ここから本文です
岩井渓の自然と遊ぼ!
今まで使っていたカスタム背景が突如消えてしまったので、新たに作り直しました♪

書庫水槽の生き物♪

記事検索
検索

ホウネンエビ誕生

 川崎に住むブログ仲間のNGNさんの近所には、ホウネンエビの湧く田んぼがある。

イメージ 4

昨年の6/29ホウネンゲッチュの後
以前ホウネンやカブトが湧いていた田んぼが畑に変わったところの土を頂いて来た。

イメージ 6


この土にホウネンやカブトの卵が残っていることを期待して・・・

ホウネンやカブトの卵は、乾燥という経緯を得る事によって、
その後水が入る間、ず〜っと冬眠しているのだ。


ただの土から生命が湧き出す!! これが見たくて・・・


イメージ 5


12mmが2匹と5mmが1匹のみ

ホウネンエビ かわいい




それから・・・
去年、NGNさんと会ってから5日後の7/4
イメージ 1
この後、夕立に見舞われていた時、NGNさんからの携帯が鳴った。

「山梨の田んぼでカブトエビをゲッチュしてきたよ♪
お裾分けしますよ♪」

とのことで、あの場所で再会♪

イメージ 2

車で大切に運んできたけど、残念ながら★になっちゃったそうだ。

この卵も乾燥させて、水を入れたが・・・

現在も変化無し。。。

また、その時
山梨の田んぼの泥水も頂戴して、それも乾燥させた。



そして・・・

イメージ 3

カイミジンコ誕生♪\(^o^)/キャホ~イ 

ムカシトンボのヤゴ

イメージ 1

イメージ 2

↑ちょっと遊んでみました。。。(画像をいじくり)

トコトコ歩くよ♪ムカシちゃん




秋川渓谷ガサ にてゲッチュ♪(^o^)ノ

ムカシトンボは、生きた化石ともいわれる原始的な種だそうな。
1億5千万年前に生息していたトンボの仲間に近い形態をしているところからムカシトンボという名前がつけられたんだ。日本特産種だよ♪(^o^)ノ
本種以外のムカシトンボ科はヒマラヤに生息するヒマラヤムカシトンボのみなんだって。

トンボ類は河川環境で誕生し,やがて止水域にも進出した生物群といわれている。
そのため古いタイプの河川に生息するトンボ類の多くは成虫になるまでに数年を要し,
新しいタイプの溜め池などに生息するトンボ類は成虫になるまで1年かからない。
この典型が本種であり,卵から成虫になるまで5〜8年かかるといわれている。
セミのようだね♪(^^;)

河川の源流部,流れの速い渓流に分布する種で,汚れた河川や中流域,下流域には生息しない・・・
ってことは、この秋川渓谷って、きれいな川なんだ。。。



そうそう、ここでガサでニジマスをゲッチュしたけど、
以前、多摩川下流、私のホーム矢沢川の流れ込みでも尺虹をガサったっけ♪(^o^)

イメージ 1

イメージ 2

ECOさまは、『多摩川&ガサ』で共通のブログ仲間です。
雨水を利用して、循環型階段水槽を設置している。水槽の数・・・数十個。まるで水族館のよう♪(@o@)

以前、「もし田舎に行った時、ブツ(二枚貝)を獲ったら要りますか?」と、ECOさまのゲスブに書き込みしたら、「是非!」とのことでしたので、
今回「例のブツの用意出来ました。その受け渡し、どうしませう?」と、書き込んだ。

それで、5/9に例の場所で出逢うことにしたのでした。

例の場所とは、丸子の堰(調布取水堰)!!
一昨年、長年閉じていたこの堰のゲートが開き、遡上稚アユがスムーズに遡れるようになった。
そこで私は4/15に、ここに来ていた。この日は日曜日とあって、多くの見物人が集まっていた。
多摩川調布取水堰、開門♪♪
そこには、『多摩川&ガサ』ブログ仲間も集まっていたのだった。
川崎のみっちゃん、府中のMinezoさん、そして太田のECOさま
しかし、現実には皆と逢えず、ニアミスだった・・・。
『多摩川&ガサ』関連のブロガーとの接触は初めてのこと。
ガサレンジャーずっこけ渓流釣行でゲッチュした、ちびっこヤマメと多摩川下流でゲッチュしたギバチくんもお連れした。
ECOさまは以前、イワナの飼育もされていたので、ちびっこヤマメも尺ヤマメに育ててくれるだろう。

この日はめっちゃ暑く、エアレーション無しでは、渓魚はすぐ参ってしまう為、じっくり歓談することが出来なかった。
何時かは「ECOさま水槽」訪問もしたいし、いっしょにガサしたいなぁ♪(^o^)ノ

開くトラックバック(1)

イメージ 1

このクロスジヘビトンボの幼虫は、4/1の山形での釣りの帰りに小さな沢でガサったものだ。

これをお持ち帰りした翌日、1/13多摩川でゲッチュしたヘビトンボが★になった・・・。

ヘビトンボ(孫太郎虫)の牙が鋭い事は、上のタナゴの画像で判るだろうが、

動画だと、もっと良く判る!


よく、腕の良い包丁人が3枚に下ろしたタイが、骨の状態でも水槽内を泳ぐと聞くが、

そんなカンジだ・・・(◎Д◎;)

孫太郎虫は「風の谷のナウシカ」の腐界の森に住む蟲のようだ!

1/13 多摩川ちょいガサ♪でゲッチュした孫太郎虫

我が家の水槽の石の下に潜ったまま、なかなか姿を見せません・・・

水槽掃除をしたので、動画を撮りました。


孫太郎虫の腹部にあるエラで呼吸しているのが、良く分ります♪(=^_^=)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事