イワヒバの楽しみ

イワヒバ職人のブログです。改作などを中心に掲載します。イワヒバ栽培が益々楽しくなれば幸いです。なおコメント返信などは出来ません。

全体表示

[ リスト ]

富士之華の改作

富士之華の上物を栽培したいという気持ちはイワヒバファンなら誰しも抱いているはずです。お金さえ出せば立派な株は入手出来ます。何もせず納得出来る株なんてあろう筈がない、と言うのが職人の感覚です。改作したり根の再生をしたりしなくては納得出来ないのは必至です。根が問題なければ入手したいという大株はありますが期待は0%・・・・・それだったら出来るだけ安価に作ってしまった方が特上富士之華の所有に当たっては近道と考えました。中途半端なものを持っていても仕方ありませんので目指すはあくまで特上品です。
以下、改作を前提に入手しておいた富士之華です。
7号のプラ鉢に植えてありました。枝分かれはありますが立ち上がりは3本です。
イメージ 1

イメージ 2
富士之華としましては根茎が細すぎると言うほどではありませんが将来のこと考えて夢想で根茎を太らせておくことにします。堅く出来ていますのでおそらく根も良いでしょう。

イメージ 3
イメージ 4
何年先のことかわかりませんが根茎の高さが倍になっても見合う太さを確保しておきました。小株を周りにくっつける予定ですので後から中の方の根茎を補強するのは大変になりますのでその意味もあってあらかじめ補強しておいたわけです。

イメージ 5
小さい芽を入れると5本と4本です。4本と3本は使えそうです。富士之華ですと楊枝みたいな根茎の1本作りの株なんかが交換会に出ますが安くないことが多いのです。今回比較的安価に複数の根茎の株が入手出来ましたので改作可能となりました。普通は1本分けされてしまいますのでラッキーでした。

イメージ 7
イメージ 6
鉢から抜きました。
イメージ 8
こんな状態です。1本ずつバラします。

イメージ 9
根も良いです。余分な根を整理して並べてみました。

イメージ 10
すべて夢想で補強したところです。夢想を播いた下まで根がありますので密着は早そうです。下準備完了です。

イメージ 11
母体となる株の小株をくっつける予定のところに竹串を刺して見ました。

イメージ 12
予想通り良い根です。これから根をさばきますが職人は底根のあたりの劣化を特に気にしますので底の部分は結構追い込みます。

イメージ 13
7ヶの小株をそれぞれ竹串を2本ずつ刺して密着固定させました。3本立が10本立になったわけです。

イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
6.5号の中古の鉢がありましたのでそれに植え込みました。根が良いので肥料は充分仕込んでいます。8号の新しい化粧鉢に植え込もうとも思いましたが売り気を抑えるようにあえてこのままでは売れない状態にしたわけです。何年持ち込むかによっても違ってきますが頭数が3倍以上になっていますし葉張りも出る品種ですので仕上がり号数は9号になる見込みです。
今の段階で画像では特に見違えたという感じではありません。ですが根の状態を含めて考えますと大枚はたいても見つからないレベルの富士之華になっていくと思います。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事