イワヒバの楽しみ

イワヒバ職人のブログです。改作などを中心に掲載します。イワヒバ栽培が益々楽しくなれば幸いです。なおコメント返信などは出来ません。

全体表示

[ リスト ]

白綾

こんな白綾を入手しました。イワヒバ名人の栽培品です。鉢サイズは10.5号で高さは35cmです。かなりの古木です。白綾は生長が早い方ではありませんので60年生と言う感じでしょうか。
イメージ 1

横からです。
イメージ 2
これはこれで良いのかなと自分を納得させるつもりで購入しました。ですが自分で栽培するならやはりこのままでは・・・・・・・・
商売に徹するならこのままいくらか儲けて販売してしまった方がなんぼ楽かと思います。

イメージ 3
何カ所か根際をほじくってみますと僅かながら発根が見られます。名人が栽培していましたから今の状態が維持出来ています。普通の人ならこの古さですとすでに下根や根茎元部は腐食していてもおかしくありません。
名人は誰よりもうまく持ち込みます。根茎は細くすでに峠の状態です。名人は峠で踏ん張っていますがこれを他の方に譲ったとしても峠を下るのみです。名人はここまでですが職人はここからさらなる高みを目指します。いつも言いますが下るのと登るのとでは行って来いです。
梅雨も明けて35℃に近い気温になっています。改作には決意が必要です。すべての根茎を補強します。根性あるのみですが体の調子を見ながら2〜3日かけてじっくり作業することにします。如何せん首・肩・背中とポンコツ状態ですので。

イメージ 4
洞窟もしくはトンネルもあります。

イメージ 5
最初の画像を正面とします。右の根茎がやや倒れすぎですので最終的には赤矢印のように内側に寄せるつもりです。また正面部分に適当な素材をくっつける予定です。折角根茎補強するのですからさらに完璧を目指してここ(赤点丸の部分)を含めて3ヶ所くっつけます。

イメージ 6
もう一ヶ所です。竹串を刺しました。
イメージ 7
正面から見た時、丁度トンネルの向こう側になるところです。

イメージ 8
くっつけ素材です。まだどのように使うかわかりません。たぶん分けながら使うことになると思います。
このような時のために安く買えるときにこんな株も買っておきます。

イメージ 9

イメージ 10

まずは根茎補強を開始します。こんなに大きな株でなければ職人は黒い木綿糸で一本仕上げしますが今回は隙間が大きいのでブロックごとに仕上げていきます。そうすれば時間や日にちをあけて作業できますので。

根茎補強が終了するのをお待ち下さい。特上品の白綾が出来るかどうかまだ職人にもわかりません。ただやり始めた以上途中で放り投げる訳には行きません。














この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事