イワヒバの楽しみ

イワヒバ職人のブログです。改作などを中心に掲載します。イワヒバ栽培が益々楽しくなれば幸いです。なおコメント返信などは出来ません。

全体表示

[ リスト ]

一芽のイワヒバ

やっと恵みの雨です。待ち遠しく思っていたのは職人ばかりでないはずです。イワヒバの蘇生には雨の力を借りなければなりません。半開きのイワヒバが完全に開いてくれることを期待しています。
結構強い雨でして4月18日午前、仕事もままなりませんのでブログ更新でも致しましょう。
職人は改作ばかりしているわけではありません。苗もたくさん作っているのです。
イメージ 1
販売を始めた幼苗です。最低限この位はなくては仕方ないだろうという芽数で作っています。
株分けして作った苗を販売している業者もおります。一般の方は一芽のイワヒバでも時間が経てば立派な株になっていくと思っている方も多いらしいです。
イワヒバはその変化に富んだ葉芸を楽しむものでもあります。品種を収集する方も多くそれを否定するものではありません。ただいつも言うようにイワヒバは年々大きくなります。極端な話、20年も水をくれていて一芽の大きく育ったキノコのような姿を見てこれで良かったと思うでしょうか。育つ過程でいくらかは芽が出来ます。完全に一本のままというのはないと思います。ですが期待するような形に育っていく株も0に近いはずです。職人の作る苗でも職人の目指すような株になるのは少ないです。2株寄せたりある程度の大きさになったら改作したりしなければなりません。
職人にとってイワヒバはその葉芸を楽しむのと同時に最終的には盆栽的に形を楽しむものであります。どんなに古く立派な五葉松でもヤマモミジでも葉性が悪ければ価値はありません。盆栽とて同じことです。形+葉性(葉姿・葉芸)

イメージ 2
金晃殿です。金牡丹の変りで金牡丹の特性をさらに煮詰めたような品種です。一芽作りの方がより特徴が現れて見栄えが良いと言うことです。職人にしてみれば一芽のイワヒバなんて『くそ食らえ』状態です。自分で挿し芽するしかないと思って買い入れましたが『くそ食らえ』です。職人の苗は基本が500円ですが数千円で買ってくれと言うのですから可愛くありません。
葉の細かい品種ですので普通に苗お越しすれば5〜6芽作りになります。お待ち下さい。

イメージ 3
登録になった鳳王殿です。これも一芽作りの方が葉が下垂する特徴がより強調され見栄えが良いと言うことで多くが一芽作りで流通していました。若い内は良いですが根茎が10cm,20cmとなった時にどうするのかと言うことです。一時的な姿を観賞するだけなら栽培する価値はないと思います。

イメージ 4
夢心です。大変人気がありまして幾つも扱いました。すでに芽数の増えていた株もほとんどでしたが一芽作りから栽培された株のようでした。龍葉系ですので芽数は増えやすいようです。一本葉は基本挿し芽が出来ませんので株分け的な増殖法になります。出発は一芽ですが芽数は自然に増えます。
夢心は今年職人の苗も出来ていますが挿し芽が出来ますので3〜4芽は入れています。芽数が増えることがわかっていますのでやたら多くは入れていません。

イメージ 5
墨絵黄冠です。マニア垂涎の品種です。一芽でも何でも形は不問で珍品希少品を集めて販売している業者もおります。職人も商人でもありますのでそれらが売れているのをただ指をくわえて見ているだけという訳にも行きません。この品種の場合はほとんど流通していませんし生長も大変遅いと言うことですので簡単に苗を作りますからお待ち下さいとも言えません。売れるのはわかっていますがこの一芽状態で扱うのは全くもって不本意です。自分が買って育てたいと思わないイワヒバを提供するのは心苦しい次第です。ですが欲しい方がいらっしゃるので商人に徹して新品種も形に目をつぶって扱います。職人ではどうにもならないものだけです。

富士之華や龍之王、泰平冠や麗峰なども一芽の若株を良く見ています。人気のある品種は一芽でも買う方がおりますのでそんなものでも売りに出されます。特別安く買えれば買って5〜6本寄せれば良いのですがそう安くもありません。
新品種や珍品を売れるからと言って一芽作りで交換会などに出品します。本当にイワヒバを愛するのなら栽培する人のことや将来のイワヒバ君達の姿も考えて欲しいです。

イメージ 6
ブログ更新している内に雨が上がりました。まだ丸まっていた葉先まで開いたようです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事