ここから本文です
岩井渓の自然と遊ぼ!
今まで使っていたカスタム背景が突如消えてしまったので、新たに作り直しました♪

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

日食と書くと、日本食品・・・てことになっちゃうので
日蝕にします♪(^^;)

昨日のあの時間、外に出て太陽を見ている人が多かったねぇ


イメージ 1
井上陽水邸跡地にて   (画像処理してます!)

私は、例のメガネ無しで外に出ました。
雲が多いから、裸眼でも金環日蝕が見られるんじゃないかと・・・

イメージ 2
デジカメのレンズのイタズラでしょうか?
金環日蝕が終わりかけの太陽を撮ったところ、上の方に青い日蝕が写っていました。




直接太陽を見るのは危険なので・・・

間接的に見ましたよ
♪(^^;)
イメージ 3
雲のフィルター越しに・・・
イメージ 4

まるで、お月さんのようです






月の視直径が太陽より大きく、太陽の全体が隠される場合を皆既日蝕といい、
月の外側に太陽がはみ出して細い光輪状に見える、これを金環日蝕という。












そういえば、釣りキチ三平で皆既日蝕を描いた事があります。


1981年 ゴールデントラウトを釣る『ニンフの誘惑』の章で・・・

『ニンプの誘惑』ではありませんよ♪(^^;)

イメージ 5

ここで私は、大きなミスをしてしまいました。
矢口先生も編集者も気付いていません・・・


私はデザイン学校に通っていたので、ピースコンを持っていました。
エアーブラシです。
漫画ではほとんど使いません。

今では、いろいろなスクリントーンが出てて、簡単にぼかしやグラデを使って描く事が出来ます。
当時、ぼかしなどはペンで点描するか、ガーゼなどの布でたんぽを作り、インクを染込ませてポンポン原稿の上にたたいて描いていました。タバコのフィルターも同じように使っていました。


で、この金環日蝕を描くにあたって、ピースコンを使いました。
以前、「竜神滝の竜の巻」でトビラ絵のバックで使ったのが始めてです。

で、この私が描いた金環日蝕。
その大きなミスと書きましたが、
皆さん、どんなミスか分りましたか?
















「やった〜〜っ!! とうとう太陽が真っ黒けになったぞ〜〜っ!!」

のページです!

見開きページなので、真っ暗闇は掛けない(手抜きに見られるから)・・・
金環日蝕のように描けば、皆既日蝕ではなくなる・・・



太陽がすべて隠れる直前と直後には太陽の光が一ヵ所だけ漏れ出て輝く瞬間があり
それをダイヤモンドリングと言いますが・・・・
隠れる直前のは正確にはダイヤモンドリングとは言わないそうですが、

それを描きました。




そのダイヤモンドリングが誤りでした・・・!


逆でダイヤモンドは左下に来なくてはならなかったのです!






ああぁぁぁ・・・・,(>д<) ̈, ̤

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事