ここから本文です
いわなのトラウト釣行記
雰囲気はいいけど、自分に釣れる気がしない(ToT)

釣れません。。パート2

今年は、市内最下流域の増水のタイミングが悪い。入ってるなという頃合いに次の増水でポイントに近づけない周期が既に三度目。

おかげで新しいポイントの開拓は進み、今後の引き出しはどんどん増えてますので、どこかでチャンスは巡ってくるでしょう。

タイトルどおり釣れてませんのでダイジェストで。

○30日
特筆すべきことなし(苦笑)

○5月1日

イメージ 1

遠方から釣友がサツキチャレンジに来たので、わかりやすいように日赤前集合で、出勤前の朝練だけ随行。反応なし。
釣友には最近のポイントをいくつか案内してお見送り。
悪くない日でしたが、出会えなかったようで残念。

○2日
夕方の日没直前の大雨増水の中出撃も、時既に遅く、濁りが入りすぎてました。

○3,4日
北陸へ帰省。ボルガライスで腹ごしらえ。

イメージ 4


あわよくばサクラ狙いと思ってましたが、増水カフェオレで勝負にならず。

3日夕方の下見

イメージ 2


4日朝(未明の大雨で状況変わらず)

イメージ 3

竿は出して見たものの、チャンスは訪れず。1日後だったら良かったのに、、

○5日

イメージ 5

長良川にカムバック。いい天気、いい水況。でも結果は出せず。移動後にニジマス1尾のみ。

○6日
この日もニジマスオンパレード。
表層高速トウイッチでもガツン、川底ドリフトでもコン、着水直後の引き込みでも、送り込んでも全てニジマス。
面倒になったので写真撮ったのは2尾だけ。

イメージ 6

イメージ 7


間違いなく、あの魚たちでしょうねwww

そしてこの日は前代未聞の惨事が、、
水中にあった他人の根掛かりのラインを回収しようとしたら、手に痛みが。

イメージ 8


ルアーフックがカエシまで貫通して自力では抜けず。魚は簡単にバレるのに、自分の指はバレませんでした。
ポイントの目印くらいにしか思っていなかった日赤病院のお世話になる羽目に。

思い返せば、今年は本厄。
厄払いはすませたけど、メインロッドが折れたり、怪我したり、それなりに小さい厄は免れませんね。

皆様もお気をつけください(汗)

この記事に

釣れません。。

ちらほらとサツキの釣果、バラシ情報が入ってくるようになった長良川。
高水やら仕事やらでようやく出撃できたのは土曜日。
翌日もがんばってみましたが、、、

○28日(土)

イメージ 1

ふだんのポイントはまだ水が高くて勝負にならないので、今年初のこのポイントから。
ホントは淵をやりたかったのだけど、先行者がいたので、瀬を中心にチェック。
ほどほどに見切って移動。

イメージ 2

とっても岐阜らしいロケーションと、初夏の空気感。
いろいろチェックしていると、ゴン。グリングリン。
おっ、本命と思いきや、合わせが弱かったのか、寄せる前にバレてしまいました。

ここ最近、アワセが決まらないのはロッドの影響もすくなからず。
メインロッド、早く修理終わって帰ってこないかなぁ。
その後は、異状なし。

○29日(日)
思ったより水が落ちない。今日も平常とは違うポイントからスタート。
ルアーを通していると稚鮎によくぶつかるので期待大。

イメージ 3

まずは稚鮎から。その後も何匹か追加www

イメージ 4

お次は、流心脇の良いところから出たけど、残念な奴。
上流から入りなおし、一番の狙いのポイントからドン。
バシッと合わせも決まり、トラウトの引き。重量感もそこそこ。
が、ローリングがない。ギラギラしない。

イメージ 5

スレンダーだけど40弱のレインボーでした。
ファイトは楽しいのだけど、今釣りたいのは、君じゃないんだなぁ。

その後反応がなくなり、移動の準備。
入れ違いで対岸にアングラーが下りてきたのは見てたけど、着替えしながらそっちを見ると魚かかってるしぃ、、、
足場が高く、ランディングに戸惑い、バレちゃったみたいですけど、足元でギラギラしてたので、本命だったでしょうね。惜しかったですね。

魚かかるのを見ちゃうと後ろ髪をひかれますが、そうやって粘っても釣れないことが多いので、割り切って移動。

イメージ 6

グランドホテル前。やはりまだ水が高い。
遠投を織り交ぜ、対岸の筋も探るが反応なし。
今日はニジマスの釣り大会だったみたいで、ホテル前の特設釣り場にたくさんの人が竿を出しているのが見えました。

その後、伊自良川合流点もチェックしましたが、目ぼしいアタリはなく。
まぁ、だいたいのポイントを自分の足でチェックできたので、今後の役には立つかなぁ。

この記事に

不発?

今回の増水の引き水はチャンスと思っていたのですが、何も起こらずでした。

○金曜日
土曜日の雨による増水は一度下がり始めたところで、火曜日の雨で再び上昇。ようやく出撃できたのは金曜日。
朝一ココンと小気味良いアタリとともに釣れたのは、、

イメージ 1


あれれ、ニジマスさん。その後は何もなし。

○土曜日
いつもより早くに現地到着。気合いバッチリも、何故かドラグの調子が悪く、しばし調整。
一度だけトラウトのアタリがありましたが、後はニゴイの洗礼ばかり。

リフレッシュにレインボー狙い。今年は攻められる場所があまりなく、あっちこっちをウロウロ。

イメージ 2


なんとか30弱の一尾を引き出して終了。

○日曜日
朝一にそれっぽいアタリと手応えのヒットがありましたが、瞬殺されました。
姿を見ていないので、何ともいえず、、、

この記事に

イメージ 1


本日はダブルヘッダー。
サツキ調査後、一旦帰宅して諸用を済ませて、レインボー調査へ。

本流は、先日の雨の影響で若干水位高め。
もうちょっと落ち着いてからの方が攻めやすそうですが、明日にはまた増水しちゃうようなのでその前に出撃。

それらしいポイントを打てど、まだチビちゃんが活発に動く水温ではなく反応なし。
それならばと、良型か潜んでいそうなレーンをしつこくドリフト。ビシッと誘いを入れた直後にドン!

すかさず合わせを入れるとなかなかの手応え。跳ばないけど、この感じはレインボーでしょ♪

なんとか流芯から引き剥がしたものの、一定の距離から間合いが詰められない。
最初の感じで40アップ位だと思っていたけど、この寄らなさ具合はもっと大きいかも??
念のためドラグを少し緩めておく。

こちらはこれ以上釣り下れない場所のため、魚の姿を確認できない距離8メートル位での攻防がかれこれ10分ほど。

ようやく近くに寄せて、一瞬浮かせることができ、魚体を確認。やっぱ、デカイわー。

すぐさま反転されて、ドラグを引き出される。さらに5分ほど寄せては走られを繰り返す。

フックが嘴の硬いところを貫通しているのが見えたので、バレる可能性は低いと判断。ラインブレイクだけに細心の注意をはらいつつ、ドラグを少し締め直してランディングを試みる。

強い流れに押されて、なかなかネットの上まで泳がせられない。半ば強引に二度、三度と掬いにいってついにネットイン。

長かった〜〜〜。
たぶん、過去最長のファイト時間。

イメージ 2


ババーン!ちょっと体高ありすぎませんww

イメージ 3


フックポイントはこの位置。良く貫通したなぁ。おかげで途中から安心してファイトできました。

イメージ 4


横幅も申し分なし。

イメージ 5


長さは52でしたが、このボリュームはスゴかった。
最高の滑り出しができました!
最初の一尾がこれだと、尻すぼみになりそうなのが恐いですが、、f(^_^)

とにもかくにもシーズン開幕!
サツキともども楽しんでいきたいですね。

この記事に

今朝は、今シーズン最多のアングラーが出撃してましたね。5時半前にも関わらず主要なポイントには人影が、、

空いているポイントを見つけ、エントリー。
釣れそうな気配があるのにアタリませんね。

なので、少し早めに見切って、上流に再エントリー。
しかし、本命のレーンからの反応なし。

遠投して対岸よりのレーンをドリフト。
ようやくゴゴン。

イメージ 1


なんとかシラメの顔を見られたので、ほどほどで、今日の朝練ほ終了。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事