全体表示

[ リスト ]

こんばんは
 
 
イメージ 1
 
 
いけだった兄妹です。
 
「いけだった」とはコタ&アン地方の方言で
「いけなかったねぇ」つまり
「かわいそうだったねぇ、大変だったねぇ、よく頑張ったねぇ」
というニュアンスの同情と励ましの合わさった言葉と理解しています。
 
 
 
このところの犬バカ行動、私をよく知る方は「???」な部分もあったと思います。
犬バカながらも割と厳しめに犬に接するのが私でした。
 
 
実は甘々になった訳は「いけだった」ことがコタとアンに起こったからです。
 
 
まずは「いけだった兄」別名「いけだった茶」
 
イメージ 2
 
 
昨年暮れにコタが倒れました。
獣医さんで発覚したのは
「脾臓にできた腫瘍が破裂して出血し、貧血になり倒れた」
と言うこと。
 
手術で脾臓ごと腫瘍を摘出してもらいました。
 
 
イメージ 3
 
 
しばらく療養していたコタですが、
雪の日からは元気になり、今では普通に暮らしています。
 
摘出した腫瘍を病理検査してもらい、年明けに結果が出ました。
 
『悪性リンパ腫』
 
と診断されました。
大変転移しやすいガンですが、幸い今のところまだ転移は見られません。
(発見できてないだけかもしれませんが)
 
 
イメージ 6
 
 
そんな時、ふとアンの右足にぽっこりとしたものを発見しました
 
 
「いけだった妹」別名「いけだった黒」
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
年明け早々に獣医さんで取り合えず取ってもらい、
それを念のため病理検査に出してもらったところ
 
『肥満細胞腫』
 
と言うこれまた悪性のガンであることが判明。
 
 
イメージ 7
 
(腫瘍を取ったあとむくみで腫れている右足)
 
しかも皮膚にできる事が多いこのガンがアンは筋肉にできていました。
筋肉、血管、神経などを巻き込んだ大きな腫瘍だったため
完全に取りきるために
「右足断脚」
の決断を迫られました。
 
 
イメージ 9
 
かわいいアンちゃんの右足がなくなる。
かわいい「お手!」がもう見れない…
迷うところも少しありましたが、
それでアンの命が助かる可能性が増えるならと決断し
1/17アンちゃんは3本足になりました。
 
 
イメージ 8
 
 
1回目の手術後はすごく痛そうにしていましたが、
断脚した後はすぐに3本足で歩きだし、
45cmは高さがあるソファに飛び乗ったりして
とっても楽そうにしています。
 
そんな姿をみると、人間がつまらない見た目を気にして躊躇していましたが
もっと早く楽にしてあげればよかった、と思います。
 
 
詳しい経緯はボチボチ書いていこうと思いますが、
あまりに怒涛の1ヶ月でこのブログで何と書いたらいいか、
頭と気持ちの整理をするのに時間がかかってしまいました。
 
コタもアンも本当に頑張ってくれました。
 
ユーミンの歌のように
「あなたを苦しめるすべての事から守ってあげる!」
と約束してコタもアンもうちの子に迎えました。
 
イメージ 10
 
食事にもとにかく気を付けていたつもりでしたが
「ガン」と言う困難から守ってあげることができませんでした。
 
今日を楽しく生きているコタ&アンの前では絶対に泣かないと決めていますが、
そのことが悔やまれて悔やまれて何度も涙のダムが崩壊し、
お風呂や車で一人泣きました。
 
でもその度に、周りの人がダムを修復してくれました。
 
「コタ&アンは今生きてる!なんでお前が泣くんだ!」
「頑張ったのは、苦しんだのはコタ&アンだ!お前が泣くな!」
と言い聞かせて過ごして来ました。
 
 
「ガン」からは守ってあげられなかったけど、
もう一つ約束した事
「絶対に最期の時まで愛してあげるから」
は守るから、許してくれるかな?
 
 
イメージ 11
 
 
コタ&アンとも今、この瞬間元気にしています。
 
皆さんを心配させるようなことは書きたくなかったのですが、
どうか今隣に生きて寄り添ってくれるペットに
生きてくれている事に感謝して欲しいと思い記事にしました。
 
私はありがたいことに、本当にたくさんの方が
心理的、物理的、経済的に支えてくれています。
 
 
コタ&アン、家族、友人、獣医さん、みんなに感謝です。

閉じる コメント(31)

うるうるうるうる (T-T)(´;ω;`)
いや〜 知らなかった〜 と言うか・・・なんと言っていいやら だって楽しいブログばっかり・・・。

昨日もサングラスをかけるコタを娘と笑っていたのです・・・。

先日我が家の隣のワンちゃんも足にできた癌が原因でなくなりました。
年も16歳と長寿で・・・飼い主さんは、年だから手術はしないと決めて看病していましたが・・・最後はとても辛そうなワンちゃんの様子でした。
そう考えると・・・アンの足は、しょうが無いと言うか・・・なんとも言葉がありません・・・。

がんちゃんの支えは、今のコタ、アンにはなくてはならないものですもの・・・少しずつ乗り越えていってくださいね! そしてまた、楽しいブログ待ってます。

お大事に!

2014/1/20(月) 午前 11:07 きぬきぬ

顔アイコン

はじめまして。
読み逃げですがいつも楽しく拝見させていただいております。
今朝電車の中でこの記事を読み、驚きの声をあげ、目からは涙で怪しいおばさんとなっておりました。

がんちゃんさん、お辛く大変でしたね。
コタくん、あんちゃんも辛かったと思いますが、側で見ている、決断をしていくがんちゃんさんの心を考えると胸が締め付けられます。

コタくんとアンちゃんにとって。がんちゃんさんの愛情が何よりの特効薬です!

わんこは今を生きる動物といわれます。
コタくんもアンちゃんも今の自分を自分と受け入れて、ただ毎日を懸命に生きていくのです。
がんちゃんさんの愛情をたくさん受けながら。

これからも経過観察等々、心配は尽きないことと思いますが、最期の最期まで愛し抜く、これが、一緒に暮らすパートナーから無償の愛をもらっている私たちが出来ることですよね。


両親が鳥取に住んでいます。
まだ我が家の2柴は鳥取で行った事がありません。
鳥取へ連れて行き、島根のコタくん、あんちゃん、がんちゃんさんと会う!
目標です。

2014/1/20(月) 午前 11:14 [ pyonta ]

顔アイコン

私なんか避妊手術をするだけで、おどおどしていたのに
癌の手術だなんて・・がんちゃんさんがんばりましたね。がんちゃんさんの決意の固さとコタちゃん アンちゃんに対する愛情がひしひしと伝わってきました。私も同じ犬を飼う身としてこれから起きる事態をすべて受け止めていきたいとおもいます。そうですよ。今は生きています。生きている間 愛情いっぱい犬を幸せにしてあげないとね。私にもよき教訓になりました。これからもコタちゃん アンちゃんと幸せにおすごしください。

2014/1/20(月) 午後 1:01 飛行船

アバター

コタ&アンちゃんご一家・・・
とても大変な昨年末今年初めをお過ごしだったのですね。。。
言葉が通じないだけにその子の総てを決定しなければならない・・・
それも命に係わる事を・・・
おかんもハレの命を諦める決心をしようとしていた時の事思いだし辛くなりました。
それから本当に命の温もりを強く感じるようになりました。
本当に何があっても最期の時まで。
そして出来れば抱きしめて送り出してあげたい
って、おかんはその時思いました。
これからも何かあるかもしれませんがコタ&アンちゃんはご家族皆の愛情で乗り越えて行けますよ。
そして、いつでも辛くなったら吐き出してくださいね。
良いんだよ泣いたって。愛があるから泣けるんだよ♪
泣いた後2匹をギューっとしてエネルギーを充電して笑顔になりましょう。
そして犬バカ猛発揮してください。

2014/1/20(月) 午後 1:03 ハレおかん

顔アイコン

はじめまして
先日、松江犬猫の会さんから保護犬を引き取らせてもらったばかりの者です
昨年9月になくなった先代犬は、リンパ腫で抗がん剤治療を約2年、肥満細胞腫でタマ全摘出&抗がん剤治療を約1年しました
進行度から考えると、ずいぶん頑張ってくれました
それ以外にも晩年は色んな病気との闘いとなりました
ブログにはどちらの病気も通院記録を残してますので、参考になるかどうか分かりませんが何かのお役に立てればと思います

コタちゃんもアンちゃんも病気に負けずに幸せな犬生を過ごしてください
そして、これからの看病の辛い気持ちは良く分かります
どうかひとりで溜め込まないでくださいね
応援してます

2014/1/20(月) 午後 1:35 [ ぐるっち ]

顔アイコン

びっびっくりしました。
仕事中に読んでしまい、手が止まりました。
なんか…言葉にならないです。

でもいまは元気にしているということでホッとしました。
幸いにもとってしまえたんだからまだまだ元気にそばにいてくれるよ。
早く家に帰ってナツオをムギュッとしたい気分です。

2014/1/20(月) 午後 2:46 [ ナツオ母 ]

びっくりしました・・・・あんなにげんきな2匹が。

ちなみにうちのぷりんにもしこりがあります。
若いときは取ってもらって検査もしてもらってましたが最近はやってないです。だめですね・・・

病院に相談に行こうと思いました。

本当に「いけだったね」だけどまだ、はやくわかって良かったと思わなくては・・・・

2014/1/20(月) 午後 3:43 ht81s

顔アイコン

愛犬の痛み辛さは我が身の辛さより悲しく辛い犬バカ親バカにとってあまりにも衝撃的な今朝のブログ。いつものジョークであってほしいと願いながら……しかし現実と知りお二人さんの写真を見ると涙が止まりません。いつでも苦難をじっと堪え耐え忍ぶ柴犬の彼等、夢であってほしいと願わずにはおられません。 頑張れ コタ&アン 今朝も生きている生かされている まだまだこれからだ 君たち二人の大ファンが応援してるぞ

2014/1/20(月) 午後 7:49 [ han*_n*n*wa2005 ]

驚きました!!
この1ヶ月の間にコタさん&アンちゃんの身に起きたこと…毎日のブログからは微塵にも感じられませんでした。
がんちゃんさんの辛さと決断にはどれ程のものだったのか…でも愛情あってこその決断。コタさん&アンちゃんもちゃんと受け止めていますよ。
今を生きる…何よりも強いことであり尊いことだと思ってます。
ゆっくりで良いから毎日を大切に歩いて行って下さい。
どうぞお大事に。

2014/1/20(月) 午後 9:06 [ chi**wanwa*9*99 ]

顔アイコン

松江に里帰りしたら、会いに行きたいです♪
アンちゃん、ソファーに飛び乗れるなら歩行に問題ないみたいで安心しました。
でも手術後は…痛かったよね…がんばったね。
コタくんも…手術は怖かったね。
ガンチャンが側にいる事が一番の薬だね♪

ガンチャンにとっても、コタクン、アンちゃんが側にいるのが幸せな事ですね(*^_^*)

2014/1/21(火) 午前 6:30 [ 元松江今宮城 ]

顔アイコン

…そんなことがあったのですね。
コタさんだけでもショックなのに、アンちゃんまで同時にとは。。。
もちろんつらくてがんばったのは犬たちですが、二頭はがんちゃんの心の一部でもあります。飼い主がしんどくても当然ですよ。
ちなみにぱんのエリカラのサイズはたぶんLです。(タグを噛みちぎった)
情報が遅くなってごめんなさい。
応援しています。

2014/1/21(火) 午前 10:04 [ ぱん父 ]

顔アイコン

がんちゃん。
本当に大変な一ヶ月やったんやね。
読んでて胸がつまりました。
大変な決断やったと思う。
でも、コタさんもアンちゃんも本当によく頑張ってくれたね!
がんちゃんもよく堪えたね。
いつまでも、いつまでも元気でいてほしいとは思うけど
現実にはいろいろあるもんね。
でも、コタさんもアンちゃんも、がんちゃんのあふれる愛情をもらって今があるんだから。
がんちゃんが謝ることないんだよ〜
これからもますますコタさん、アンちゃんの毎日が
楽しいことでいっぱいになりますように。
がんちゃんに笑顔がたえませんように。

2014/1/21(火) 午前 11:27 [ コタッペ ]

顔アイコン

お久しぶりです。そして、お疲れ様。
なんか、涙が出ちゃいます。みんな、よく頑張りました。
また、会いに行かせてもらいますね。
うちも、胸元に怪しげなしこりがあり、観察中です。
これからも応援しています。

2014/1/21(火) 午後 0:32 [ ラックママ ]

それは、出雲の方言なのね。。。
米子のほぅでは、いわないなーなんて、思い、読み始めたのですが...

さっき、サングラス&ニット帽の、コタちゃんに思わず!!
淡谷のり子か?!と、突っ込んでしまいそうになった、わたし。

今度は、涙が流れてきて、私の顔は、笑いじわと、涙の
しょっぱさで、訳がわらなくなりました。

コタちゃんも、アンちゃんも、頑張ったね。
本当に、いま、この時を、生きている!!ことが、どれだけ素晴らしく、
それが、奇跡なことであるか..... 病気の私にはよくわかります。

大変な状況であることは変わりはないけれど、
どぅか、どぅか、神様、コタちゃん&アンちゃんを、
守ってください。がんちゃんを支えてあげてください。

つらい状況だけれど、日々、がんちゃん、コタ&アンちゃんが、
幸せな時間が少しでも多く、ありますように、過ごせますように、
心から心から、祈っています。がんちゃん、無理しないでね。

米子から、応援しています。

2014/1/21(火) 午後 1:59 ゜+.タンタン&タンタンママ.+゜

顔アイコン

こんな大変な時期に、脳天気なお願いをしてしまい大変申し訳なく思っています。
私も過去に保護犬を7才を前に病気で亡くしたことがあります。
幾ばくながらお気持ちをお察しします。
とにかくとにかく、こたくん・アンちゃんが生きていることが
うれしいです。
by こたしゃん

2014/1/21(火) 午後 2:09 [ n******* ]

顔アイコン

驚きました。とってもとっても。
そして、がんちゃんのお気持ち、痛いほど分かります。
でも、2匹が続いた・・・というのはかなりお辛くまた大変混乱された事と思います。
コタくんもアンちゃんも頑張りました。そしてがんちゃんもよくよく頑張りましたね。
一度こういう経験をすると、これからの時間がこれまでの何倍も愛おしいものになりますね。その大切な大切な2ワンとの時間がずっとずっと続きますよう心から願っています。大親バカでいいんです。兎に角、これからの時間を後悔のないよう過ごして下さい。

脚を1本切断した犬の事を知っています。
少しだけ時間は要るかもしれませんが、慣れて、不自由なく暮らす事が出来るようになります。走る事だって出来るんですよ。安心して下さいね。

2014/1/21(火) 午後 3:35 [ pochimaru ]

顔アイコン

おはようございます。

びっくりです…
ここの所、珍しくバタバタして落ち込む事もありありで皆さんのブログにお邪魔する事が出来ずにいました
コタくん&アンちゃんにそんな事が起こっていたとは…
がんちゃんさんがしんどくなるのは当然ですよ。
これからも大変の事あると思うけど
コタくん&アンちゃんにはがんちゃんさんが必要不可欠!
体調を崩さない様にして下さいね!

2014/1/22(水) 午前 9:07 [ イベリコ(ブー) ]

顔アイコン

がんちゃん、大変でしたね。
コタ君もアンちゃんも頑張りましたね。
がんちゃんが見つけてくれて、治療が出来て良かった(T_T)

過去を悔やむよりも、未来を心配するよりも、現在を楽しんでいけたらいいですね。

看板犬の仕事は続けていますか? また会いに行きますね。

2014/1/22(水) 午前 9:52 [ masuham ]

顔アイコン

本当に本当に大変な1ヵ月でしたね。

がんちゃんさんも、コタくんもアンちゃんも
お疲れ様でした!!!

これから新たな生活がスタートするんですね!
まだツライと感じる事もあるかもしれませんが
どうかコタくん・アンちゃんにたくさん笑顔を見せてあげて下さいね。
応援してますから〜〜〜!!!

2014/1/22(水) 午前 11:35 [ かずたまゆき ]

顔アイコン

ガンちゃんさん、お久しぶりです。
コタくん・アンちゃん、大変だったんですね。アンちゃん、3本足でも元気そうで良かったです。
もしや、あのカートはそのためだったんですか?
いろんな所へ連れて行ってあげてくださいね。

我が家のモモちゃんは、昨年12月6日に虹の橋を渡ってしまいました。これからは、コタくん&アンちゃんがうちの子みたいなものです。

2014/1/22(水) 午後 0:18 [ もも ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事