イワヒバの楽しみ

イワヒバ職人のブログです。改作などを中心に掲載します。イワヒバ栽培が益々楽しくなれば幸いです。なおコメント返信などは出来ません。

全体表示

[ リスト ]

夢想について

夢想の原材料は『毛足の長いピートモス』が主体らしいです。昔聞いた話でうろ覚えです。そもそもピートモスは水苔やその他の植物が堆積して腐食したものです。それらが完全に腐食する一歩手前の状態のものを主原料にしていると想像出来ます。
これがないと今のように自在に改作することが出来なくなります。
イメージ 1
もしかしたら袋から出してそのまま使用している方がいらっしゃるかも知れないと思い本日の掲載となりました。

イメージ 2
水苔同様、水にひたひたにしてから使用します。根茎巻きをしようとしてもずり落ちてしまうと言うことを良く聞きます。もしかしたら充分水を含ませないで使用しているのかななどと想像しました。
『どうやって播いたら良いのか教えてくれ』と言われたりしますが自分で考えながらやるしかありません。職人の答えは『根性あるのみ』です。

イメージ 3
上の画像のように胴吹き芽があったりすると大変です。胴吹き芽が埋まらないように注意深く巻き上げます。又中心部の根茎も糸を巻き付けるのがかなり大変です。『根性あるのみ』です。
夢想を糸で巻き付ける時、所々で良いのでコケも巻き付けておきたいのですが面倒で出来ません。後から少したけたりはします。早くコケを発生させたい場合は鉢内の肥料を控え目にしてハイポネックス水肥をかけます。
その場合でも暇を見ては少しでもコケをたけておくと早く苔むします。

以下、根茎巻きをする時の特別講座です。などと大それたことでなく経験を積めば思いつくことです。
イメージ 4
一本の根茎を補強するのに数十回木綿糸を巻き付けたりします。糸を巻いた回数分だけ元の糸が撚れます。放って置いて巻き続けますと糸がダマになってしまい折角巻き上げた糸を途中で切らなくてはならなくなります。そこで作業の途中、糸をぶら下げて回転させます。巻き上げた回数だけ回転するはずです。
イメージ 5
ダマになった糸です。たくさん巻けば巻くほどもっとすごいダマになってしまいます。何度も経験して思いついた技です。



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事