ここから本文です
岩井渓の自然と遊ぼ!
今まで使っていたカスタム背景が突如消えてしまったので、新たに作り直しました♪

書庫こんなの見〜つけた♪

記事検索
検索

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

神戸出身の近所の奥様から、実家から送られて来たという、
チリメンジャコ!

の、おすそ分け♪\(^o^)/キャホ~イ

早速、チリモン探しで〜す(ノ^o^)ノ


イメージ 1
黒テンテンテン・・・エソ仔魚



イメージ 2
これはタチウオかな・・・



イメージ 3
側線上の稜鱗(ぜいご)があるので、アジ科!




イメージ 4
上は目が先の方に付いていて、口裂け・・・下顎が出てる・・・
エソっぽい?

下は横縞が見える。テンジクダイの仲間か・・・?



イメージ 5
で! タコ!!


黙々とチリメンとにらめっこしてて・・・

おっと、仕事しなくちゃ♪(^^;)

で、終了♪(^o^)ノ

この記事に

山形でいろいろと、ガサ入れが出来そうな所を散策してたら、
こんな毛虫と遭遇♪(@o@)ノ


フクラスズメの幼虫




この記事に

ゴボウもひっつき虫

嫁さんの実家の畑の一角

イメージ 1

マジックテープの原理を発明したのは・・・


スイス人の発明家、ジョルジュ・ド・メストラルで、
犬の散歩中に犬の毛に絡まったら最後、
なかなか取れないゴボウの実を見て不思議に思い、
その実を持ち帰り、顕微鏡で覗いてみました。

すると、実にはとげが無数にあり、
とげの先は釣り針のように曲がっていたのです。
この無数の鉤(かぎ)のせいで、
実は犬の毛にしっかりと絡みついていたのでした

メストラルは考えました。
「ゴボウが付着する原理をヒントに、2枚の布を密着させれば、
ワンタッチで取り外しができる!」


そして試行錯誤の末、1950年代半ばに特殊ナイロン糸を使用して、
無数の鉤と輪で構成された面ファスナーを完成させました。
バリバリっとはがすテープ、現在の「マジックテープ」の原型の誕生でした。



ひっつき虫で有名なのは
オナモミ・オオオナモミの実

イメージ 2
これも先端が鉤状になって居ます。

センダングサの種
イメージ 3
このひっつき虫は種の先が銛のように返しが付いています。

ヤエムグラの実
イメージ 4
この実もトゲトゲがいっぱい出て居て、先端が鉤状になって居ます。・


ヒナタイノコズチの実
イメージ 5

そのほかにもひっつき虫あるよねぇ

この記事に

多摩川土手及び河川敷でオレンジ色の花を咲かせているのは
ヤブカンゾウ
イメージ 1

ソメイヨシノが咲く頃に、にょきにょきと
人の字を逆さにした緑の芽を出していたのがヤブカンゾウの芽だ。
その芽を摘む(ナイフで土に潜っている白い茎をカットする)のが、
私のその時期の楽しみ♪(^o^)ノ

そして、今の時期はその蕾を摘んで食べること♪(^o^)ノ



カンゾウの別名、ワスレグサ(忘れ草)は、
蕾を調理して食べると、
心配事をすべて忘れる程美味しいことから来ているという説と、
その美しい花を見ると憂さを忘れることから来ているという説がある。

中国では萱草と呼ばれ、「金針」、「忘憂草」などとも呼ばれる。


中華料理の食材金針菜はこのカンゾウの蕾のこと
かのマハトマ・ガンディーも毎日常食していたという。

金針菜の中には花粉が詰まっており、
その花粉には次のような栄養素が含まれています。

・タンパク質 ・ビタミンA、B、C ・カロテン ・鉄分
・カルシウム ・アスパラギン酸
鉄分にいたってはホウレン草の10倍も含まれています。
最近の研究では、

脳内ホルモンのメラトニン良く眠れたり、生活リズムを整えたり、
自律神経の乱れを改善するなど人間のカラダにとって大切なホルモン

が多く含まれ、
またメラトニンを分泌するところを刺激し分泌量を増やしてくれる、
などの効能があることがわかってきているようです。
そのほかにも、
アミノ酸の一種トリプトファンも多く含まれ抗欝作用があるそうです。
そして、これらの成分による効能は次のようなものです。

・疲れた胃腸や肝臓の働きを改善  ・ストレスや憂鬱な気分、
イライラ感、不眠の緩和 ・精神安定 ・産後の母乳分泌不全
 ・夏バテ解消 ・血液浄化作用 ・貧血 ・利尿作用

以前の記事より


イメージ 2

もろ、ヤブカンゾウ金針菜)のみを頂く♪(^o^)ノ
イメージ 3

超美味し♪(^o^)ノ 
 



ジャコウアゲハを追い掛けていたら、
見たことの無い巨大なカメムシが居た!!

イメージ 4
でかいカメムシ」で検索したら
クサギカメムシと出て来た。でも
クサギカメムシともちょっと違う。
画像で検索したら
キマダラカメムシのようだ!

国内に生息するカメムシ亜科最大種で、成虫の体長は20-23mm。
本種は台湾〜東南アジアを原産地とする外来生物である。
1770年代に長崎県の出島で最初に発見され、
2010年には東京都で生息が確認されている。


この記事に

ハッピーライフ
ハッピーリバー
タマホーム


私のホームリバーは多摩川♪

その中の玉川エリア

父の日に上の娘がプレゼントしてくれたのは、


イメージ 1

玉川 Ice Breaker(アイスブレーカー

純米吟醸無濾過生原酒 1800ml 【日本酒/京都府/木下酒造】【要冷蔵商品】

T A M A G A W A



で、6/30の夕方
多摩川土手へGO!

まずは、ジャコウアゲハをチェック♪
その日は2頭しか確認出来なかったので、
再度7/2も見て来た。

201多摩川土手のジャコウアゲハ(モバイル)

今年はジャコウアゲハがめっちゃ少ない・・・
去年のお菊虫(ジャコウアゲハの蛹)も少なかったから、懸念してはいたが・・・






多摩川の河川敷、川原にはジャノメギクがめっちゃ生えている。

そしてアカツメクサ
イメージ 2
アカツメクサの群生の中に、目立つ白花







この記事に

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事