ここから本文です
岩井渓の自然と遊ぼ!
今まで使っていたカスタム背景が突如消えてしまったので、新たに作り直しました♪

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

林試の森には、またデカイぼっくりがあった

イメージ 1

これはフランスカイガンショウ
(フランス海岸松)

イメージ 2

拾った時はまだカサを閉じた状態だったが、
めっちゃ重い!

ずっしりとした松ぼっくりで、これも頭に落ちて来たら・・・
さぁ大変!,(>д<) ̈, ̤ 




少しずつカサが開いて来て、手の平くらいの大きさになってきた。

イメージ 3

よく見かけるクロマツのぼっくりと比べると、
フランスカイガンショウのぼっくりの大きさが、よく判るでしょう♪

フランス海岸松の樹皮から抽出されるエキスをパインバークというらしい。
OPCsとして知られる「複合ポリアントシアニジン」が豊富に含 まれているらしい。
OPCsは、40種を超える水溶性複合フラボノイドで構成され、
胃から吸収される強力かつ安全な抗酸化物質です。

残念ながらこのフランスカイガンショウのぼっくりは、種(翼果)は飛散した後のようだ。


このフランスカイガンショウのぼっくりでのクラフトは今のところ考えていない。






イメージ 4

これはマケドニアマツぼっくり
鱗片(カサ)が捲り上がっていて、艶がある。

このぼっくりでのクラフトも、今のところ考えていない。






イメージ 5

これはモクマオウぼっくり

杢魔王


ではなく






木麻黄と書く


沖縄の海岸でよく見かける大木で、まるでマツのようだが、針葉樹ではない。
トクサのような細長い葉のように見えるのは枝で葉は退化している。

林試の森でのこの木の名札は「カニンガムモクマオウ(オーストラリア産)」とあった。






イメージ 6

これはサワラぼっくり
形は、左のメタセコイアと似ている
が、めっちゃ小さい♪




ヒマラヤトウヒ
ダイオウショウ

ヒマラヤゴヨウ
テーダマツ

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事