ここから本文です
岩井渓の自然と遊ぼ!
今まで使っていたカスタム背景が突如消えてしまったので、新たに作り直しました♪

書庫全体表示

私が仙台育英に入った時、部活は美術部だった。

その美術部の一年先輩にS木先輩が居て、
漫画も描いていると言うので親しく付合うようになった。

S木先輩は美術部ではないSさんと漫研の様な活動もしていて、
育英の「家庭通信」(タブロイド版4頁)に、イラスト・カットを描いていた。

そこで、私もその仲間に入れてもらった。

イメージ 5



その後S木先輩は生徒会長になり、その力で漫研・育英漫画愛好会を作った。

その育英漫画愛好会(I.M.A)に二人の新入生が入って来た。

Y内くん(矢内)とY田くん(山田)だ!


また、S木先輩は近所の先輩みっちゃんとも漫画を描いていた。
そのグループ名は「東北漫画なんちゃら?」だったか
「東日本漫画なんちゃら?」だったか、忘れた・・・

そんなS木先輩は、育英に限らない漫画グループ『十字軍』をも立ち上げた。

そんなことで、S木先輩は育英漫画愛好会(I.M.A)には来なくなった。
といっても、部室が有る訳でもないので・・・

2年生の時私は美術部の副部長になっていた(2年生部員は20人ほど居たが…)
が、私を中心に育英漫画愛好会(I.M.A)が活動し始めた。


育英の「家庭通信」↑のイラスト・カットも皆で描いた。

とりあえず、会報や会誌を作った。
(I.M.A)だから『ナウ』という会報。

「ナウ」なんて今では死語か・・・

学校の輪転機を使わせてもらった♪(^o^)ノ
もちろん紙は藁半紙(ざら紙)!
イメージ 1


3年の時、私は美術部の部長になっていた。

が、育英漫画愛好会(I.M.A)二代目会長にもなっていた。

文化祭の時は何日も徹夜して、セル画に描いて8mmアニメ作品を作った。
(矢内くんが「私にも写せます」のフジカシングル8を持っていた)
通常1秒間24コマのところ、8コマで撮影した。
イメージ 2
このセル画の絵では無く、浅田美代子の『赤い風船』の歌に合わせたアニメだった。
そのセル画は紛失し、写した8㍉テープも紛失してしまった。。。

その時の肩こりが尋常ではなく、クラスの友達に肩たたきをしてもらった。

普通にトントンという肩たたきでは効き目が無く、ドンドン、グリグリと
やってもらった。
そのお陰で、今では肩を回すとグリッグリッと音が鳴るようになった♪(^^;)


私が高校を卒業して上京した後は、矢内くんに会長を託した。
その年に、私の弟育英漫画愛好会(I.M.A)に入って来た。
イメージ 3
この写真は、その夏に帰省した時のもの。

イメージ 4
彼らと会うときは、いつも
名掛丁入り口の仙台書店が集合場所になっていた。
有名漫画家の原画展やサイン会なでもやっていた仙台書店だ。
立ち読みも許されていた。

そういえば、この仙台書店で、漫画同人誌を作るというので、数頁の漫画原稿を
矢口プロに入った年に帰省した際に持ち込んだことがあったが、
あれは、どうなったんだろう?
仙台書店はとうの昔に閉店している。





高校を卒業した山田くんが、矢口プロのアシスタント募集に応募して、
合格を得て矢口プロのスタッフになる。
それに乗じて私も矢口プロに入ることになることは、
以前の記事で書いてある。

矢内くんは大学卒業後、仙台の映像制作会社に入りCMディレクターとなり、
独立して現在に至る。

山田くんは、矢口作品の重要なサブキャラとして紙面を飾っていた。
イメージ 6
現在は仙台近郊に家を構えて、畑違いの仕事をしている。


東京に居るのは・・・私だけ

彼らとは帰省する度に、弟も交えて会っている♪(^o^)ノ











顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事