ここから本文です
岩井渓の自然と遊ぼ!
今まで使っていたカスタム背景が突如消えてしまったので、新たに作り直しました♪

書庫昔の遊び

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

シジミ釣り

6/11に多摩川のシジミを採って来て、
一晩砂抜きをしている時に・・・



シジミ釣りをしてみました♪(^o^)ノ

そういえば、以前にもシジミ釣りの記事をUPしたことがあったっけ・・・


シジミ釣り (モバイル)

家の中でのシジミ釣りは、独りでやるものではないですね♪(^^;)
家族や仲間内でワイワイガヤガヤやると、盛り上がります♪(^o^)ノ

この記事に

天狗の鼻

黄色く色付いたハート型の蔓植物

遠くから「おっ! ヤマイモか?」と近づくと・・・

「な〜んだ、ヘクソカズラかぁ」

イメージ 1

ヘクソカズラ屁糞蔓
なんちゅう名前だ!



古名はクソカズラ(糞葛・屎葛)
なんちゅう名前だ!!

葉や茎に悪臭があることから名づけられた。

学名: Paederia scandensの
Paederia
とは
ラテン語で「汚物」の意味のようだ。



しか〜し!! 別名
ヤイトバナ
(灸花)・・・花の中央が赤く、お灸の跡に良く似ていることから
サオトメバナ
(早乙女花)・・・可愛らしい花だから。

そんな名前も持っている ♪(^o^)ノ







遠くから「おっ! ヤマイモか?」と近づくと・・・

「な〜んだ、アオツヅラフジかぁ」

イメージ 2
アオツヅラフジ青葛藤
別名カミエビ
(生薬として利用され「神のエビズル」と呼ばれるため)
果実はエビズルに似てるが「エビヅル臭」という青臭いにおいがあるので
食用には適さない。





遠くから「おっ! ヤマイモか?」と近づくと・・・

「な〜んだ、
オニドコロかぁ」

イメージ 3
オニドコロ(鬼野老)
ヤマイモ同様、ヤマノイモ科ヤマノイモ属

なので、ヤマイモと葉脈の付き方は同じ。
イメージ 4

このオニドコロの三枚羽(軍配の形)の実
天狗の鼻



子供たちはツバ(唾液)で鼻先にちょこんと張り付けて遊ぶのだと言う。
「鼻テング」「鼻テング」と言って遊ぶのだが、
子どもの頃、私の近所ではそんな遊びをした事が無かった。
近所にヤマイモが生えてなかったからか・・・


ただ鼻に付けただけの遊びなのだろうか?

それだけでも子どもにとっては面白いのだろうが・・・



これを鼻に付けて掛けっこするのはどうだろう?

天狗の鼻を上から見るとスリーポインテッド・スター。

イメージ 5


真正面から風を受ければ落ちない(顔を揺らさないで走る)。
誰が一番長い距離を落さないで走れるかの競技だ。









遠くから「おっ! ヤマイモか?」と近づくと・・・

「やっぱ、
ヤマイモだぁ

イメージ 6

ヤマイモにも天狗の鼻が生っていた。

この記事に

地獄釣り

フライで地獄釣り


これはアリジゴクです








このフライ


イメージ 1

を、アリジゴクのすり鉢状の巣穴にキャスト♪(^o^)ノ





う〜〜む、ダメだぁ・・・(;´Д`)




・・・・・(;´Д`)








再度挑戦だな!

この記事に

ハンミョウ釣り

ハンミョウ釣り

といっても

ハンミョウの幼虫釣りですけどね
♪(^^;)





イメージ 1

この、直径3mmほどの穴がハンミョウの幼虫の巣穴です。


ハンミョウかは知りません♪(^^;)








この穴がポイントです!





そう!これは穴釣りです♪(^o^)ノ


イメージ 2

糸先に結びコブを作っておきます。



ハンミョウの幼虫が糸の先のコブを獲物だと思って、巣穴奥へ引っ張って行く。
頃合いを見て釣り上げるのだが・・・

なかなかどうして、
プイっと放してしまう・・・



結局、坊主!!(;´Д`)


釣り上げる事は出来なかった・・・











じゃ、ガサでしょ♪(^o^)ノ








じゃなく、スコップで♪(^^;)








イメージ 3

で、こんなのが出てきました♪(^^;)

結構素早い動きです♪

また挑戦してみます!!

この記事に

イメージ 1

シジミ釣りを書いていたら、

子供の頃、冬にコタツに入って『ミカン釣り』をやったことを、思い出した。
そういえば、我が家の子供達に、この『ミカン釣り』を伝授していなかった・・・(;´д`)

もう、『ミカン釣り』で、喜ぶ歳はとうに過ぎている。。。ガチョ〜〜ン

この記事に

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事