イワヒバの楽しみ

イワヒバ職人のブログです。改作などを中心に掲載します。イワヒバ栽培が益々楽しくなれば幸いです。なおコメント返信などは出来ません。

全体表示

[ リスト ]

虹姫の改作

丸蜀光の細葉に『虹姫』と命名したと言った方がおりました。丸蜀光は元々蜀光錦より細葉です。蜀光錦の細葉には清姫がありますが丸蜀光はその名の通り葉型が丸くなります。蜀光錦も清姫もバイラス変異と思われる極細い葉の芽が発生することがあります。これを言っているのかどうかわかりませんが『丸蜀光の細葉』と言う認識は受け入れられません。『虹姫』は採用したい名称です。あとで掲載する2番目の株は『天明冠』と言うラベルでした。お世話になっている茨城県のベテランが命名したと聞いています。ふた通りの名前で流通していますがならば三番目の名称ではどうかと何人かと相談して職人は『虹姫』を採用することにしました。黄色から黄緑、そして緑へと美しいグラディエイションを現す品種です。『緑の虹』と言う感覚で個性的な『虹姫』と言う名称は良いように思います。
以下、虹姫の改作です。

イメージ 1
9号の化粧鉢に植え込んである立派に見える株です。下葉を取っても9号鉢を覆っています。ですが頭が3つしかありません。職人には立派とは言いがたい株です。

イメージ 2
太い根茎が3本です。このまま栽培しようとは思えません。以前立派な虹姫の株を所有していましたのでもう一度という気持ちで入手しておいたわけです。

イメージ 3
運良くもうひと株入手出来ましたので改作開始です。ですがこれも3本仕立てです。7号プラ鉢に植えてあります。

イメージ 4
真ん中がやけにあいています。あとでわかりましたが中に抗火石がありました。何らかの改作をしたのかも知れません。


イメージ 5
これは一番目の株です。手前の二つの頭が離れすぎていますので右の青丸の頭を左の大きな頭に寄せます。

イメージ 6
ノコバーで青点々のようにくさび形に切り落として密着させます。

イメージ 7
うまく行きました。

イメージ 8
次は2番目の株です。これは青点々の様にくさび形に根を落とし、大きく広げます。

イメージ 9
何カ所か竹串を打ち込んで2株寄せました。一番目の株が植えてあった9号の化粧鉢に植え込みました。職人の言うところの『理想型』になりました。センターを中心に周りに小株を配した形です。
両手がふさがっていましたので途中経過は撮影出来ませんでした。根茎がしっかり出来ていましたのでかなり大胆な力業で仕上げました。今回に限りましては職人以外の方では出来ないだろうなと自画自賛気味な感触を持っています。ここまでの形に仕上げたいという強い目的意識が必要です。この意識が他の誰よりも強いと認識しています。中途半端な改作をしても意味がありません。出来るのであれば完璧に近づけたいと思うのです。
いつも言いますがこれがスタートラインです。100mを15秒もかかる人は間違ってもオリンピックの100m走決勝のスタートラインには立てません。メダルを取れるかどうかはわかりませんがせめてスタートラインには立たせてあげたい気持ちです。

イメージ 10
以前栽培していた株はもっと古いです。10年以上待たなければなりません。その間に芽数が少し増えれば良いなと思います。楽しみ楽しみ・・・・・



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事