと、まるきり変化させています。
書庫「猫漫画」を見れば、分かりますが、あるエピソードでは、日本に住んでいるのに、ある回は、フランスのシェフに飼われている猫、そして、ある回は、日本のオタク青年に飼われているなど、設定がエピソードごとに変化しているのです。

要するに漫画「猫劇場」では、「動物と人間の対話」における設定もエピソードごとに変化させているのです。
人間語は理解するけど、喋れないという「その2」の設定
動物と人間が直接会話できる「その3」の設定


今回、私、ウラジーミル・アスポンがスランプに陥ったのは「その2」の人間語は理解するけど、喋れないという設定のせいです。

猫達の行動そのものは、まるきり人間のような擬人化された、実際の猫がやるわけもない行動なのに、「その2」の、ややリアルさも加えた、猫と人間が会話できないという設定・・・。
このせいで、話やコマ割り、展開がとてもしにくかったのです。

猫が知りたい情報を得るのに、尋ねたい人間に直接聞けないので、別な人間が会話している場面を猫達がのぞき見する事によって、知りたい情報を得るという、何やらワン・クッション置いた形になります。

「その2」のパターンだと、直接会話できないので、登場人物が余分に増えてしまい、描く手間も、コマ数も増やす羽目になるわけです。
猫達が知りたい情報を人間達が話すのは、話の中ではあくまでも「偶然」なわけです。

猫達が知りたい情報を作中の人間達に話させる場面において、私(作者)が作りたい話の流れ・展開にさせる為に、かなり無理のある会話になってしまったのです。

・・・こう考えると、今回のエピソードでは、猫と人間が直接、会話出来た方が、話の流れや持っていきたい展開にする上でもスムーズでした。
しかし、一つのエピソードの中では、設定やルールは統一させなきゃいけません。

現在、連載中のエピソードが終わったら、次のエピソードからは「その3」のように動物と人間が直接、会話するパターンにしようかと思いました。
その方が、難しくなさそうです。
・・・・・・しかし、「その3」のパターンだと、擬人化が激しいので、動物らしさがなくなるのが欠点です。

そもそも「その2」の動物と人間が出来ない設定にしたのは動物漫画としてのナチュラル感を保ちたいという理由、が大きかったのですが、今回は、それゆえに、非常にスランプで、苦戦しました。

要するに設定「その2」に振り回され、話の展開、コマ割り、全てにおいて、苦戦でした。
今回連載中のエピソードを改めて見直すと、ナチュラル感なんて、どうでも良かったかもしれない内容です。猫等のとっている行動は、猫のやる事から大幅に外れているからです。


ただし、「その2」設定の方が、ストーリー展開上、都合が良いケースもあります。
人間は、動物が自分達の言葉を理解していないと思い込んで、重要な秘密を猫に打ち明けたりします。国家レベルの機密事項も警戒される事なく、猫が見れるのです。
イメージ 1

例えばの話…猫がスパイや探偵のような役回りなら、人間と直接、口をきけない方が展開しやすいと思います。例:漫画ではないけど、三毛猫ホームズとか・・・。

話の流れに合わせて「その2」設定か「その3」設定かおのずと決まっていく事もあるので、あまり設定に縛られるより、自然な話の成り行きに任せる方が楽に描けるし、きっと、その方が、話の出来もいいだろうと思いました。
設定に振り回され、ストーリーどころじゃないのも考え物です。

未だ、スランプ中のエピソードは連載中です。何故、スランプになったのか、自分なりの解析です。つまりは、設定に振り回されたという事です。


イメージ 2

イメージ 3

例に出した画像は、隔月刊小説誌DAWNに発表してから1年以上過ぎ、全てとっくに完了したものです。連載途中の今回問題にしているスランプに悩まされている作品は、載せていません。未だ、掲載誌が発刊前です。

開くトラックバック(0)

猫劇場-第4幕 エジプト展にゃの巻


猫絵・猫漫画 ↑クリックして下さると嬉しいニャンです!

https://blog.with2.net/link.php?1794002:1348  人気ブログランキング
こっちも、クリックして下さったら、とても、とても在り難いニャンです。



初出 DAWN114号(2012年8月)

隔月刊誌DAWNに載せた第4弾目の猫漫画です。【読み切り-10頁】

 元々、ブログ向けに描いたものではない為、見にくい点が多いです。
紙媒体の冊子向けに描いた物の為、
ブログ上の液晶画面だと細か過ぎて読みづらくなり、すみません。

尚、紙媒体の冊子にしても細かくて読みにくいという自覚はあります。
短いページに話を詰め込んだのです。
いろいろ反省点が多いです・・・。<(_ _)>
でも、いずれ、もう少し見やすいように手直ししようと考えるほど
愛着のある作品です。


イメージ 1


イメージ 2



イメージ 3

イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事