ここから本文です
岩井渓の自然と遊ぼ!
今まで使っていたカスタム背景が突如消えてしまったので、新たに作り直しました♪

書庫全体表示

7/3に小諸に行った時にゲッチュした
アルビノおたま5匹



1匹落ち、2匹落ちして

最後1匹だけ残りました・・・

7/19 まだ尻尾の長い手足の生えたアルビノおたま
イメージ 1






翌日7/20には尻尾が短くなっていました♪(^o^)ノ
イメージ 2



7/24には完全にアルビノのアマガエル
アルぴょんになっていました♪(^o^)ノ

イメージ 3


さて、エサをどうするかだ!

とりあえずマンションの手入れしていない植え込みの雑草を、
水槽用大型ネットでガサってみた。
小さな羽虫やヨコバイの幼虫、オンブバッタの幼虫も入った。

100均の飼育ケースに水を1.5cm程入れ、アナカリスを多めに入れ、
生まれたてのシナヌマエビを入れ、ドブガイの殻を入れて
「アルぴょん」を入れた。
そして
網戸のアミの切れ端で蓋をした。

そのアミには小さな閉開式の小窓も作り、
その窓からエサの小虫を投入。

なんとか羽虫は食べたようだ。
(餌を獲る瞬間は見てないが、居なくなっていた)
ヨコバイの幼虫も居なくなっていた。
オンブバッタの幼虫はちょっと大きかった(脚が長い)せいか何時までも元気だ。

簡単に手に入るエサは無い物か・・・?

そうだ! 
トウモロコシの食べかす(芯の部分)に、
ショウジョウバエがよく集っていたのを思い出した。

2ℓペットボトルの上をカットして、
その中に食べ終わったトウモロコシのを入れて様子を見た。

ベランダのミミズ保管バケツの横に置いておいた
ペットボトルには、翌日にはショウジョウバエが集っていた。


そっとビニール袋を被せて、ショウジョウバエをお縄にした♪(^o^)ノ

こうしてエサ採集器のお陰で、
家を出ずに
アルぴょんのエサが手に入った

8/7
イメージ 4

めっちゃ可愛いですぅ♪(^o^)ノ

  • こんばんは

    いやあ! これは珍しい
    よく見つけて育てたもんです。

    やっぱり遺伝的に脆弱なんですね。

    [ まーくん ]

    2016/8/7(日) 午後 11:31

    返信する
  • 可愛い!

    僕も子供の頃アルビノのおたまを見つけて「宇宙おたま」と名付けてました。

    [ とらら K ]

    2016/8/11(木) 午前 1:49

    返信する
  • まーくん、居れば見つけ易いのがアルビノですね♪

    岩井 渓

    2016/8/19(金) 午前 7:29

    返信する
  • とららKさん、そうでしたか♪(^o^)ノ
    釣りキチ三平では透明鱗のフナを「宇宙鮒」と言ってました。

    岩井 渓

    2016/8/19(金) 午前 7:32

    返信する
  • ワォ‼
    可愛いですね。
    そうそう最初はショウジョウバエが良いですね。
    ショップで売ってるヨーロッパイエコオロギ(通称イエコ)を繁殖させるのが餌としては楽です。
    空のプラケースに、プリンカップなどに湿らせた土を入れてた物を置して、丸めた新聞紙を回りに入れて、ペア入れとけば沢山卵を産みます。
    餌は農薬を洗い流したお野菜と乾燥の配合飼料(金魚の餌)を与えればOKです。

    孵化して来たらそのまま、カエルのケースにプリンカップを入れておけば、楽チンです。
    イエコの幼虫にも餌を少し入れておいてください。


    気を付けないといけないのは、イエコはプラケースを登るので、蓋とケースの間に、新聞紙か布を挟んで置かないと部屋中に逃げます。

    食べられなかったイエコが育ってくるとカエルに噛みつくことがあるので注意です。

    他のコオロギやバッタも基本は同じです。
    オンブバッタ、トノサマバッタ、フタホシコオロギも直ぐに孵化してきます。
    フタホシは鳴き声がうるさいです。
    鈴虫は一度冷蔵庫で卵を寝かさないと出てきません。

    [ レッドイヤー ]

    2016/8/22(月) 午前 6:13

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事