ここから本文です
岩井渓の自然と遊ぼ!
今まで使っていたカスタム背景が突如消えてしまったので、新たに作り直しました♪

書庫『三平』ノスタルジー

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 前のページ ]

イメージ 1

  鮎川 魚紳

 鮎川財閥の次男として誕生。

 子供の頃から、釣り好きの父親と一緒に釣りをする。

 小学校に上がる前から、釣り竿を握れば大の大人もまっ青!!

 船釣り、投げ釣り、磯釣り等々ベテラン釣り師も敵わなかった・・!!

 スポーツ万能。〈器械体操〉:ウルトラC
        〈フェンシング〉:オリンピック選手クラス

 弁護士免許有り。

 *仕掛けやポイント(釣り場)を秘密にするヤツは大キライ!!(一平じいさんと同じ)
 *人を小バカにする人間は大キライ!!

イメージ 1

 風来坊釣り師・鮎川魚紳ーーー。

 矢口先生は、魚紳のモデルは「鈴木魚心」と、いっていた。

 「鈴木魚心」とは・・・城山三郎著「毎日が日曜日」の〈趣味のひと〉に出てくる

 南洋帰りの釣り人“魚仙”のモデルになった人で、渓流釣り、フライ、鮎、ヘラ ,etc

 そのような釣り人が、最初に描いた「魚紳」像という・・。


 私が矢口プロにいたとき、かなりの「魚紳」ファンがいた。

 今でも、「三平」ファン同様、「魚紳」ファンはいるだろう。


*「三平くん」「魚紳さん」「一平じいさん」等の、名セリフを募集します。
  記憶の片隅に、○○の話でこんなことを言ったような・・・とか、でもいいですよ。


* 魚紳のモデルは「鈴木魚心」というのは、私の記憶違いでした。
  本当は、矢口先生が銀行マンだった昭和40年に知り合った、「加藤魚紳」という方でした。
  加藤魚紳さんは、北関東ヘラ研究会会長をされていて、貝沼の青ブナを紹介してくれたそうです。
  貝沼の青ブナは、釣りキチ三平の第2章「カルデラの青鮒」として作品化された。

デカバルト

イメージ 1

イメージ 2

 『デビルソード』といい『デカバルト』といい、

 なんともスンバラスィ♪三平くんの対戦魚のネーミング。

 いつも矢口先生には、ビックラこきます。
 
 『デカバルト』・・・でかいコバルトマスのことでお鱒。

デビルソード

イメージ 1

イメージ 2

 「釣りキチ三平」の第13章は「ハワイのブルーマーリン」だった。

 写真に写っているブルーマーリンは、中央の矢口先生が釣ったモノではない。

 隣の女性は、先生の奥様ではなく、少女漫画家です。

 その隣は、マガジンの編集者A氏。

 そして、もう一人写っているのは・・・チーフ時代の私。


 この写真をスキャンした時、娘が入ってきて

  「え〜〜〜っ、お父さん、髪長くしてたの〜〜〜・・。」って。

  「この頃、金八先生も髪延ばしていてからねぇ・・。」

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 前のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事