イワヒバの楽しみ

イワヒバ職人のブログです。改作などを中心に掲載します。イワヒバ栽培が益々楽しくなれば幸いです。なおコメント返信などは出来ません。

全体表示

[ リスト ]

雲井鶴の改作

昨年から合体させようと思っていた雲井鶴ですが今になってようやく実現しました。
イメージ 1
イメージ 2
もう根もかちんかちんに張っていて植え替えなければならない株ですが植え替えるなら改作したいと思っていましたのでそのまま放置していました。多くの方が特別悪いとは思わない株だと思いますがこれから何年も栽培することを考えるとやはりこのまま植え替える気にはなれません。

イメージ 3
イメージ 4
木筋が良くわかるよう下葉を整理しました。左の株を、右の株をとします。

イメージ 5
両株とも根を整理しました。通常の植え替えでもこの程度根はほぐします。植え替えは新しい根の張るスペースを作る意味もありますので。

イメージ 6
合体させようと思いますが右のの株の頭が一番高いのです。試行錯誤してみましたが今の段階ではどうやってセンターに一番高い頭を持って行くか思いつきません。

イメージ 7
取りあえずの株の根を処理します。いつものようにノコバーを使用します。何度も言っていますがノコバーを使用するのは余分に根を落とさないためです。根茎の元ぎりぎりで切り落とします。

イメージ 8


イメージ 9
の株ですがの株とぴったり合体させるため一番高い頭のところでノコバーを入れます。もったいないですが一芽除去する形になります。

イメージ 10
くっつけてみましたが矢印の一番高い頭が端になってしまいます。

イメージ 11
そこでの株ですが赤点線のところで二つに分解することにしました。

イメージ 12
両サイドの株にうまく根が付くようにノコバーで切り分けます。

イメージ 13
根が充分付きました。究極的な分解作業です。雲井鶴は特に丈夫な品種で根の張りも良いのでこれだけ根があれば全く問題ありません。

イメージ 14
の株の両側にの分解した株を合体させます。

イメージ 15
すでにたこ糸でしっかり結わえてあります。ほぼ狙い通りの形です。

イメージ 16
イメージ 17
7号のプラ鉢に植え込みました。竹串で頭の位置を微調整してあります。

以下画像は今回のような合体改作をして二作した雲井鶴です。今回の株より古く大きかった株です。
イメージ 18
雲井鶴の魅力十分な状態になりました。この株はすでに嫁に出しています。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事