ここから本文です
岩井渓の自然と遊ぼ!
今まで使っていたカスタム背景が突如消えてしまったので、新たに作り直しました♪

書庫全体表示

記事検索
検索

全447ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2017/7/9
多摩川汽水域、この日は大潮で干潮は11時半頃。

黒ちゃんといつもの場所で9時半に待合せ。

多摩川汽水ガサガサ!ウナギにカワアナゴにテナガエビ! (モバイル)


この後、川を渡渉して対岸のテナガエビを狙います。
勿論ガサで!


この記事に

今回(7/8)は、バイト仲間の釣り好きSSKさんも誘って
例の場所(某海浜公園の人工砂浜)に行ってきました。
もちろん黒ちゃんも一緒です。
この場所、足の無い黒ちゃんにとっては行き辛い場所です。
日中のバス運行表では一時間に一本だそうな。
で、SSKさんが車を出してくれました♪(^o^)ノ

11時が干潮
で、2時間前の9時に到着。

もうすでに潮干狩りをやっている人達が居ます。
中にはマテ貝獲りをしている人も居ました。


2017仲間でマテ貝獲り♪(^o^)ノ (モバイル)


今回バイト先の仕分けの兄ちゃんに、マテ貝を獲りに行くと伝えたら、
「田舎の長崎でよく家族でマテ貝獲りしましたよ。お裾分けヨロシク」
とのことでした♪(^^;)




この記事に

先週7/2
12時から3時まで時間が空いたので、
クボッチと多摩川へ♪(^o^)ノ

クボッチは投網解禁以来、一度だけ打ったそうだが、
まったくダメだったそうな。

今回も、前回クボッチが投網を打ったエリアから出発。


2017多摩川下流域ガサガサ&投網①(モバイル)



春に遡上して来た稚アユが、もうこんなに大きくなってる♪(^o^)ノ

今年の遡上数は結構少なかったそうな・・・
その分、大きくなる個体が多くなりそう♪(^o^)ノ


この記事に

多摩川土手及び河川敷でオレンジ色の花を咲かせているのは
ヤブカンゾウ
イメージ 1

ソメイヨシノが咲く頃に、にょきにょきと
人の字を逆さにした緑の芽を出していたのがヤブカンゾウの芽だ。
その芽を摘む(ナイフで土に潜っている白い茎をカットする)のが、
私のその時期の楽しみ♪(^o^)ノ

そして、今の時期はその蕾を摘んで食べること♪(^o^)ノ



カンゾウの別名、ワスレグサ(忘れ草)は、
蕾を調理して食べると、
心配事をすべて忘れる程美味しいことから来ているという説と、
その美しい花を見ると憂さを忘れることから来ているという説がある。

中国では萱草と呼ばれ、「金針」、「忘憂草」などとも呼ばれる。


中華料理の食材金針菜はこのカンゾウの蕾のこと
かのマハトマ・ガンディーも毎日常食していたという。

金針菜の中には花粉が詰まっており、
その花粉には次のような栄養素が含まれています。

・タンパク質 ・ビタミンA、B、C ・カロテン ・鉄分
・カルシウム ・アスパラギン酸
鉄分にいたってはホウレン草の10倍も含まれています。
最近の研究では、

脳内ホルモンのメラトニン良く眠れたり、生活リズムを整えたり、
自律神経の乱れを改善するなど人間のカラダにとって大切なホルモン

が多く含まれ、
またメラトニンを分泌するところを刺激し分泌量を増やしてくれる、
などの効能があることがわかってきているようです。
そのほかにも、
アミノ酸の一種トリプトファンも多く含まれ抗欝作用があるそうです。
そして、これらの成分による効能は次のようなものです。

・疲れた胃腸や肝臓の働きを改善  ・ストレスや憂鬱な気分、
イライラ感、不眠の緩和 ・精神安定 ・産後の母乳分泌不全
 ・夏バテ解消 ・血液浄化作用 ・貧血 ・利尿作用

以前の記事より


イメージ 2

もろ、ヤブカンゾウ金針菜)のみを頂く♪(^o^)ノ
イメージ 3

超美味し♪(^o^)ノ 
 



ジャコウアゲハを追い掛けていたら、
見たことの無い巨大なカメムシが居た!!

イメージ 4
でかいカメムシ」で検索したら
クサギカメムシと出て来た。でも
クサギカメムシともちょっと違う。
画像で検索したら
キマダラカメムシのようだ!

国内に生息するカメムシ亜科最大種で、成虫の体長は20-23mm。
本種は台湾〜東南アジアを原産地とする外来生物である。
1770年代に長崎県の出島で最初に発見され、
2010年には東京都で生息が確認されている。


この記事に

全447ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事