ここから本文です
岩井渓の自然と遊ぼ!
今まで使っていたカスタム背景が突如消えてしまったので、新たに作り直しました♪

書庫無題

記事検索
検索

全21ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

昔、このブログを始めた頃に描いた
「つづく〜」と、書いておきながら
ずうっと放置したままだった。


で、youtubeでUPしました♪m(__)m


この記事に

昨日は、山形のリンゴが届きました。
そして先週は義姉の家庭菜園(川西町の実家)で採れた
野菜類が送られてきました。

その中に、今まで見たことのない(市場では売っていない)ような
極太のお化けゴボウでした!



義姉からは
も送ってくれたこともある。

ありがとさん♪(^o^)ノ

この記事に

これは、毎年恒例の行事で、
玉川支部の投網師が勢ぞろいして投網を打つというもの。

クボッチもそのメンツに入っているのだが、その日は仕事だそうで、
代わって私が撮影隊として参加♪(^o^)ノ



ここのところの雨続きと、前日のゲリラ豪雨による増水で、
腐れ垢が流されて、新しい垢がついてアユも大きくなってくれるとイイな。

にしても、
7月上旬にクボッチが投網を打った時に入ったアユは、
20cm前後の型揃いが多かったのに、今回は10〜16cmが多かった。


イメージ 1
[東京都島しょ農林水産総合センター]


2012年が異状に遡上数が多かった。
それから毎年数は減少し続けている。

大きく成長出来ないアユが多く残るよりも、
ほとんどが順繰りまともな大きさに成長出来る方がイイな
♪(^o^)ノ


今回、激安アクションカメラ(MUSON MC2)でも撮りました。
タモ網の柄を伸ばして、持ち手の先端に取り付けて
高く上げて撮って見ました。低空ドロ〜ン撮影みたいに♪(^^;) 
広角170°もこうして上から撮影すると迫力出るなぁ♪(^o^)ノ


この記事に

双子ナス

嫁さんの実家の畑
イメージ 1
この畑は、米沢に嫁いだ義姉が作っているもので、
30分程かけて、週に数回来ては手入れをしている。


イメージ 2
私が初めて丸ナスを食べたのは、嫁さんの実家に行った時だった。
それまでは、ナスといえば長ナス! 
漬物も炒め物も味噌汁の具も!

山形で出されたのは
薄皮丸ナス(窪田ナス)塩漬三五八漬

いやぁ旨い!!


で、勝手に収穫しちゃいました♪(^o^)ノ
イメージ 3


なんかに似てる!!


手塚治虫先生のキャラ・・・

イメージ 4
火の鳥「鳳凰編」の我王

御茶ノ水博士
ブラシ警部にも・・・

この記事に

お盆休み前にAmazonでGoPro似の
激安アクションカメラMUSON MC2を買ってみた。

で、
嫁さんの実家、山形の川西町に向かったのは8/11
米沢までは新幹線「つばさ」。それが15分遅れで出発。
で、
米沢に到着したのは18分遅れで、すぐ乗れるはずだった米坂線は、
約一時半後の出発・・・(;´д`) 

ま、その間、米沢駅前で昼食♪(^^;)

で、

米坂線には過去一度だけ乗ったことがある。

もう30数年まえで、秋田の二ツ井で故・古川トンボさんの「友釣り道場」に
遊びに行った帰りに乗ったのが、新潟の坂町〜米沢間を走る米坂線で、
下車したのは「犬川駅」。

迎えに来たのは今の嫁さん。

(数日前に、秋田の友釣り道場に行く奥羽本線寝台特急「あけぼの」に乗車する時に、
東京駅に手作り弁当を持って見送りに来たのも今の嫁さん)

そう、初めて嫁さんの実家に行き、ご両親に挨拶するためだった。

その時のお土産・・・















一斗缶
に入ったモクズガニ♪(^^;)





このモクズガニは米代川産で、古川トンボさんがカニ網で獲ったもの。
トンボさんがお土産にと持たせてくれた♪m(__)m 

(トンボさんは私達の結婚式にも参列してくれた♪)


玄関で出迎えた初めて会う後の義父に、
一斗缶「お土産です」
手渡した。
今思うと、なんという光景か・・・笑ってしまう。



それから数ヶ月後、仲人になって頂いた
師匠矢口先生ご夫妻を連れて結納の為に、ここに舞い戻ったのだった。
その時は雪の奥羽本線「赤湯駅」で下車。
福島〜米沢間の
板谷峠は急勾配と豪雪による難所で、山形新幹線開業前だったので、
普通列車はスイッチバックで登っていたっけ・・・




で、32年ぶりに乗った米坂線
MUSON MC2で撮ってみよう♪(^o^)ノ

結構長い動画だったので、走ってる区間を2倍速、4倍速で編集しました。



降りた羽前小松駅」は・・・
1982年、国鉄の業務改善による無人化計画を受け、「灯を消すな まちの駅」をスローガンに、川西町などが参画して「羽前小松駅業務管理組合」を設立。以来、駅業務を国鉄・JRから受託する、全国初の「町民駅」として運営されてきた。

しかし、売上の減少に伴いJRからの委託手数料収入が減り、町からの補助も増えて行ったことから管理組合方式での維持が難しくなり、2010年から地元住民らが設立した組織によって運営されている。  (Wikipediaより)





この記事に

全21ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事