ここから本文です
岩井渓の自然と遊ぼ!
今まで使っていたカスタム背景が突如消えてしまったので、新たに作り直しました♪

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

4/5
あいにくの天気

多摩川土手のサクラは満開です
所々でサクラの木の下で
傘をさしたりテントを張って花見をしている若者がいた。
イメージ 1

で、
多摩川漁協・玉川支部では・・・

イメージ 2
雨の降る中、河原で
フラガールのモレ(腰蓑)を作ってるぅ♪(^^;)





わけではありましぇん!

コイが産卵する為のモノを作っています。

漁協は増殖事業を行う義務があります。

しかし、多摩川ではコイヘルペス( 感染による鯉の大量死 ) の為に、
コイの放流事業は禁止されています。

そこで、
コイが産卵し易い環境を作るという方策で、
増殖事業を行ったことにしています。

このように束ねたビニールひもを川に漂わせて・・・
コイがそれに卵を産みつける。

組合員の中には「緑が一番効果がある」
「いや、どんな色でも変わらない」

といった意見がありました。

「緑が一番効果がある」=なるほど、
普段コイが産卵するのは岸辺の水没した草や浮き草、水草など
緑が多いなぁ。
「どんな色でも変わらない」=なるほど、
そういえばコイはいろんな色のゴミにも産卵してる!

今回は、
のロープが無かったのか、

黄色のロープが使われました。

イメージ 3

コイが産卵に来そうな所に設置します。
まるで、鯉のぼりの吹き流しのよう♪(^^;)

で、
もう一箇所
イメージ 4

イメージ 5
雨が降ってなければ、快晴なら
土手の満開のサクラを観ながら・・・

「桜吹雪のカラス鯉」を読み直してもイイだろう♪(^o^)ノ

イメージ 6

ということで、短時間の作業で終了♪

お疲れさん♪(^o^)ノ


そういえば、以前UPした『コイの産卵風景』の動画

再度UPします。


人が手を入れなくとも、
バシャバシャとはねたたきしているんだけどね。



全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事