ここから本文です
岩井渓の自然と遊ぼ!
今まで使っていたカスタム背景が突如消えてしまったので、新たに作り直しました♪

書庫作品集(1)

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

信州小諸に幕末の名君と讃えられた藩主がいた!

イメージ 1

イメージ 2



領民ファースト
イメージ 3

私も呼ばれたが行けなかった・・・



この記事に

小諸フイルムコミッションの依頼で描いた
漫画『爽やかな風が吹く・
『牧野康哉公物語』

色々とメディアに取り上げられたようです。

イメージ 1


で、
小諸市民以外はこの漫画冊子は手に入らないので、ここでUPしたいと思います。


イメージ 2

イメージ 3
↑このページはクリックして大きくして見てください♪

イメージ 4

イメージ 5
つづく


この記事に

あの世田谷自然食品の
「元気通信」という会員向けの冊子の表紙イラスト

「元気通信第32号」2016夏号

イメージ 1
嫁さんの実家の裏。この用水にはタナゴが棲息している。



「元気通信第33号」2016秋号

イメージ 2
嫁さんの実家の景色を描こうとしたら、富士山を入れてほしいとの要望有り。


「元気通信第34号」2016冬号

イメージ 3
合掌造りの家を入れてほしいとの要望有り。


一昨年は、16頁の漫画も描きました。
これも世田谷自然食品の新会員向けの冊子。
イメージ 4


あっ、それから
世田谷自然食品のカレンダーの表紙
去年と今年のも描きました♪(^o^)ノ

カレンダーの表紙って、元日には剥がされて見られなくなる・・・


この記事に

去年の7/2に信州・小諸へ行ってきました。

それは、その漫画
牧野康哉公物語の打ち合わせと
取材を兼ねたものだった。


で、やっと

小諸フィルムコミッションの事務局長・F氏から
その冊子が送られて来ました。

サブタイトルの『爽やかな風が吹く』も私が勝手に付けたもの♪(^^;)
そのまま活かされたね♪

イメージ 1

小諸藩9代藩主・牧野康哉公
(地元では幕末の名君と讃えられている)

笠間藩主の次男坊だった
康哉公は、
小諸藩8代藩主が病弱で跡継ぎが無かった為、
養子となり
弱冠16歳で小諸藩主になったのだった。

時は天保の大飢饉が日本国中を襲っていて、領民は超困窮していた。
そこに颯爽と若き藩主が現れたのである。


小諸藩を豊かにさせるには
領民を豊かにさせることである!
領民の生業を盛んにし
産業を起こすことにより
藩財政も豊かになり
家臣もまたその恩恵を受けることになる。
領民をおろそかにすれば
藩主である余に天罰がくだる!


イメージ 2

ということで、30頁に収めた漫画である。


値段は書いていないが・・・?
「長野県地域発元気づくり支援金活用事業」で発行されたので、タダ?


また、どこで手に入るのだろう?

長野県の書店? 県庁とか小諸市役所とか?
懐古園には置いてあるだろうなぁ・・・

この記事に

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事