ここから本文です
岩井渓の自然と遊ぼ!
今まで使っていたカスタム背景が突如消えてしまったので、新たに作り直しました♪

書庫次の世代のために

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

多摩川には遡上鮎の妨げになる堰が幾つかある。
そこで、多摩川漁協が上流の秋川や羽村堰上の奥多摩に
天然稚鮎を放流する為に、
第三京浜下流に定置網を仕掛けていた。

多摩川漁協の地元・玉川支部や砧支部の方達が行っていた。

この記事に

多摩川漁協玉川支部が毎年行っている、
『鯉・鮒の産卵場造成』が4/2に行われました。

鯉ヘルペス問題が起こって以来、
多摩川では鯉の放流は行われていない替わり、
増殖事業として、鯉が産卵し易いように手助けしています。


組合員のクボッチは両膝の損傷により不参加。
私は非組合員ですが、参加しました♪(^^;)
10時
集合場所は、第三京浜の下流の河川敷
イメージ 1


もう一本は、第三京浜の上流に設置します。

イメージ 2


去年も、この竹・ナイロンテープにびっしりと鯉の卵が産みつけられていました。

このナイロンテープは腐らないけど、産みつけられた卵が孵化した後、
ちゃんと撤収します。


川原でお弁当を食べて解散です。
イメージ 3

おつかれさん♪(^o^)ノ


そういや、多摩川漁協玉川支部の初行事は3/5の『河川敷清掃』でした。
私も毎年参加していたのですが、クボッチが日にちを忘れていて、
その日はクボッチとマルタを狙いに行っていました・・・♪(^^;)

その次の行事は3/12『ウグイの瀬付き場造成』でした。
が、用事があって参加出来ませんでした・・・

次は5/14の『鮎試し釣り調査』だ♪(^o^)ノ







この記事に

2016/10/30
多摩川漁協・玉川支部でのアユの産卵床(瀬付き場)の造成

10時 谷沢川の吐き出し口付近に集合



イメージ 1
集まってる♪ 集まってる♪

集合写真を撮って・・・
イメージ 2
大きい石を取り除き、砂や泥を流して
フカフカの小ジャリの瀬にする。


よっしゃ〜っ!

イメージ 3

約一時間で終了

お疲れさま♪





その後、谷沢川をチェック♪(^o^)ノ


フラフラしたアユが泳いでいた
イメージ 4

こんなに小さいのに、サビていた・・・



この記事に

産みつけた♪(^o^)ノ

多摩川漁協・玉川支部が4/3に行った
コイの産卵場造成

その後どうなったのか・・・?


4/7は雨・・・

イメージ 2

4/7の夕方、二子玉の様子
イメージ 1
平水より1mほど増水




ゴミが絡んで流されちゃったかなぁ・・・


4/10 夕方、見に行った♪(^o^)ノ

サクラの花びらやゴミで流されたものかと思ったけど・・・
イメージ 3

♪(@o@)ノ

イメージ 4

(ノ^o^)ノ オオオオオオォォォォォ〜♪

産卵〜♪\(^o^)/

この記事に

多摩川漁協・玉川支部では
増殖事業の一環として、コイの産卵場を作っています。
コイヘルペスが猛威を放って以来、
多摩川ではコイの放流は行っていません。

4/3(日)10:00

第三京浜下 河川敷集合

ちょっと小雨が降っています。

イメージ 1

では、これを川に設置します。

イメージ 2

フワフワした腰みのに誘われたコイが、産卵するのを待つだけです。

産みつけられたのを確認したら、この仕掛けを
もっと流れの緩やかな所に移動させて、孵化を待ちます。




で、3/13に行った
ウグイの瀬付き場造成
の撤去作業も行いました。

イメージ 5

マルタが産卵に来ていました♪(^o^)ノ



今、多摩川土手のソメイヨシノは満開です
♪(^o^)ノ

サクラの下で、漁協の皆さんとお弁当を食べて終了です。

イメージ 3

解散後、組合員の方にセリの繁殖ポイントを教えて上げました♪

イメージ 4

喜んで採って帰りました♪(^o^)ノ



この記事に

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事