ここから本文です
岩井渓の自然と遊ぼ!
今まで使っていたカスタム背景が突如消えてしまったので、新たに作り直しました♪

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

7/3に小諸に行った時にゲッチュした
アルビノおたま5匹



1匹落ち、2匹落ちして

最後1匹だけ残りました・・・

7/19 まだ尻尾の長い手足の生えたアルビノおたま
イメージ 1






翌日7/20には尻尾が短くなっていました♪(^o^)ノ
イメージ 2



7/24には完全にアルビノのアマガエル
アルぴょんになっていました♪(^o^)ノ

イメージ 3


さて、エサをどうするかだ!

とりあえずマンションの手入れしていない植え込みの雑草を、
水槽用大型ネットでガサってみた。
小さな羽虫やヨコバイの幼虫、オンブバッタの幼虫も入った。

100均の飼育ケースに水を1.5cm程入れ、アナカリスを多めに入れ、
生まれたてのシナヌマエビを入れ、ドブガイの殻を入れて
「アルぴょん」を入れた。
そして
網戸のアミの切れ端で蓋をした。

そのアミには小さな閉開式の小窓も作り、
その窓からエサの小虫を投入。

なんとか羽虫は食べたようだ。
(餌を獲る瞬間は見てないが、居なくなっていた)
ヨコバイの幼虫も居なくなっていた。
オンブバッタの幼虫はちょっと大きかった(脚が長い)せいか何時までも元気だ。

簡単に手に入るエサは無い物か・・・?

そうだ! 
トウモロコシの食べかす(芯の部分)に、
ショウジョウバエがよく集っていたのを思い出した。

2ℓペットボトルの上をカットして、
その中に食べ終わったトウモロコシのを入れて様子を見た。

ベランダのミミズ保管バケツの横に置いておいた
ペットボトルには、翌日にはショウジョウバエが集っていた。


そっとビニール袋を被せて、ショウジョウバエをお縄にした♪(^o^)ノ

こうしてエサ採集器のお陰で、
家を出ずに
アルぴょんのエサが手に入った

8/7
イメージ 4

めっちゃ可愛いですぅ♪(^o^)ノ

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事