イワヒバの楽しみ

イワヒバ職人のブログです。改作などを中心に掲載します。イワヒバ栽培が益々楽しくなれば幸いです。なおコメント返信などは出来ません。

全体表示

[ リスト ]

吐玉泉の合体

吐玉泉は水戸偕楽園にある湧き水です。玉姫龍の変化種と言われます。玉姫龍を少しぽっちゃりさせた感じです。玉姫龍が高級品種ですのでこちらも同じような扱いになっていますが玉姫龍よりも増殖も栽培も楽ですのでもっと普及して良いのではと思っています。
以下、合体を前提に無理して2鉢購入させて頂きました。
イメージ 1
5号サイズいっぱいのボリュウムで大変良く出来た株です。ですが一株では不満足株という形ですので合体させます。
イメージ 2
根茎も太く根も良く出来ていて形を別にすれば申し分ない状態です。ですがなぜか座の広い株です。座が広いとは立ち上がった根茎同士の間隔が空いていると言うことです。おそらく一本ずつの株を寄せて作っていたのだと思います。上手な寄せ方ではなかったようですね。うまく寄せていれば改作の必要もなかったかも知れません。

イメージ 3
右側の株の内、一つが結構離れていまして花車の改作のところで行った処置をします。ノコバーの登場です。くさび形に切れ込みを入れて根を取ります。これによって根茎同士を密着させることが出来ます。他の根茎は力ずくで締め込みます。

イメージ 4
手で締め込んで形を決めます。出来るだけ中心部分が高くなるようしたいところです。

イメージ 5
たこ糸でしっかり締め込みます。5号サイズの株を2つ寄せても5号サイズです。むしろ合体前の一株よりこぢんまりした感じですが密度は倍です。このあたりが職人技です。二回りも大きくなるようではまだまだ素人です。

イメージ 6
イメージ 7
なりは小さくても多頭の特上吐玉泉、『一丁上がり』です。こんな吐玉泉を行く末まで作ってみたいものです。
根の状態から何の問題もなくすぐに嫁に出せそうです。職人は商売人でもありますのでつらいところです。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事