イワヒバの楽しみ

イワヒバ職人のブログです。改作などを中心に掲載します。イワヒバ栽培が益々楽しくなれば幸いです。なおコメント返信などは出来ません。

全体表示

[ リスト ]

泰山宝の合体

出来の良い泰山宝を2鉢入手しました。平成28年度登録の人気品種です。4号プラに植えてありますがすでに充分5号サイズです。多くの方にはこのままでも満足して頂けると思いますが職人はこのままではもったいないという感覚があります。特に左の株が崖になっています。前にも言いましたが職人の言う崖とは一番高い頭が外側になっている状態です。自分が栽培するならこうしたいという気持ちが改作意欲となるのです。このあたりが単なる商売人と職人の違いです。このままでも十分商売になりますが商売人の気持ちより職人の気持ちが優ってします。
イメージ 1
イメージ 2
この位置で寄せる予定です。

イメージ 3
鉢から抜きましたらネコナカイガラムシ(白い粉のようなもの)が根に付いていました。水で落ちますので水洗いする方法もありますが根の奥までとろうとするとかなり根が少なくなってしまいます。後のことを考えると薬剤使用をすることにしました。カイガラムシ駆除に効果のあるカルホスやスプラサイドを使用します。以前からどのくらいの倍率でどれくらい浸けておけば効果があるのか検証しなければと思いつつ今回もいい加減な濃さの液に浸けてしまいました。色からしてちょっと濃すぎたかと思いました。しかも一昼夜浸けてしまったので少し心配です。皆様はまねをしないように。職人は浸け忘れて幾つも枯らしています。普通の散布濃度であれば一昼夜は浸けて問題ないと思います。うすいと除去しきれていないことが多いのでやはり検証すべきですね。職人は案外ちゃらんぽらんなところがありますので皆さんどの程度の濃度と時間が良いのか検証して判明しましたら教えて下さい。職人の性格はきっちりしていないと納得出来ない部分といい加減な部分がございます。
何れにしましても職人はネコナカイガラムシが付いたままでの植え込みはしていません。職人のお譲りするイワヒバは見えない根までメンテナンスしていると言いたいわけです。ただし1〜2年以上持ち込んだ株に付いていたらごめんなさいというところです。見えませんので。

イメージ 4
根を少しさばいてくっつけてみましたがこのままでは隙間が出来てしまいます。

イメージ 5
青い点線のところまで根を落とします。普段は余分な根を落とさないためにノコバーを使用しますが今回はまだ根元も堅くなっていませんのでピンセットで落としました。赤い矢印のところを密着させたい訳です。

イメージ 6
全く一株に密着しました。隙間があるような寄せならしない方がましです。

イメージ 7
木綿のたこ糸できつく結わえます。針金を使用している方が多いですが朽ちることなく残りますのでたこ糸が良いです。1年で朽ちます。

イメージ 8
イメージ 9
この株なら栽培したいという充実株が出来ました。根の状態も何の問題もありませんので多分直ぐに嫁に出してしまうと思います。充分嫁入り修行が済んでいれば嫁に出すのですがお婿さんが幸せにしてくれるかどうかは少し心配です。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

いやー お見事です。いつ見ても感心ししまいます。
1+1が4とか5になってしまう技術、とても素晴らしいですね。
立派な泰山宝の出来上がり。今後ともよろしくお願いいたします

2017/8/31(木) 午後 1:04 [ zio*io2** ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事