ここから本文です
岩井渓の自然と遊ぼ!
今まで使っていたカスタム背景が突如消えてしまったので、新たに作り直しました♪

書庫自然礼賛

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

2017多摩川土手の早咲きサクラ開花情報(1)

2017多摩川土手の早咲きサクラ
開花情報(2)

2017/2/26


イメージ 1

まず、目黒通りを下って多摩堤通りを右折
谷沢川(等々力渓谷)の水門の先に早咲きサクラが見えて来る。

イメージ 2


③④⑤⑥の早咲き桜が並んでいる。
イメージ 4
③↑
④↓⑤⑥
イメージ 5



その先に⑦の桜がある。
イメージ 3





で、
今回は対岸の川崎側の早咲きサクラも見てみよう!


実は、2015多摩川土手の早咲きサクラ開花情報(2)
の時に、対岸に河津桜と思しきピンクの濃い桜の木があるのを発見。
イメージ 6





で、折角なので

ユキヤナギ探索♪(^o^)ノ
イメージ 7

以前探索した時(2012/2/8)
ここのユキヤナギにはモズの早贄はやにえ)は
まったく無かった。!

そして、今回も!
このエリアにはモズは居ないのか・・・?


で、帰りに丸子の堰もチェック♪(^o^)ノ

イメージ 8

マルタウグイが中央の魚道を通り抜けて行った。
そろそろマルタ祭りが始まるな♪(^o^)ノ

帰りに①の桜

イメージ 9


②の桜でお終い
イメージ 10
来週の日曜あたりが見頃だね♪(^o^)ノ


2015多摩川土手の早咲きサクラ開花情報(1)
2015多摩川土手の早咲きサクラ開花情報(2)
2015多摩川土手の早咲きサクラ開花情報(満開

2016多摩川土手の早咲きサクラ開花情報(1)
2016多摩川土手の早咲きサクラ開花情報(2)
2016多摩川土手の早咲きサクラ開花情報(満開

この記事に

2017多摩川土手の早咲きサクラ
開花情報(1)


2015多摩川土手の早咲きサクラ開花情報(1)
2015多摩川土手の早咲きサクラ開花情報(2)
2015多摩川土手の早咲きサクラ開花情報(満開


2016多摩川土手の早咲きサクラ開花情報(1)
2016多摩川土手の早咲きサクラ開花情報(2)
2016多摩川土手の早咲きサクラ開花情報(満開


イメージ 1


多摩川土手の早咲きサクラは、
等々力駅から目黒通りを下って、多摩堤通りを渡って
土手に出て、右手に見えてくる桜の木
早咲きの桜の木


2/7の夕方に見に行った時は・・・

イメージ 2
例年よりちょっと早いぞ!今年の!!

その翌日、2/8と9日は雪が舞う寒い日となった。


2/12に見に行ったら・・・

イメージ 3
この日は無風で暖かかった。
あと10日くらいで見頃になるかな?

2/17は春一番が吹き最高気温21℃。

で、今日19日、
土手には薄い紫色のハマダイコンの花が咲き始めていた。
イメージ 4

③は二分咲き♪(^o^)ノ

①②④⑤⑥はまだ五厘咲き程度。

3月の第一週には見頃になるだろう♪(^o^)ノ

この記事に

2016多摩川土手の早咲きサクラ開花情報(1)
2016多摩川土手の早咲きサクラ開花情報(2)



イメージ 1



で、今日の朝

イメージ 2


イメージ 3
まずは③を見てみる

イメージ 4
ちょっとだけ花を付けている♪

朽ちかけた④は・・・

イメージ 5
2分咲きかな♪


⑤は・・・

イメージ 6
まだ5厘咲き

⑥は

イメージ 7
1分咲き♪


ちょっと移動して
②のサクラは・・・

イメージ 8

ここも1分咲き程度♪


①は・・・


イメージ 9

まぁだ5厘咲き♪

あと10日ほどが見頃かな♪(^o^)ノ



この記事に

2015多摩川土手の早咲きサクラ開花情報(1)
2015多摩川土手の早咲きサクラ開花情報(2)
2015多摩川土手の早咲きサクラ開花情報(満開


今年の多摩川土手の早咲きサクラは、
2/12時点では、まだ咲いた物は見られなかった。

2/14前日から気温が上昇し

イメージ 1
ぼちぼち咲き始めていた♪(^o^)ノ




この日に頂いたチョコ

イメージ 2



で、今日(2/16)のサクラは・・・


イメージ 3

一分咲き、いや五厘咲きといったところだろうか。

例年より一週間以上早いなぁ♪


《多摩川土手の早咲きサクラMap》
イメージ 4

③と⑤はまだ蕾状態

で、②は

イメージ 5
まだ咲き始めたところ♪



この記事に

ハゼの木

イメージ 1
たくさんハゼがぶら下がっています♪



そんな木なんて


ありませんよ♪(^^;)







ハゼノキ(櫨の木、黄櫨の木)ウルシ科ウルシ属


イメージ 2

これがハゼノキの実

昔、この実から木蝋を取ってたそうです。
(果実を蒸して圧搾して採取)
木蝋とは和ロウソクや坐薬や軟膏の基剤、
ポマード、石鹸、クレヨンなどの原料。



では、
どれだけロウが入っているか

燃やしてみよう ♪(^o^)ノ


イメージ 3

w(・o・)w オオー!
皮の部分にロウ物質が多く溶け込んでいるのか!
けっこう明るい炎で燃えるね。





実を剥くと、クリの渋皮に包まれたような種が出てくる。

この種が、昔の子供の世界で有名な「キツネの小判」なのだ!

イメージ 4

子供の世界といっても、西日本でのことで、
私が育った東北にはハゼノキが生育していなかったので、
「キツネの小判」の存在は知らなかった。

正確には、
鳥などがこのハゼノキの実を食べて、消化しきれずに出てきた種を
「キツネの小判」と言うらしい。



この記事に

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事