ここから本文です
岩井渓の自然と遊ぼ!
今まで使っていたカスタム背景が突如消えてしまったので、新たに作り直しました♪

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

私がクラフト素材用に松ぼっくり(毬果、球果)に手を出さなかったのは、
私が作るクラフト『ちっちゃい者クラブ』には大きすぎる事にあった。
また、手を入れなくとも、そのものだけで立派なオブジェを為す松ぼっくりだからだ。





一昨年、林試の森を訪れた時にみっけた松ぼっくり。
国産の松ぼっくりで無い事は分ったが、何という松の松ぼっくりなのか?

このエリアには、ヒマラヤゴヨウ、ヒマラヤトウヒ、コウヨウザン、
フランスカイガンショウ、テーダマツがある。と案内には載っている。

イメージ 1

ヒマラヤトウヒのようだ♪

ずっしりと存在感がある。



この秋 何度も林試の森に足を運んだ。


で、こんなぼっくりがゴロゴロしていた。
台風15号襲来で落ちたのだろう!
イメージ 2

重い! 堅い! 頭に落ちて来たら・・・,(>д<) ̈, ̤ 
イメージ 3

う〜む、なんという松なんだ?
隣にはヒマラヤゴヨウの名札がある松があり、その隣にはテーダマツの名札が・・・

持ち帰って、ネットで調べてみた。
テーダマツの松ぼっくりに似ているようで違う!
この松ぼっくりもテーダマツとしているページもあったが、やはり違うだろう。
図書館で調べたが、それらしいのは見当たらない・・・

林試の森の管理棟に持ち込んで、見てもらった。

「どこで見つけました?」
「東門のとこです」
「じゃぁテーダマツかなぁ」
「でも、これにもトゲがあるけどテーダほどじゃないですよ
それに、鱗片の形状も違うようだし」
「そういえばそうですねぇ・・・」
管理棟の中に展示されているデカイぼっくりがある。
そのなかの一番デカイぼっくりがダイオウショウのぼっくりだ。
そのぼっくりは開ききっていて、固定されているので
鱗片の形状が見えない・・・
「あそこに名札の無い直立した松が2本あったのですが、それって
ダイオウショウですか?」
「確認してないから分らないです・・・
ダイオウショウならたいさんぼくのトイレ脇にありますよ」
ということで、そこでも判らず仕舞いだった。

とりあえず、たいさんぼくのトイレ脇のダイオウショウを見に行った。
イメージ 4

ダイオウショウの葉は3枚葉。稀に4枚葉もある。
長さが40cm以上ある。

↑下の短い3枚葉が、例のぼっくりがあった場所に落ちていたもの。

でも、このダイオウショウで見っけた松ぼっくりに似ている!


たぶん、



ダイオウショウ松ぼっくりだろう!

ゲッチュしてから数週間後、鱗片(傘)が開いて来た。
イメージ 6

う〜む、この鱗片、クラフトに使えそう♪(@o@)ノ


で、

このダイオウショウの松ぼっくりが転がっていた周辺に・・・

こんなデカイ翼果が!!

イメージ 5

開いたダイオウショウの松ぼっくりからも同じ形の翼果が出て来た♪
スケスケの翼果だ!
これもクラフトに使えそう♪(^o^)ノ





開くトラックバック(1)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事