イワヒバの楽しみ

イワヒバ職人のブログです。改作などを中心に掲載します。イワヒバ栽培が益々楽しくなれば幸いです。なおコメント返信などは出来ません。

全体表示

[ リスト ]

龍尾ノ斑の締め込み

イメージ 1
仕入れたばかりの龍尾ノ斑です。8号駄温鉢に植えてあります。周りの根茎がへたっていますので守門竜かと思いました。守門竜とその元である臥竜はこのようにへたってしまいます。早め早めに処置をしなければ良い状態を保ちづらい品種です。龍尾ノ斑とその元である龍尾は普通はへたりません。昔白斑の守門竜と言われていたとよく聞きます。このへたった株を見ますと龍尾に斑が現れたのでなく、守門竜の色変わりのように思ってしまいます。

イメージ 2
中の方もかなりぐにゃぐにゃにへたっています。外見だけでは立派な株に見えますが今回の作業の最初と最後では大きな隔たりがあります。

イメージ 3
イメージ 4
根茎の隙間に夢想を入れます。

イメージ 5
たこ糸で縛り上げますがたこ糸がずれ落ちないように取りあえず基点を作ります。

イメージ 6
たこ糸がずれ落ちないように竹串を刺しながら巻き上げていきます。一本葉ですのでぐるぐる巻きにしてもたこ糸の隙間から新葉は問題なく伸長します。巻き上げた後、外側から隙間に夢想を押し込んでおきます。

イメージ 7
巻き上がりです。

イメージ 8
植え替えることにしますが根塊が柔らかいので太めのたこ糸で締め込みました。この株の根はほぼ健全ですが根の悪い株(根腐れ株)の根を再生させる時にも重要な仕様の一つです。

イメージ 9
根茎が柔らかかったので株元の部分にも結構用土が入ります。普段からこの『すき込み』を心がけましょう。根の全くない株に発根させる重要な手がかりとなったりします。

イメージ 10
1年経てばたこ糸も朽ちて仕上がっていますが秋頃までに仕上がることを期待して8号の化粧鉢に植え込みました。水肥でも何回かあげてみようと思っています。葉張りは一回り小さくなってしまいましたがあのままでは根茎はさらに痩せてやがてがれてしまいます。特上龍尾ノ斑への新たな一歩が始まります。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事