プチもミニもありの旅行記

普通の旅行から、ちょっとしたドライブまで、グルメを中心に

ANAプレミアム旅割28

今年の旅行から帰ってきてもう1週間になるが、1週遅れのブログを書いていこうと思う。

まずは8月4日(金)
JALが伊丹便の夏季運行を発表する前に購入したので、ANAの旭川空港−関西空港便での出発だ。
結果的には良かったのだが、もしJALがもう少し発表していれば、出発が早いJALの方にしたと思う。
ただ、今回は着いてから高野山方面に向かったので、関西空港の方が便利ではある。

それよりも表題にもある「プレミアム旅割28」だが、日によって価格は違うようだが、
今回購入したチケットは、プレミアムクラスで18000円という破格値だった。
そして、知らなかったので乗る前に軽食を買った(昼時になるから)のだが、
JALのクラスJとは違い、「プレミアム御膳」という軽食が出たのだ。

イメージ 1

しかも、けっこうしっかりとした弁当だで、味噌汁も付いている。
この他に普通の飲み物サービスもあるのだ。
それが、今回はプレミアムでない席と1000円しか違わない18000円だ。
ちなみに帰ってくる時は、距離が短い羽田−旭川のANA便で、普通の旅割28なのに27990円だった。

来年からはよーく調べてからチケットを購入しよう。

イメージ 2
到着後、1日目は昨年の大河ドラマ「真田丸」にちなんで
「九度山」観光だ。

真田ミュージアムや真田庵、
そして世界遺産の自尊院などを見て宿へ。

駐車場に使った道の駅で
和歌山県らしくミカンジュースを飲んだが、
とても濃くて美味しかった。

ちなみに、今年はもう大河ドラマが終わっているので
真田庵の向かいあたりにある駐車場も空いていた。
ちょっと余分に歩いてしまった。

宿は、日帰り入浴施設に併設された宿泊施設(かつらぎ温泉 八湯の湯)だったが、
料理も良く、混んでいる時間帯は部屋の温泉露天風呂を使えるのでなかなか良かった。

イメージ 3

イメージ 4







この記事に

開く コメント(0)

10日ほど前に新規開拓した「虹のむこう」だが、そのときに気になった「ベジソバ」を食べてきた。
冷たいのもあったのだが、今日行った時間はまだそれほど暑くなかったので、温かい方を食べてみた。

イメージ 1

非常に色鮮やかな外観だ。
しおラーメンベースで、おそらくにんじんと思われるペーストとドッキングしている感じだ。
トッピングはメニューに「季節による」と書かれているが、今日は
ブロッコリー、赤・黄のパプリカ、キャベツ、ズッキーニ、クレソン、レモン、トマト、サツマイモ、ゆで卵
と非常に多彩で、
「もし良かったら」と別盛りで出てきたのは、ゆず胡椒とトマトピューレだ。

ゆず胡椒はあまり好みの感じではなかったが、トマトピューレは良かった。
全体にとてもさっぱりしていて健康に良さそうな感じのラーメンで、
想像よりもかなり美味しかった。
野菜を少し減らして、トマトピューレとフレッシュトマトを使った「トマトラーメン」なども良さそうな感じだ。

イメージ 2
ちなみに、
前回この店に行った翌日のとても暑い日に
「八海」で冷たいしょうゆラーメンを食べた。

毎年、これを食べなければ夏が始まらない。
久しぶりにとろろもトッピングして、
試しにやってみたら、と出されたおろし生姜も添えて

やはり美味しい。
おろし生姜の相性もとても良い。

イメージ 3



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

虹のむこう

オープンしてから1ヶ月くらいになる「虹のむこう」に行ってきた。
場所的にちょっと遠いこともあるが、「煮干し系」はどちらかというと得意ではないので
何となく足が向かなかったこともある。

イメージ 1イメージ 2












メニューはシンプルに3種類でみそラーメンはない。「ベジソバ」というのが特徴的だ。
店主のこだわりには「無化調」「動物系なし」が強調されている。

イメージ 3

非常に透き通ったきれいなスープにやや細めの麺。メンマではなくタケノコが載っている。
非常にまろやかな味で、臭みも全くない見た目通りの味だ。
肉も魚も一切使わないスープであの味が出せるのはなかなかすごい。

イメージ 4
家からはやや遠いが、
あと2種類食べに来なくては、と思わせる店だった。

と思った時に壁に掛かったボードを見ると、
夏はさらに2種類あった。

これはやはり、次回は「冷しベジソバ」かな。
でも「冷し塩煮干し」も気になる。

煮干し系では
初のお気に入り店になりそうな予感だ。

実はこの店は10日の夕食で行くつもりだったのだが、ちょっと遠くてやめにしたのだった。

イメージ 5
そのときは、その後数店回ったあげく
みんな定休日というひどい目に遭って、

結局は「加藤らーめん」の神楽本店に行った。

久しぶりの「ちょび辛みそ」は安定したおいしさだ。

こうやって2杯を比べると、
自分が「こってり派」なのか「あっさり派」なのか
全くわからなくなる。


だから、「どこの店が一番好きですか?」と聞かれるのがとても困るのだ。




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

武田家

昨日は暑くなることを見越して、午前中の早い時間にウォーキングをした。
今日は朝から暑かったので、「何時でも同じだ!」ってな感じで11時半頃出かけた。
街中まで歩いて行って、駐車料金をかけずにラーメンを食べる計画だ。

イメージ 1
目的は、先日オープンしたばかりの「武田家」。

「家系」ラーメン店は
東光に、現在休業中の「ザキミ家」があるが、
買物公園にできた2軒目だ。

4月に札幌で行った「家家家」という店と同様に、
ライスと海苔を一緒に食べることを推奨している。
日中は5時までライズ無料だ。
おかわり自由というのも「家家家」と同じシステムだ。

そんなに多くの「家系」に行ったわけではないから
王道のシステムがどんなのかはわからないが、
食べ過ぎに注意している最近では
ライスを頼むということは皆無だ。
食べたいけど我慢している、というのと同時に
ラーメンだけで十分お腹いっぱいになるのだ。

前置きはこれくらいにして、
第1の特徴は「麺が極太」であること。
つけ麺でもあれほど太いところはあまりないのでは…
麺の固さ・スープの濃さ・脂の多さの全てを標準で、
バランスは悪くない感じだ。
札幌の「家家家」よりも塩分控え目で食べやすい。

イメージ 2

ほうれん草と海苔というおなじみのルックスで、チャーシューは柔らかくて美味しかった。

食べた後にまたウォーキングで帰るのはちょっと辛かったが、食べた分を消費しなくては。
天気が良かったので、途中で写した写真を2枚ほど。

イメージ 3

イメージ 4




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

網走「味軒」

昨日は斜里まで日帰り出張。久しぶりの500km超えの走行となった。
1日の走行距離は860kmというのが最高で、若い頃は500kmくらいはよく走った。
しかし最近はせいぜい350kmくらいで、500kmというのは本当に久しぶりだ。

最初の仕事は常呂だったので、紋別自動車道から佐呂間経由で常呂へ。
その後網走で昼食をとって斜里に向かった。

イメージ 1

イメージ 2
当然のことながら、昼食はラーメン。

2週間前に行った時にメモっておいた店から
「味軒」という店に行ってみた。

札幌みそという触書だったのでみそラーメンを注文。
もう少しみそダレが多い方が好みだが、薄いという感じではない。

野菜の量がすごくて、モヤシ・タマネギ・白菜で麺より多い感じだ。
色の割にけっこうピリ辛で美味しくいただいた。

先日の網走訪問で知ったことだが、
4条通りというのが車の駐停車ができる通りで、
前回のお土産屋さんに続き、
今回もその通りに車を停めて食べてきた。
その作戦だと、車を降りてから50mくらいだった。

何となく不安は残るが、車を停める場所があるのだ。
行ってみるとよくわかると思う。

イメージ 3

さて、例によって時間調整のための時間を使っての観光だが、今回は小清水の原生花園に寄ってみた。
美幌に8年もいたから初めてではないが、以前よりきれいに整備されていた。
予報ではそうでもなかったが、けっこう天気も良くてきれいな景色だった。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6






この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事