ここから本文です
岩井渓の自然と遊ぼ!
今まで使っていたカスタム背景が突如消えてしまったので、新たに作り直しました♪

書庫全体表示

仙台でハーフマラソンがあった5月13日、私も帰仙していました。

ハーフマラソンに出場する為ではありません。

イメージ 1
3/29に霊山に旅立った父の納骨のためでした。


イメージ 2
父が楽しんでいた家庭菜園を弟が跡を継いで、
5/8に荒れ果てた畑の雑草を取り、
耕し肥料らしき物を入れ、やっとジャガ芋を植えたようです♪(^o^)ノ


朝、実家で父の手帳を見ました。
弟が父の遺品を整理する時に見つけた物です。
以前、父からちらっと見せてもらったものです。
5冊ほどありました。
私が産まれた時のは・・・この手帳だ。
イメージ 3
はじめの頁は昭和29年の元旦から・・・そして私が産まれた30年8月7日(土)晴れ。
う〜む、私の事が記載されていない・・・

仕事の事のみが記入されている手帳だからか・・・ちょっと寂しい。
おっ!仙台育英の校舎の屋根も父が葺いたのか! 
知らなかった・・・
私が育英に入学したときは、屋根瓦の旧校舎は、
クラブの部室として使われていて、2年の時には取り壊されてしまった。
イメージ 4
これは、瓦の枚数を計算した物か・・・?






お墓は蔵王連峰の南端の不忘山の麓にある公園墓地。
イメージ 5

桜の時期にはちょいと遅かったけど、
良い天気に恵まれて、自然が大好きな父の遺骨がこの地に納まりました。
きれいに整列した墓石は、全て同規格サイズの物です。
身分や家柄、見栄などを排した物です。
イメージ 6


暖かな日差しに、爽やかな千の風が吹き渡っていました。
不忘の地、ここに父は眠っていません…が、
不忘・・・私は朝晩手を合わせて父と会話します。




納骨の帰り、近くの遠刈田温泉で昼食&温泉


イメージ 7

満腹で・・・温泉に浸かれませんでした♪(^^;)


ここを流れる松川
イメージ 8

勿論、釣り!











やりませんでした・・・♪(^^;)










ガサもね♪(^^;)

  • 顔アイコン

    お父様の手帳…こんな風に仕事してたのか、とか足跡を辿る事が出来てうれしいですね。
    最後読んでて、ガサガサ?釣り?とちょっとドキドキしました(^m^)

    まぐなむ

    2012/5/16(水) 午前 8:25

    返信する
  • ☆ご冥福を心よりお祈り申し上げます

    『瓦屋さん』 事情があって3年程しかできなかったですが・・・
    社会人になって初めて就いた仕事が瓦屋でした

    富士山の麓にあるウチの墓石と同じですね〜

    ★LET's  鉢巻親爺★

    2012/5/16(水) 午前 9:22

    返信する
  • 顔アイコン

    素晴らしい法要でしたね。
    墓地の作り方も,土地の方の美意識と賢い生き方、送りかたの
    哲学を感じるようです。自然の美しさがまた素晴らしいですね。


    遺品から思わぬ生き様がかいまみれたり、、、

    きよみどす

    2012/5/16(水) 午前 10:46

    返信する
  • 安らかに・・・

    joe

    2012/5/16(水) 午前 10:58

    返信する
  • ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。

    最近両親のことへの意識はかなり高まってるMattです。

    Matt

    2012/5/16(水) 午後 1:50

    返信する
  • 顔アイコン

    大好きだったじい様(大工だった)が使っていた道具をみると、そこには自ら彫った文字が。それを見つめて手で触ってみると在りし日の情景がよみがえる。そんなことを思い出しました。

    gj

    2012/5/16(水) 午後 7:38

    返信する
  • 顔アイコン

    不忘は自然が豊かなので、きっと安らかに眠れるでしょうね。

    k’s factory

    2012/5/16(水) 午後 9:14

    返信する
  • 顔アイコン

    長生きした分だけ思い出も沢山ありますね^

    のんき

    2012/5/16(水) 午後 9:40

    返信する
  • 顔アイコン

    まぐなむさん、戦地での日記もありました。じっくり拝見したいと思います。
    日を改めないと出来ませんね、釣りとかガサは♪(^^;)

    岩井 渓

    2012/5/17(木) 午前 2:04

    返信する
  • 顔アイコン

    鉢巻親爺さん、海の男も瓦屋さんでしたかw(・o・)w
    父は尋常小学校を出て、横浜の瓦屋に丁稚奉公に出たと言ってました。
    富士山の麓・・・富士桜ですか?

    岩井 渓

    2012/5/17(木) 午前 2:05

    返信する
  • 顔アイコン

    きよみさん、有り難うございます。
    母と兄弟4人とその連れ等だけでの納骨でしたが、父も喜んでくれたでしょう。
    古は蔵王連峰の事を不忘山(わすれずのやま)と言っていたそうです。
    不忘という名が気に入っています。

    岩井 渓

    2012/5/17(木) 午前 2:08

    返信する
  • 顔アイコン

    joeさん、有り難うございます♪m(__)m

    岩井 渓

    2012/5/17(木) 午前 2:08

    返信する
  • 顔アイコン

    Mattさん、子を持って始めて親の有難さを感じますよね。
    その親があと何年・・・と考えると・・・
    もっと○○したかった。とか、あれもして上げたかった等と・・・

    岩井 渓

    2012/5/17(木) 午前 2:09

    返信する
  • 顔アイコン

    ぜべっとさんの器用さは、お祖父さんの血を受け継いでいるのですね。
    職人は道具が命ですから、拘りもあったでしょう。それに道具の手入れは尋常ではないですよね。

    岩井 渓

    2012/5/17(木) 午前 2:10

    返信する
  • 顔アイコン

    TOROUT FUNさん、有り難うございます♪m(__)m
    不忘山(ふぼうさん)という名が気に入っています。

    岩井 渓

    2012/5/17(木) 午前 2:11

    返信する
  • 顔アイコン

    のんきさん、酒の呑めない父でしたが、いろいろ語り合いたかったです。
    しかし、ここ5〜6年ほど耳が遠くなり、母の言うことしかなかなか聞き取れなかったです。補聴器は嫌いだと言って付けませんでした・・・

    岩井 渓

    2012/5/17(木) 午前 2:12

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事